トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2008年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.756

■■■-----------------------------------------------------■■■
                      平成20年9月18日発行

■ニュースヘッドライン

▽来年度から75歳以上の医療費を全額負担,東京都日の出町(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/TKY200809170304.html

▽茨城医師連盟が後期高齢者反対で民主党支持(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20080918-OYT8T00223.htm

▽介護ベッドに右腕挟まれ神経がまひする重傷に(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/kaigo_news/20080918-OYT8T00220.htm

▽名古屋市健保12月解散,高齢者医療費で財政悪化(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/science/news/20080917k0000e040087000c.html

 

--------------------------------------------------------------

 

■特集

「子ども時代の急激な体重増加は,成人後の高血圧に」

記事 written by 岩子

子どもには健康でいてほしい,早く大きくなってほしいと願い,
気がつけば栄養たっぷりの食べ物を多く与えてしまいがち
ですが・・

生後5ヶ月,及び2歳~5歳のまでの間に急激に体重が
増加した子どもは,大人になってから高血圧になりやすい
ことが判明しました。

20年以上にわたる英国の研究にて妊婦と子どもにより多くの
牛乳を与えた場合の成長度合いを調べた結果出てきたデータで,
肝心の成長そのものはそれほど差は見られず,25歳頃の血圧を
みると,子ども時代の早期の体重増加だけでなく,出生時の
体重も高血圧との関係がみられ,出生時体重が少ないほど
大人になってから最大血圧が高いという結果が出ました。

ただし,研究を率いた英ブリストル大学臨床疫学教授
Yoav Ben-Shlomo博士によれば,これは主要因ではないため,
個々の親がそれほど心配する必要はないとのことです。

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっと一息・・・今日の商品

  約4週目にあたる人間の胎児を25倍大で
   あらわした拡大模型です。
   (12x12x23cm)

  胎児25倍大モデル
   http://www.3bs.jp/model/preg/l15.htm

--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日  9月18日(木) 19:30~19:55 テレビ朝日


    あしたをつかめ~平成若者仕事図鑑
    「笑顔とセンスでお客様をつかめ」

     ・厳しい競争を勝ち抜くため,社員自らが
      仕入れや販売を行う「自主編集売り場」に
      力を入れるデパート。東京銀座の老舗の
      デパートの自主編集売り場で販売を担当
      する入社4年目の高畑さんの姿を追う。
     

 

▽明日  9月19日(金) 19:00~19:45 テレビ朝日


   サイエンスZERO
    「植物の“超”能力」

     ・エネルギーや食糧問題,地球環境問題を
      解決するため植物の能力がにわかに注目
      されてきた。土壌浄化や温暖化対策,
      新素材の開発など最新のバイオテクが
      可能にした植物研究最前線にせまる。

 

■学会のお知らせ

弊社日本スリービー・サイエンティフィックは
本日まで下記学会に出展しております。

実際に手にとって精度や感触をお確かめいただける
チャンスです。

★第67回日本矯正歯科学会大会

 日時:2008年9月17日(水)~18日(木)
  場所:千葉県・幕張メッセ 国際展示場7ホール
     (千葉市美浜区中瀬2-1)

頭蓋骨模型や顎模型の他,頭頚部の
解剖ソフトなど人気製品を展示します。

日本矯正歯科学会ホームページ
  http://square.umin.ac.jp/jos-am/

皆様のお越しをお待ち申し上げております!

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ,
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
社労士の先生のためになるお話や解剖学の先生のコラムが人気。
現在,3700名の方々が読んでいるメールマガジンです。

ご登録は無料です http://www.3bs.jp/mailmag/index.htm
          (ページの左側中ほどに登録欄があります)

 

■編集部「よろず」ノート written by 岩子

長距離運転が楽になるからとうちの主人はよくオート
クルーズコントロール機能を使いますが,そうはいっても
高速道路上では時折交通の流れにのらない遅い車を
見かけます。

それで解除せざるをえないことも多く,何度も再設定
するのが煩わしいので私は使っていなかったのですが,
今度の車では車間距離50メートル以内になると
わざわざ解除しなくても自動的に減速してくれるように
なったため,アクセルを踏まないとこんなにも楽なんだ
ということを初めて実感しました。

ところで北陸道では災害復帰のため随所に車線規制が
ありますが,一車線通行では60キロノロノロ運転に
なることもめずらしくありません。

さて,一車線規制が終わり,追い越し車線へと変更を
かけたところ,アクセルを踏まない車が突然「ぶぉぉぉぉ-」と
一気に加速をはじめました。前に車がないと認識したため,
60キロからもとの設定速度の103キロに戻ろうとしたようですが,
自分の意思とは別に車が突然加速するのは怖いものです。
眠気も吹き飛びました。

便利は便利なのですが,やはり自分でコントロールする
方が安心だと思ってしまいました。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に