トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2008年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.817

■■■-----------------------------------------------------■■■
                      平成20年12月18日発行

■ニュースヘッドライン

▽母体救命対応の総合周産期医療センター,都内3病院指定(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/science/news/20081218k0000m040143000c.html

▽インフルエンザ,例年より1ヶ月早い流行,厚労省発表(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/TKY200812170168.html

▽臨床研修制度,医師不足対応で実質1年に短縮へ(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/science/news/20081218k0000m040133000c.html

▽生き残りをかける訪問介護事業所と利用者の声(産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/life/welfare/081218/wlf0812180820000-n1.htm

 

--------------------------------------------------------------

 

■特集

「カリウムが少ないと高血圧のリスク大」

記事 written by 岩子

カリウムの過少摂取は,ナトリウムの過剰摂取と
同じく,高血圧になる可能性が高いことが
米テキサス大学Susan Hedayati博士らの研究で
明らかになりました。

3,300人の尿を採取,分析した結果,尿中のカリウム
排泄量が少ないのは食べ物に含まれるカリウム含有量が
少ないためで,これによって血圧も高くなり,さらに
このカリウムが血圧に与える影響がナトリウムよりも
大きい,と氏は述べています。

また,血圧に与えるカリウムの影響の原因遺伝子「WNK1」
も,特定されました。

バナナや柑橘類などの果物や野菜にはカリウムが多く含まれる
ので,こうした食べ物を普段の食事にいかに取り入れるかが
高血圧を防ぐポイントとなります。

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっと一息・・・今日の商品

  高血圧症を解説した病理模型です。

  高血圧の影響を受け易い脳,眼,心臓,腎臓,動脈
   により構成され,ダメージを受けた組織の部分が
   着色されています。

  高血圧症,7分解モデル
   http://www.3bs.jp/model/patho/g35.htm
 
--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日  12月18日(木) 19:30~19:55 NHK教育

  あしたをつかめ~平成若者仕事図鑑
   「ケーブルテレビ・ディレター」

     ・地域情報を地域の人々に伝えるケーブル
     テレビ。一般のTV局とは全く違った価値観や
     視点でで地域の人が喜ぶ番組をつくる。撮影,
     編集,ナレーションなどすべて一人で行って
     いる女性ディレクター赤崎さんの姿を追う。
     
     

▽明日 12月19日(金) 19:00~19:45 NHK教育

  サイエンスZERO
   「新型インフルエンザ 感染爆発に備えろ」

     ・新型インフルエンザウイルスの感染を
      回避する方法,例えば鼻に吹き付ける
      「経鼻ワクチン」の開発やウイルスの
      種類を特定後,わずか2週間で使える
      効果的な薬の開発など最新の研究に迫る。

    

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ,
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
社労士の先生のためになるお話や解剖学の先生のコラムが人気。
現在,3900名の方々が読んでいるメールマガジンです。

ご登録は無料です http://www.3bs.jp/mailmag/index.htm
          (ページの左側中ほどに登録欄があります)

 

■編集部「よろず」ノート written by 岩子

クラシックコンサートの場合,以前は2階,もしくは3階席の中央
左寄りの席をとることが多かったのに,「のだめ・カンタービレ」
の影響か,最近は指揮者の顔が見えないと物足りなくなり,
どうも舞台側の3階席をとるくせがついてしまいました。

こうした席はC,もしくはD席という価格帯の安い席なので,
オーケストラ全体は見渡せないし,指揮者やソロの挨拶の
時は尻を向けられてしまいますが,演奏中は指揮者の一部
始終はもちろん,例えば鼻ほじっている姿なども見られ,
なかなか人間味があって面白いものです。

聞いた話だとオペラ以外のクラシックコンサートだとまず
A席から完売することが多く,続いてC,Dが売れて最後に場所が
よくないS席が残るそうなので,うかうかしているとこうした
C,D席も設定数が少ない分,売り切れてしまいます。

先日はりゅーとぴあで東京交響楽団と中村紘子の演奏があった
ため,指揮者の様子と中村紘子のピアノさばき両方が見たい,
ということで舞台向かって左側の3階席(C席)をとりましたが,
手すりで視界が邪魔にならない前列から2番目の席はすでに
うまっている状況でした。

皆,狙っていることや,考えていることは同じなんでしょうかね?

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に