トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2008年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.818

■■■-----------------------------------------------------■■■
                      平成20年12月19日発行

■ニュースヘッドライン

▽科学的進歩ベスト10,1位はiPS細胞に基づく細胞の初期化(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/science/news/20081219k0000e040001000c.html

▽障害者福祉サービス提供事業所へ,報酬5.1%引き上げ(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/TKY200812180399.html

▽未承認の補助人工心臓で死亡,厚労省が事故調査委設置へ(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20081219-OYT8T00228.htm

▽たばこ規制枠組条約,たばこ産業の社会的資格を事実上剥奪(産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/life/body/081219/bdy0812190819000-n1.htm

 

--------------------------------------------------------------

 

■特集

「医師不足地域への勤務,条件さえ合えば従事が7割」

記事 written by 英司

全国医学部長病院長会議と臨床研修協議会が行った
アンケートによると,条件さえ合えば医師不足地域の
勤務に従事したいと答えた医学部6年生は71%に上った。
同じアンケートに対して従事したいと答えた研修医は
66.2%,指導医は46.7%と医師としての経験が長くなる
ほど数字は低くなる傾向があった。

求める条件としては,給与,居住環境,交代医師の存在
等があげられた。

ちなみに条件に関わらず勤務したくないと答えた人は
約20%と非常に低かった。

医師不足地域にとっては朗報といえる。

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっとツボを押さえよう 「プライマリケア」

   診断学の基本を視覚的に学べるシリーズ第2弾。

   意外に苦手とされる「頚部と甲状腺」の身体所見
    から病歴聴取のコツ,「腹痛」における病歴の
    重要性や症状の順番が重要な虫垂炎の診断
    などをわかりやすく解説。

   アキレス腱反射の弛緩相の遅延や天使の弓サイン
    などビジュアル診断学ならではの映像も必見。
   
    Dr.須藤のビジュアル診断学(第2巻)
    http://www.3bs.jp/soft/primal/w65128.htm
 
--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日  12月19日(金) 19:00~19:45 NHK教育

  サイエンスZERO
   「新型インフルエンザ 感染爆発に備えろ」

     ・新型インフルエンザウイルスの感染を
      回避する方法,例えば鼻に吹き付ける
      「経鼻ワクチン」の開発やウイルスの
      種類を特定後,わずか2週間で使える
      効果的な薬の開発など最新の研究に迫る。
     
     

▽明日 12月20日(土) 20:00~21:00 NHK教育

  ここが聞きたい!名医にQ

     ・認知症の診断や治療薬,リハビリ
      ケアが専門の医師3人が治療法や
      家族への対応のコツなどを伝授する。

    

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ,
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
社労士の先生のためになるお話や解剖学の先生のコラムが人気。
現在,3900名の方々が読んでいるメールマガジンです。

ご登録は無料です http://www.3bs.jp/mailmag/index.htm
          (ページの左側中ほどに登録欄があります)

 

■編集部「よろず」ノート written by 英司

今回は科学から少しはなれて,学力のお話。
先日全国学力テストの順位が発表された。
1位 秋田県 77.2点
2位 福井県 77.1点
3位 富山県 76.0点
4位 香川県 75.0点
5位 石川県 74.6点
6位 青森県 74.7点
7位 岐阜県 74.3点
8位 山形県 74.2点
9位 静岡県 74.0点
10位 広島県 73.3点 
10位 鳥取県 73.3点

都市部と地方による格差は無かったといわれるが,
地図上で見てみると,東北,北陸の県が上位に多い。
10以内でも東北が3県,北陸が3県。
東北でも大都市仙台を抱える宮城は39位と圏外。
東京22位,神奈川32位,大阪45位・・
むしろ地方とされる県の学力が高いといえる結果。

勉強して,県外に出て行かないと良い職には出会えない,
そんな意識を持ちながら学生時代をすごした身だが,
地元が上位にいると,まだそんな風潮が続いているのかも,
と順位を素直に喜べない。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に