トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2009年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.828

■■■-----------------------------------------------------■■■
                      平成21年1月20日発行

■ニュースヘッドライン

▽新型インフルワクチンの試験接種で8名発熱などで入院(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/TKY200901190305.html

▽失業とともに無保険となる米国民の悲劇(週刊医学界新聞)
http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA02814_04

▽阪大と東北大,電圧かけるだけで磁石NS極変更に成功(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/science/news/20090119k0000e040053000c.html

▽教育上の建前と本音,発達障害の子の社会性訓練の場は?(産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/life/education/090120/edc0901200821003-n1.htm

 

--------------------------------------------------------------

 

■特集

「手軽に点滴?点滴バー」

記事 written by 微

オープンした去年の6月にも特集で取り上げましたが,点滴を
手軽に受けることのできる点滴バーが受けているようです。

東京恵比寿にある点滴バーは,予約不要・10分で終わるという
手軽さで人を集めています。内容はビタミンなどのようです。
もちろん保険は利かないので,自費になります。疲れているから,
ビタミンなどは美容に良いからといった理由で訪れるようです。
その他にも美容点滴と銘打った施設は多くあるようです。

こうした状態について疑問視する声も上がっているようですが,
一方で自分が今求めている治療を手軽に行ってほしいという声に
応えたものとも言えます。

いずれにしても薬好き・注射好きな日本人という側面があるようです。

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっと一息・・・今日の商品

  運動エネルギーから位置エネルギーへ,又はその
   逆のエネルギー変換を演示するための装置です。

  加速度による慣性力を測定するために,
   直接秤に掛けられるようになっています。

  光ゲートを使えば,車輪の並進運動の速さを
   測定できます。

  マクスウェルの車輪
   http://www.3bs.jp/physics/motion/u8408305.htm
 
--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日 1月20日(火) 20:00〜20:54 テレビ朝日

  最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学
   「本当は怖い寒がり」

     ・日本人女性の約7割が悩む冷え性。
      お腹だけが冷える危険な冷え性を放置
      すると様々な合併症を併発する危険が。
      体温計でわかる冷え性のタイプや,
      冷え性予防・改善料理も紹介。
         
     

▽明日 1月21日(水) 20:00〜20:45 NHK総合

  ためしてガッテン
   「低カロリーダイエット 失敗と成功の分岐点」

     ・「低カロリー」が大ブームだが,カロリーの
      数字だけにとらわれた食生活は,逆に太りやすい
      体質を作る元凶になることが最近の研究で判明。
      低カロリーの真実を解明,食べてもスリムに
      なれる食事の法則を大公開。

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ,
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
社労士の先生のためになるお話や解剖学の先生のコラムが人気。
現在,約4000名の方々が読んでいるメールマガジンです。

ご登録は無料です http://www.3bs.jp/mailmag/index.htm
          (ページの左側中ほどに登録欄があります)

 

■編集部「よろず」ノート 勝手に物理講座

   −相対論− 5回目  written by 微

これまでの長い議論のおかげで,いよいよアインシュタインの
特殊相対論についてお話できます。

アインシュタインは次の二つの仮定を基に理論を構築しました。
1.相対性の要請
  全ての物理法則は全ての慣性系で同一の形で表される。
2.光速度不変の要請
  光の速度は光源の運動に無関係である。

この要請をもう少し詳しく見てみましょう。
1は一見当たり前のようですが,決して自明のことではありませ
ん。あくまでも色々な実験でそうらしいと分かったことです。
これは全ての慣性系で,ある物理現象が同一に見えるということ
ではなく,基本法則が同一の形で書けるということを意味します。

これを認めるとエーテルはその存在が否定されます。なぜなら,
これまでの議論にあったエーテルを認めると絶対静止系とも言う
べき特別な座標系を認めることになるためです。
この要請により特別な慣性系というのはなくなる,つまり区別する
方法がなくなります。
こうなるとエーテルは無意味というより,むしろ相対性に対して
有害ということになり,相容れない考えとなります。

それでは光の波を伝える媒質は?となりますが,ただ真空自体に
光を伝える性質があるということになります。これを強引と見る
こともできますが,真空というのがただ何もない空っぽの状態で
はなく,物理的に色々な意味のある状態と発見したとも言えます。

真空についてはその後も意味の拡張が行われますが,その第一歩
が「真空とはそれ自身で光を伝える性質を持つ」であったと思い
ます。

光速度不変については次回にします。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に