トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2008年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.785

■■■-----------------------------------------------------■■■
                      平成20年10月31日発行

■ニュースヘッドライン

▽クリングルが急性腎不全の根本治療薬を米国で治験実施へ(日経新聞)
http://health.nikkei.co.jp/news/top/index.cfm?i=2008102909803h1

▽採血基準満たさぬ女性から献血,書類改ざんし製剤化し輸血(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20081030-OYT8T00274.htm

▽母子保健の向上に貢献の個人表彰,第30回母子保健奨励賞(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/science/news/20081031ddm012040002000c.html

▽不育症に悩む人たちの友の会,11月16日に東京で講演会 (産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/life/trend/081031/trd0810310801000-n1.htm

 

------------ お知らせ!! -----------------------------------

 整体・カイロ向けテーブルの販売を始めました
  http://3bs.jp/table/index.htm

--------------------------------------------------------------

 

■特集

「ピロリ菌感染の効用 食道癌のリスク軽減」

記事 written by 英司

昨年の2月,本メールマガジン中でもピロリ菌を除去する
と食道癌のリスクが高まることを書いたが,
http://www.3bs.jp/mailmag/2007/20070223.htm
これをさらに裏付ける報告がアメリカ国立癌研究所より
なされた。

この報告は,ピロリ菌Cag陽性に感染すると,胃酸の産生が
抑えられ,結果胃酸の逆流が減る。これにより食道腺癌の
リスクが低減される。
また,ピロリ菌の感染により,胃から産生されるペプチド
ホルモン,グレリンの値も低くなるため,食欲が抑えられ
腺癌の原因の一つとなる肥満も抑えられる。
というもの。

Cancer Prevention Research 10月号に掲載されている。

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっと一息・・・今日の商品

   食道ガン・逆流性食道炎・食道潰瘍など
    様々な疾患を明示しています。

   食道疾患モデル
    http://www.3bs.jp/model/patho/k18.htm

   この他,人体の病理学を示した模型一覧はこちらです。
    http://www.3bs.jp/model/patho/index.htm   

--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日  10月31日(金) 23:00~23:30 NHK総合

  解体新ショー 「どうしたら絵を上手に描けるの? 
             絶対音感ってなに?」

     ・リアルに描こうにもなぜか絵をうまく
      描けない。実は絵が下手な人には脳内で
      とんでもないことが起きていた。又,耳
      にすることはあっても真の姿がわかりに
      くい絶対音感の持ち主を徹底解明。

 

▽明日 11月1日(土) 20:00~21:30 NHK教育

  健康スペシャル2008 “脱メタボ!”

     ・▽「名医にQ」「きょうの健康」の両番組が
      総力結集,理想の食事量を簡単に実現
      する方法,運動効果5割増しの歩き方,
      生活習慣病予防のご当地体操など楽しく
      実践する「メタボ対策特別企画」です。

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ,
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
社労士の先生のためになるお話や解剖学の先生のコラムが人気。
現在,3800名の方々が読んでいるメールマガジンです。

ご登録は無料です http://www.3bs.jp/mailmag/index.htm
          (ページの左側中ほどに登録欄があります)

 

■編集部「よろず」ノート written by 英司

先週の続き。ヘリが前進する理由は分かった。しかし
上昇する理由はいまひとつ分からない。

プロペラを回すことで下に空気を送り,その反発で浮いている,
わけではない。

宙に浮く原理は実は飛行機と同じ。
プロペラで空気を切ることで,プロペラ上部の気圧がプロペラ下部
より低くなる。この圧力差で気体は上方に吸い上げられる。
押し出して浮くのではなく,引き上げられているというほうが正しい。

その証拠に,ラジコンヘリコプターで,機体を上下反転させる曲芸
がある。空気を押し出すのが浮上の主要な要因であるならプロペラ
が下に来た時点で急降下するはず。

しかし,これは気圧差にしても同じ問題が絡む。
飛行機の話でもそこに触れたが
http://www.3bs.jp/mailmag/2005/20050930.htm
前進云々の前に,なぜ浮いていられるのか,
こっちのほうが謎かも知れない。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に