トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2009年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.826

■■■-----------------------------------------------------■■■
                      平成21年1月16日発行

■ニュースヘッドライン

▽アスベスト被害,遺族が国の労災基準見直しを提訴(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/OSK200901130043.html

▽がん患者,医療関係者と死生観にギャップ,8割が闘病望む(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20090115-OYT8T00249.htm

▽レセプトオンライン請求義務化を巡り医師らが国を相手に提訴(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/science/news/20090116ddm041040027000c.html

▽一人身のおばを甥や姪が支援する時代に,介護費用と控除は(産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/life/welfare/090116/wlf0901160832002-n1.htm

 

--------------------------------------------------------------

 

■特集

「筋ジストロフィーの遺伝情報データベース作成」

記事 written by 英司

筋ジストロフィーの遺伝子情報のデータベースを
作成するための患者登録センターが発足する。
同センターは国立精神・神経センター内に設置される。
精神・神経センターではデュシェンヌ型筋ジストロフィー
に対する遺伝子治療の開発を進めてきた。
そこで,対象となる遺伝子を持つ患者を網羅し,
治療を一般化するためのデータベース作成に着手
することとなった。

将来的には欧州の遺伝子情報ネットワークTREAT-NMDの
データベースとリンクさせたいとしている。

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっと一息・・・今日の商品

  骨格筋繊維とその運動終板の断面を約10,000倍に
   拡大表示した模型です。

  絵だけではわかりづらい筋繊維の構造を,立体的に
   わかりやすく表現しています。

  筋繊維モデル
   http://www.3bs.jp/model/musc/b60.htm
 
--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日 1月16日(金) 23:00~23:30 NHK総合

  解体新ショー「感覚低減とは何か? 共感覚ってなに?」

     ・大事故で暗闇に閉じこめられた男性を襲う
      感覚低減の恐怖とは何か。音楽が色に見える
      という共感覚とは何か?あなたも持っている
かもしれない共感覚をスタジオでテスト。 
     
     

▽明日 1月17日(土) 20:00~21:00 NHK教育

  ここが聞きたい!名医にQ

     ・虫歯,歯周病の原因は歯垢中の細菌
      による感染。歯垢を増やさないためには,
      食習慣の見直しも必要。3人の専門家が
      歯の病気治療や予防について模型などを
      使って詳しく解説する。 
 

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ,
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
社労士の先生のためになるお話や解剖学の先生のコラムが人気。
現在,約4000名の方々が読んでいるメールマガジンです。

ご登録は無料です http://www.3bs.jp/mailmag/index.htm
          (ページの左側中ほどに登録欄があります)

 

■編集部「よろず」ノート written by 英司

セロハンテープで被爆する。そんな話があるのをご存知
だろうか?
セロハンテープなどの粘着テープを真空中で剥がすと
X線が発生することが報告された。しかもこのX線,
レントゲン写真が撮れるほど強力。
身近な粘着テープが一転,恐怖の放射線源となる。

ただ,この現象は真空中で無ければ起こらないので,
普通に使用している分にはその危険性は無い。
普通の条件下でもテープを剥がすと
電磁波は出るがX線領域までは届かない。

真空中でテープを剥がすことがある,そんな稀な
条件を満たす方は要注意だ。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に