トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2008年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.754

■■■-----------------------------------------------------■■■
                      平成20年9月16日発行

■ニュースヘッドライン

▽コレステロール低下薬発見の遠藤氏らラスカー賞受賞(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/science/news/20080915k0000m040050000c.html

▽敬老の日の統計,70歳以上の推計人口2000万人超(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/TKY200809140185.html

▽超音波スクリーニング技師教育の現状と課題(週刊医学界新聞)
http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA02797_01

▽目標は100歳で100メートル走,94歳現役陸上選手(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/OSK200809150003.html

 

--------------------------------------------------------------

 

■特集

「磁石で幹細胞を集め,骨・軟骨の再生-広島大病院」

記事 written by 微

骨髄細胞をもとにした幹細胞にMRIで造影剤として使う
非常に微細な鉄粉を取り込ませ,体内に注射し強力な磁石で
骨や軟骨の欠損部分に集め再生させる技術を,広島大病院の
研究グループが開発した。

動物実験のほか,人体から取り出した軟骨も再生している。
細胞から排出された鉄粉は赤血球中のヘモグロビンに吸収される。
磁石を当てている時間は,欠損部分の大きさにもよるが
1~6時間程度という。

研究グループは,使用する鉄粉などはすでに医療現場で使用
されているものであり,副作用の危険性は低いとしている。

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっと一息・・・今日の商品

  歯牙部が欠損した上顎モデルです。
 
   骨切・骨削可能,緻密層と海綿質層の2層構造と
   なっています。

  無歯下顎モデル,ジョイント付
   http://www.3bs.jp/osteotomy/jaw/w99986.htm

--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日  9月16日(火) 22:00~22:45 NHK総合


    プロフェッショナル 仕事の流儀

     ・急増する大腸がんとその対策として関心の
      高い大腸内視鏡治療。そのエキスパート
      として最前線に立ちつづける内視鏡医,
      工藤氏の仕事の流儀に迫る。
     

 

▽明日  9月17日(水) 19:00~21:48 テレビ朝日


    長倉家の人々 ~借金に挑む種子島の大家族~

     ・種子島の5男5女13人大家族に300日間
      密着取材。借金を返済すべく,一家で超美味
      「安納イモ」の栽培に奮闘する。家族の絆とは
      いったい何か?
     

 

■学会のお知らせ

弊社日本スリービー・サイエンティフィックは明日
9月17日(水)から開催される下記学会に出展いたします。

実際に手にとって精度や感触をお確かめいただける
チャンスです。

★第67回日本矯正歯科学会大会

 日時:2008年9月17日(水)~18日(木)
  場所:千葉県・幕張メッセ 国際展示場7ホール
     (千葉市美浜区中瀬2-1)

頭蓋骨模型や顎模型の他,頭頚部の
解剖ソフトなど人気製品を展示します。

日本矯正歯科学会ホームページ
  http://square.umin.ac.jp/jos-am/

皆様のお越しをお待ち申し上げております!

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ,
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
社労士の先生のためになるお話や解剖学の先生のコラムが人気。
現在,3700名の方々が読んでいるメールマガジンです。

ご登録は無料です http://www.3bs.jp/mailmag/index.htm
          (ページの左側中ほどに登録欄があります)

 

■編集部「よろず」ノート 勝手に物理講座-スピン-

   written by 微

続きです。

ここでスピンについて整理すると,実験を説明するには
都合がいい(磁界の中での原子が吸収するエネルギー
に関する実験などです)理屈としてはなぜ,スピンを
持つのか分からない(スピンをどうやって理論の中に
取り入れるか分からない)という状況でした。

これを打破したのがディラックという人でした。
彼は電子の自転と言うモデルを全く使わず,
量子論(ご存知と思いますがミクロの世界を記述
する物理です)と相対論が両立するためにはスピン
という性質(自由度)を持たなければならない,
ということを示しました。

この仕事は,数式上は単純な仮定を元にしています。
この仮定は説明されれば,ごもっともと思うのですが
なかなか思いつかないものでした。

このモデルを含まない理論が出てから,物理屋は
スピンと言っても自転という無理のあるモデルを
あまり意識しなくなりました。

自然はそうならなければならない,という感じでしょうか。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に