トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2008年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.799

■■■-----------------------------------------------------■■■
                      平成20年11月21日発行

■ニュースヘッドライン

▽異性間の心臓移植,同性より低生存率(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/TKY200811180158.html

▽インフルエンザ対策,入院は重症患者に限定(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20081120-OYT1T00352.htm

▽2007年度のヘルパー年収,258万円(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/TKY200811210007.html

▽後発医薬品の使用,3割が消極的(薬事日報)
http://www.yakuji.co.jp/entry8549.html

 

--------------------------------------------------------------

 

■特集

「DNA組換えの新たな抑制機構を発見」

記事 written by 英司

DNAの組換えは,遺伝子の多様性を生むため,進化
には必要とされる機能だが,生命維持に重要な役割を
もつ遺伝子部分まで書き換えられる危険性もある。
そのため,DNAの組換えのコントロールは生命維持
の重要な機構である。

理化学研究所はDNAの組換えに関わる新たなタンパク質,
MutS2タンパク質を同定したと発表した。
MutS2の構造はRNase E,RMase Iと構造が似ているが,
DNA組換え反応における初期の中間体構造の2本鎖DNA
を切断するという,今までに無い直接的な抑制機構を持つ。

この内容はJournal of Biological Chemistryの11月28日号
に掲載される。

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっと一息・・・今日の商品

   典型的な動物細胞の構造を,電子顕微鏡での
    観察像を元に再現した模型です。

   ミトコンドリアや滑面小胞体(sER),粗面小胞体(rER)
    膠原繊維(コラーゲン繊維)や線維芽細胞など,
    主要な器官を再現しています。

   動物細胞モデル
    http://www.3bs.jp/bio/cell/r04.htm
 
--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日  11月21日(金) 19:00~19:45 NHK教育

  サイエンスZERO「生態系の“つながり”に迫る」

     ・食物連鎖の実態は生体に含まれる炭素や
      窒素の同位体の割合を調べることで明らかに
      なってきた。琵琶湖での独特な生態系や森と
      サケの不思議な関係,干潟のシジミの役割
      など食物連鎖の実像解明研究最前線に迫る。

 

▽明日 11月22日(土) 20:00~21:00 NHK教育

  ここが聞きたい!名医にQ

     ・聴覚の老化は30歳台から始まるとされて
      いるが,その個人差は大きい。遺伝的要因や
      騒音公害などの環境も聴覚の老化を早める
      原因となるが,難聴が起こる仕組みや対処法
      など3人の専門医が模型などを使って解説。

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ,
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
社労士の先生のためになるお話や解剖学の先生のコラムが人気。
現在,3800名の方々が読んでいるメールマガジンです。

ご登録は無料です http://www.3bs.jp/mailmag/index.htm
          (ページの左側中ほどに登録欄があります)

 

■編集部「よろず」ノート written by 英司

プルキンエ現象の続き。
さて,錐体細胞は色の判別は得意だが十分な明るさが必要で,
暗いところでは桿体細胞の出番というところまで書いた。

では桿体細胞だが,こちらは十分な明かりが無くとも働くが,
色の判別は錐体細胞ほど得意ではない。暗いところでは色は
良く分からないが,物の形はぼんやり分かるようなことは
無いだろうか?これは桿体細胞のおかげ。白黒写真を見る
ようなイメージだと想像しやすいだろうか?
そのため,ものの輪郭を見るのに有利な細胞とも言われる。

さて,白黒写真のイメージと書いたが色の判別がまったく
できないわけではない。桿体細胞が感じ取る色のピークは
短い波長の光,つまり青色側の光。対して錐体細胞のピーク
は長い波長,赤色側だ。

このため,青い光で照らされたもの,つまり青いものなら暗く
ても見えやすいことになる。

青い街灯は光の強さは他の街灯と変らなくとも,良く見える
街灯といえる。明るい場所では犯罪は行いにくいわけで,
ここで青い街灯と犯罪率の話につながるわけだ。

余談だが,青い色のリラックス効果で犯罪現象と報道されるが,
報道者は不思議だと思わないのだろうか。
・青色を見ただけでそれほど落ち着いた経験はあるだろうか?
・リラックスでなぜ犯罪の気持ちがなくなるといえるのか?
・そもそも落ち着いてしまったら,より的確に犯罪を行うのでは?

と,青い街灯の帰り道,狡猾な犯罪に注意を払う毎日。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に