トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2008年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.812

■■■-----------------------------------------------------■■■
                      平成20年12月11日発行

■ニュースヘッドライン

▽無保険の子ども救済案可決,中学生以下全員に保険証交付(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/TKY200812100119.html

▽病気腎移植原則禁止,患者らが「生存権の侵害」と訴訟(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/science/news/20081211k0000m040045000c.html

▽医療安全情報,全国9000病院の過半数が受け取っておらず(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/science/news/20081210k0000e040073000c.html

▽糖尿病治療しないと生涯医療費5000万円超,早期治療患者の6倍(産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/life/education/081211/edc0812110811000-n1.htm

 

--------------------------------------------------------------

 

■特集

「新型インフルエンザ 外出自粛で感染15分の1に」

記事 written by オリ

外出を自粛することで新型インフルエンザの感染者数が
15分の1にまで減らせることが国立感染症研究所の
大日康史主任研究官のシミュレーションにより
明らかになりました。

シミュレーションでは新型インフルエンザに感染した
サラリーマンが2日間出勤した場合を想定して
その後学校閉鎖や在宅勤務等の対策を講じた場合と
何も対策しなかった場合とで比較。

何もしなかった場合は12万6591人という膨大の
感染者数ですが,対策をした場合の感染者数は
8154人にまで留められます。

ワクチンの効果が確かではないため,外出制限を
行うことでウイルスを蔓延させないことが一番の
防止策となります。

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっと一息・・・今日の商品

  18の肺区域の内部構造を容易に観察できる
   肺モデルです。
   実物標本からの型取りにより,気管支樹,
   細気管支,肺胞を再現,伸縮性のある
   素材でつながれています。

  肺,肺区域カラーモデル
   http://www.3bs.jp/model/lung/w47029.htm
   (※只今在庫あります)
 
--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日  12月11日(木) 20:00~20:30 NHK教育

  福祉ネットワーク
   「シリーズ認知症 私が私であるために」

     ・近年,40代,50代の働き盛りで若年
      認知症と診断される人が増加。人生を
どう生きていくのか,豪州で開かれた
シンポの模様を交えながら考えていく。
     

▽明日 12月12日(金) 23:00~23:30 NHK総合

  解体新ショー
   「笑うとき手をたたくのはなぜ?三日坊主を直したい」

     ・笑うとき思わず手をたたくのはなぜ?
      この無意識の行動には深い意味があった。
      続けた方がいいとわかっていながらくじ
けてしまう三日坊主。その時不思議な
ことが体に起きていた。

    

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ,
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
社労士の先生のためになるお話や解剖学の先生のコラムが人気。
現在,3800名の方々が読んでいるメールマガジンです。

ご登録は無料です http://www.3bs.jp/mailmag/index.htm
          (ページの左側中ほどに登録欄があります)

 

■編集部「よろず」ノート written by オリ

昔肺炎で入院した時に,血管が細くてなかなか針が入らず
何度も針で差された記憶がある為注射や点滴が大っ嫌いです。
(好きな人のほうが少ないとは思いますが・・・)
健康診断の採血も震えるくらい怖かったのですが
ある年カゼが悪化し,点滴をした時にその効果といったら!
なんてすばらしい~~~!

それまでは点滴がキライでしたが,最初のチクッさえ
我慢すれば良くなる!と思うと我慢できるものです。
同じような理由で毎年インフルエンザの予防接種をしています。
「あの苦しみから逃れられるなら,あの痛さなんて。」
そう思えるようになりました。慣れれば慣れるもので
採血の様子も見ていられるようになりました。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に