トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2008年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.780

■■■-----------------------------------------------------■■■
                      平成20年10月24日発行

■ニュースヘッドライン

▽脳血管障害を起こした妊婦,06年も84人,うち10人死亡(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/TKY200810230343.html

▽医療・介護費の財政試算,2025年には消費税4%分必要(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/kaigo_news/20081024-OYT8T00193.htm

▽自家移植の細胞,従来の医師に加え民間企業も参入を(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/science/news/20081024k0000m010173000c.html

▽自然なお産と向き合う,ある産科医の死生観(産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/life/body/081024/bdy0810240841001-n1.htm

 

--------------------------------------------------------------

本日はメルマガ内にプレゼントのお知らせがあります!

--------------------------------------------------------------

 

■特集

「次世代のブラックジャックに」

記事 written by 英司

君も天才外科医ブラックジャックに。
こんな魅惑的な言葉で中高生に外科手術体験の場を
提供しているイベント,外科手術体験キッズセミナー
が各地で開催されている。
これまでは沖縄,神奈川,長野,福井などで開催された。
このセミナーでは超音波メスでの鶏肉の切開,手術用
縫合糸による結紮,自動縫合器,内視鏡による摘出の
模擬手術などが体験できる。

直近では,11月8日,福井大学医学部付属病院にて
開催される。

このようなセミナーを通し,子どもたちに仕事としての
医療に対する関心が高まることを期待したい。

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっと一息・・・今日の商品

   基本的な縫合練習器具,「縫合トレーナー」
    http://www.3bs.jp/med/sutura/w19324.htm

   ・フォームパッドは裏返しや交換が可能。
    ・手軽に持ち運び可能。
    ・ゴム製吸着盤により台を固定,操作が安定。
    ・耐久性があり水洗可能,全部品交換可能。
    (縫合用の針,糸は付属しません。)

--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日  10月24日(金) 23:00~23:30 NHK総合

  解体新ショー
   「昼寝はいいことなの? 達人の知識がすごいのはなぜ?」

     ・怠けているように見える昼寝の驚くべき
      効能とは?又,マニアやファンと呼ばれる
      人々の驚くべき知識量,調べてみると
      彼らの脳の仕組みにはとても簡単な
      記憶力アップの方法があった。  

 

▽明日 10月25日(土) 23:30~24:00 NHK教育

  めざせ!会社の星
   「男も女もタメになる ハッピーバランスのすすめ」

     ・仕事とプライベートのバランスがとれず,
      残業続きでストレスをためる女性は多いが
      実はプライベートを充実させると仕事への
      やる気や効率がアップするという。番組では
      専門家を交えて自分に最良のバランスを
      探していく。   

 

■学会のお知らせ

弊社日本スリービー・サイエンティフィックは明日
10月25日(土)から開催される下記学会に出展いたします。

実際に手にとって精度や感触をお確かめいただける
チャンスです。

★第18回 (社)日本全身咬合学会総会・学術大会

 日時:2008年10月25日(土)~26日(日)
  場所:新潟県・日本歯科大学新潟生命歯学部
     (新潟市中央区浜浦町1-8)

頭蓋骨模型や顎模型,頭頚部の
解剖ソフトの他,全身骨格模型や
椎骨模型など人気製品を展示します。

日本全身咬合学会ホームページ
  http://wwwsoc.nii.ac.jp/jaoh/

皆様のお越しをお待ち申し上げております!

 

-----------------------------------------------------------------
2009年度版「医学チャートカレンダー」プレゼント
-----------------------------------------------------------------

昨年も好評をいただいた「医学チャートカレンダー」,
今年も2009年度版がドイツから入荷しました。

そこで,今年も恒例,メールマガジン読者の方に限り,
30名様に抽選でプレゼントいたします。

以下のプレゼント応募フォームからお申し込み下さい。
     ↓
http://www.3bs.jp/calendar/

応募期間は本日10月24日(金)から10月27日(月)正午まで。
奮ってご応募下さい。

※当選された方には10月29日(水)までに直接メールで
お知らせいたします。

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ,
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
社労士の先生のためになるお話や解剖学の先生のコラムが人気。
現在,3800名の方々が読んでいるメールマガジンです。

ご登録は無料です http://www.3bs.jp/mailmag/index.htm
          (ページの左側中ほどに登録欄があります)

 

■編集部「よろず」ノート written by 英司

高校生の頃,数学の教師になぜヘリコプターは前進できるのか
不思議に思わないか?と問われた。
教師も原理は分からず二人で悩み,少し前傾している情景を
映画などで見るがあの前傾だけで前方向への推進力を得ている
のだろうかな,というところで話は終わった。

ふと調べてみると,ヘリとはなかなか複雑な機械で驚いた。

前進時に機体が前傾することはおおむね正しいようだ。
しかし,それだけではない。
機体はそのままで大きな羽のローターだけ傾く。
なるほど,これで機体は傾かず前後左右に移動できるわけだ。

また羽1枚1枚が上下に動くようにできており,
後ろに来たときと前に来たときで傾きを変えることで傾斜を
生み出す。

こんなに複雑だったとは。。
竹とんぼが傾くのとは訳が違う。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に