トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2008年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.790

■■■-----------------------------------------------------■■■
                      平成20年11月10日発行

■ニュースヘッドライン

▽肥満の遺伝子持っている人もやせられる,東北大調査(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/science/news/20081109k0000m040050000c.html

▽夜間介護の利用伸びず,自治体の緊急サービスと重複の無駄(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/TKY200811080163.html

▽遺伝子改変の大酒飲みマウス,アルコール依存症解明の1歩(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/TKY200811080180.html

▽母性健康管理のあり方は?妊娠・出産後安心して働くために (毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/science/news/20081109ddm010040029000c.html

 

--------------------------------------------------------------

 

■特集

「病院近くのわが家,難病治療の子どもと家族を支援」

記事 written by 品

ホスピタル・ホスピタリティ・ハウス(以下ハウス)。
聞きなれない名前と思われる方も多いだろう。

ファミリー・ハウスとも呼ばれるこの施設は,
子どもが高度医療を受けるために自宅から遠く離れた
地域に入院・通院しなければならなくなったとき,
家族が格安に滞在することのできる場所だ。

高度医療を提供する病院は都市部に集中しているため,
子どもの付き添いで地方から出ていく家族にとって,
宿泊にホテルなどを利用すれば,滞在費の負担は重くなる。

ハウスでの滞在費は1泊1000~2000円。
食事も自分たちで作るので,負担を軽減できる。

ハウス施設は,専用に建てられたものもあれば,
個人の住宅や寺院の一部を利用するものなど様々。
寄付や助成金,ボランティアなどによって支えられている。

現在全国に約125あるハウスだが,調査によれば53%の
人たちにまったく知られていない。病院の関係者でさえ
知らないこともあり,家族に紹介できなかった事例も
あるのだという。

全国のハウスを結ぶ日本ホスピタル・ホスピタリティ・
ハウス・ネットワークは,より多くの人たちにハウスの
存在を知ってもらい,支援の輪を広げるため,
この11~12月を「病院近くのわが家」月間と銘打ち,
全国キャンペーンを行う。

同ネットワークのホームページはこちら。
http://www.jhhh.jp/

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっとツボを押さえよう 「プライマリケア」

   一度見れば忘れない!目からウロコの症例アトラス。

   指や爪を見るだけで全身疾患を疑う重要な所見,
    手を見ただけで20の病気を診断する方法,
    心音を聞きながら頚静脈を観察するコツ,
    心不全と喘息を見分けるためのヒントなど,
    見れば一目瞭然!

   診断に役立つ特徴的な所見の実際の画像・
    動画を中心に進める講座です。
   
    Dr.須藤のビジュアル診断学(第1巻)
    http://www.3bs.jp/soft/primal/w65124.htm

--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日  11月10日(月) 20:00~20:30 NHK教育

  福祉ネットワーク「傷ついた子どもを支える
          (1)施設内虐待を防ぐために」

     ・虐待や養育不能など親元で暮らせない
      子どもたちが暮らす児童養護施設内にて
      虐待行われている。施設内虐待の実態,
      虐待が起こる背景や虐待を防ぐ取り組み
      など取材を通して探る。

 

▽明日 11月11日(火) 20:00~20:54 テレビ朝日

  最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学

     ・間違った歯の手入れスペシャル。
      間違ったブラッシングが招く恐ろしい
      病や,4人に1人が発症するという
      知覚過敏の新事実とは何か?

 

■学会のお知らせ

弊社日本スリービー・サイエンティフィックは
11月15日(土)から開催される下記学会に出展いたします。

実際に手にとって精度や感触をお確かめいただける
チャンスです。

★第22回 日本耳鼻咽喉科学会 専門医講習会

 日時:2008年11月15日(土)~16日(日)
  場所:東京国際フォーラム ホールB5    
     (東京都千代田区丸の内3-5-1)

平衡聴覚器,鼻腔,喉頭,頭蓋模型などの他
頭頚部の解剖ソフトなど人気製品を展示します。

日本耳鼻咽喉科学会ホームページ
  http://www.jibika.or.jp/

皆様のお越しをお待ち申し上げております!

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ,
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
社労士の先生のためになるお話や解剖学の先生のコラムが人気。
現在,3800名の方々が読んでいるメールマガジンです。

ご登録は無料です http://www.3bs.jp/mailmag/index.htm
          (ページの左側中ほどに登録欄があります)

 

■編集部「よろず」ノート written by 品

ヨーロッパあたりへ行くとなると,
機内での滞在時間は10時間を軽く超える。
エコノミートラベラーとしては,となりの席が
どうなるかは重大な問題。

空席ならば言うことなしだけれど,せめて
小柄な人であってほしい。
(自分の長身は完全に棚に上げつつ・・・)

先日のおとなりさんは小柄な女性であった。
よかったよかったと思ったのもつかの間,
彼女が席に収まった途端,彼女のまとう香水の
激臭に襲われ,私は声のない悲鳴を上げた。

3時間,4時間たっても一向に鼻は慣れない。
本を読んでいても集中できないし,食事も
おいしくない。頭も痛くなってくる。

なによ!あなた香水のシャワーでも浴びてきたの!

なぜかオカマ言葉で抗議の一つもしてやりたい
理不尽な怒りと諦めの間を鬱々と行ったり来たり
しながら,着陸したときはすっかり疲労困憊。

タバコほどにとは言わないまでも,
機内での香水,少しは規制するすべなどないものか。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に