トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2008年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.748

■■■-----------------------------------------------------■■■
                      平成20年9月5日発行

■ニュースヘッドライン

▽設置無届けの有料老人ホーム,全体の15%に(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/TKY200809040372.html

▽高齢者医療費,4月は1人平均約7万,西高東低で格差1.54倍(毎日新聞)
http://tinyurl.com/5o8saj

▽07年度の出生率1.34で2年連続上昇,全体人口は自然減(読売新聞)
http://tinyurl.com/6ktaq3

▽NPOで働く若者たち,やりがいと厳しい待遇面(産経新聞)
http://tinyurl.com/6lve8e

 

--------------------------------------------------------------

 

■特集

「再び注目されるビスフェノールAの人体への影響」

記事 written by 英司

ビスフェノールA(BPA)は現在の認められる摂取量
でも人体,特に子供の脳に悪影響となる危険性がある
とアメリカ厚生省が報告した。

ビスフェノールAはポリカーボネートやエポキシ樹脂
といったプラスチックに使用される芳香族化合物。
これらのプラスチックは一部の食品容器,哺乳瓶,
缶詰内側の皮膜として使用されている。

ビスフェノールAは食品衛生法で基準が設けられて
いるが,日本の厚生省はさらに,今年の8月27日,
”公衆衛生の見地からできるだけ減らすことが適当”
としていた。

今回の報告は,この”できるだけ減らす”をさらに後押し
することになるかもしれない。

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっと一息・・・今日の商品
   
    30週胎児の頭蓋から型を取ったナチュラルキャスト製
    頭蓋モデルです。

   胎児の頭蓋モデル
    http://www.3bs.jp/model/skull/a25.htm

--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日  9月5日(金) 20:00~20:30 NHK教育


    きらっといきる「電車の“顔”を描きたい
         ~自閉症・本岡秀則さん~」

     ・電車の正面,いわば「顔」ばかりを描き
      続けている自閉症の本岡秀則さん。
      他では見られない独特の作品世界を
      誕生させ,海外でも評価が高いという
      本岡さんの絵の世界を見つめる。
     

 

▽明日  9月6日(土) 21:00~24:30 NHK教育


    北京パラリンピック 開会式

     ・元車いすバスケットボール全日本
      チーム総監督高橋明,ソウル五輪
      銅メダリスト田中ウルヴェ京他。
      北京国家スタジアムから中継。

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ,
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
社労士の先生のためになるお話や解剖学の先生のコラムが人気。
現在,3700名の方々が読んでいるメールマガジンです。

ご登録は無料です http://www.3bs.jp/top_m.htm
          (ページの左側中ほどに登録欄があります)

 

■編集部「よろず」ノート written by 英司

環境について語れるほど高尚な生活をしているわけでは
無いが,気になることは多々あるのも事実。

以前,ある日本人の猛禽類(フクロウかワシだったか)の
保護活動を知った。その鳥に魅了され,さらに数が減少し
ている事実を知り,私財をなげうっての活動を始めた。

餌が不足しているようだったが,肉を置くだけでは,
その鳥の野生が失われてしまう。そこで山に流れる
川に餌となる魚を放流した。生きた魚でなければ意味が
無いので,水を入れた容器に魚を入れ,これを担いで
何度も山を登ったのだ。

恐れ入る。よほど鳥の魅力に取りつかれたのだろう。

できれば,川の魅力にも注目して欲しかった。

この魚,在来種と交配が起これば,本来の遺伝系統は
失われてしまう。もう二度と戻せないだろう。
同種であっても,地域により遺伝的に異なる多系は
多く存在する。

遺伝的に問題が無い,もしくは交配が起こらなくとも,
餌であった魚が繁殖してももう戻せない。
繁殖もしないとしても,川にいる生物と放流された魚の,
餌,場所をめぐる競争も起こる。

もし,川の環境が変ってしまったら,そこから糧を得ていた
動物も影響は免れないわけで,その猛禽類にはいい迷惑と
なるやもしれない。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に