トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2009年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.850

■■■-----------------------------------------------------■■■
                      平成21年2月20日発行

■ニュースヘッドライン

▽医療過誤を装った医師や薬剤師の家族を狙う振り込め詐欺(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090220-OYT1T00121.htm

▽重病の際の高額医療費に「不安」が8割以上,民間シンク調査(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/today/archive/news/2009/02/19/20090220k0000m040084000c.html

▽健康食品個人輸入代行でトラブル多発,国内未承認の成分も(産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/life/lifestyle/090220/sty0902200823005-n1.htm

▽初歩的な体外受精ミスが起きる人員不足や施設不備(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20090220k0000m040167000c.html

 

--------------------------------------------------------------

 

■特集

「おとりDNAで癌細胞を自然死」

記事 written by 英司

“おとり”となるDNA分子を使うことでがん細胞を
自然死させるという研究結果が15日に医学誌
“Clinical Cancer Research”に掲載された。

この分子は両端が損傷したDNAを模ったもの。
この分子を利用すると癌細胞は,実際よりもDNAの
損傷が進んでいると判断して,自然死を行う。

齧歯類で行った実験では,放射線治療では30%~50%
の癌細胞しか死滅させられなかったのに対して,
この分子を併用すると75%~100%の癌細胞が死滅した。

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっと一息・・・今日の商品

  医学掛図「ヒトの細胞の構造」
   http://www.3bs.jp/chart/lchart/v2027.htm

  医学掛図には軸棒付と軸棒なしの二種類ございます。
   御注文の際に御指定下さい。
   
   医学掛図・生物掛図一覧はこちら
   http://www.3bs.jp/chart/lchart/index.htm

--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日 2月20日(金) 19:00~19:45 NHK教育

  サイエンスZERO
   「生体の機能を照らし出せ~光イメージング~」

     ・昨年ノーベル化学賞受賞対象となった
      GFP(緑色蛍光たんぱく質)。自ら光る
      発光現象に注目,がんを体外から生きた
      まま観察するなど光イメージング技術に
      よる生体機能解明研究最前線に迫る。  
     
              

▽明日 2月21日(土) 20:00~21:00 NHK教育

  ここが聞きたい!名医にQ

     ・2週連続で「うつ病」についてお伝えする。
      引き続き薬物療法,精神療法,リハビリ
      専門医をスタジオに招き,危険な兆候や
      抗うつ薬の効果と副作用,周囲のサポート
      など,視聴者からの質問に解答していく。    

   
  
■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ,
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
社労士の先生のためになるお話や解剖学の先生のコラムが人気。
現在,約4000名の方々が読んでいるメールマガジンです。

ご登録は無料です http://www.3bs.jp/mailmag/index.htm
          (ページの左側中ほどに登録欄があります)

 

■編集部「よろず」ノート written by 英司

引き続きRNAiのおはなし。

アンチセンスRNAが出てきたが,すこし詳しく説明。
RNA は言うなれば,このような形。┴┴┴┴┴┴┴
┴の上向きのところが読み取られる塩基。なので
┴┴┴┴┴┴┴ のようなmRNAに
┬┬┬┬┬┬┬ このようなアンチセンスRNAをくっつけて

┬┬┬
┴┴┴
としてしまえば読み取れる部分が塞がれてしまう。
凸と凹がかみ合ったようなもの。

DNAの情報を写し取ったmRNAの情報部分を塞いでしまえば
セントラルドグマはここで止まってしまうのでタンパク質
は作られない。

まさに,先回書いた,流通の途中を止めるという希望を
かなえた方法だった。
しかし,残念ながらこの方法にも弱点があって,流通を
止めきることができないのだ。

凸の分子が漂う空間に凹の分子を投入しても,
必ずしもそれが結びつくとは限らない,と考えると
想像しやすいだろう。

これを解決すべく,アンチセンスRNAの技術も改良を
続けてきたが,そこにRNAiが登場して,大きく事情が
変ってしまう。
ということで次回。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に