トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2008年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.813

■■■-----------------------------------------------------■■■
                      平成20年12月12日発行

■ニュースヘッドライン

▽インフルエンザ,ネット検索の増加数で流行を察知,米研究(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/TKY200812110356.html

▽生きがい感じている男性はストレスあっても脳卒中リスク低い(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/TKY200812110132.html

▽ネット薬局猛反発,来年6月の改正薬事法施行を前に(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/science/news/20081212ddm041040095000c.html

▽無保険救済法案,衆院本会議で全会一致で可決(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/science/news/20081212ddm002040107000c.html

 

--------------------------------------------------------------

 

■特集

「紡錘糸のフック発見,染色体分配の仕組みが明らかに」

記事 written by 英司

細胞が分裂する際,染色体は紡錘糸で両極側に引かれ,
2つに分けられる。しかし,紡錘糸と染色体を直接結ぶ
タンパク質は明らかにされていなかった。
国立遺伝学研究所の研究グループはこの,接続の役割
を果たすタンパク質を解明したことを報告した。
CENP-Wと名づけられたこのタンパク質は,従来より
連結部にあることが知られていたCENP-Tと複合体を
形成してDNAと結びついていた。
複合体の動きを阻害すると,染色体の分配は起こらなかった。

染色体分配の異常は,細胞の癌化の原因の一つとされて
おり,今後,治療への応用も考えられる。

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっと一息・・・今日の商品

  詳細な人の組織標本セットです。50枚入り

  ヒトの組織学~ラージセットI
   http://www.3bs.jp/prepa/human/w13409.htm

  (※HE染色在庫あります)
 
--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日  12月12日(金) 23:00~23:30 NHK総合

  解体新ショー
   「笑うとき手をたたくのはなぜ?三日坊主を直したい」

     ・笑うとき思わず手をたたくのはなぜ?
      この無意識の行動には深い意味があった。
      続けた方がいいとわかっていながらくじ
けてしまう三日坊主。その時不思議な
ことが体に起きていた。
     

▽明日 12月13日(木) 20:00~21:00 NHK教育

  ここが聞きたい!名医にQ「認知症」

     ・65歳以上の高齢者の約1割が認知症
      と言われている。アルツハイマー病,
      レビー小体型認知症,脳卒中が原因の
      脳血管性認知症など種類により異なる
      症状,診断方法,治療方法など伝える。

    

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ,
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
社労士の先生のためになるお話や解剖学の先生のコラムが人気。
現在,3800名の方々が読んでいるメールマガジンです。

ご登録は無料です http://www.3bs.jp/mailmag/index.htm
          (ページの左側中ほどに登録欄があります)

 

■編集部「よろず」ノート written by 英司

人間は脳で意識する前に動く,
武道やスポーツはこのような人体の機構を
うまく利用している。

*今回の紹介例は複合的なので,意識の遅れだけで
語ることはできない。意識と動作の乖離ということで
ご理解いただければと思う。

武道の達人は,50kgに満たない体で100kg近い人を
押さえ込み投げ飛ばす。素人目にはやらせに見えるが,
何のことは無く,科学的で理論的だ。

殴ろう,つかもうとして手を伸ばすが,この時,
受ける側が,ほんの少し動く。

すると手を伸ばした相手は自然とこの動きを
追いかけてしまう。この時,対象の移動を意識
してはいない。
受ける側は意識させないことが大事なわけだが。

こうなると受け手側の勝利は確定したようなものだ。
足を壁に対して平行にした状態で手を伸ばし,体重を
壁にかければ,足は前に出せない。壁が壊れれば前のめり
に倒れるだろう。

攻撃側の手を誘導し,これと同じ状態を作ればよい。
体重が何キロだろうと関係ない。
触れずして相手の体をコントロールしているわけ
なのだから。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に