トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2009年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.852

■■■-----------------------------------------------------■■■
                      平成21年2月24日発行

■ニュースヘッドライン

▽フィリピンで看護師,介護福祉士候補者面接,来日は5月に(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/TKY200902230344.html

▽被害者団体,医療事故調査機関設置に反対の野党に抗議文(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/science/news/20090224ddm041040162000c.html

▽厚労省,日本脳炎新型ワクチンの製造販売を承認(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/science/news/20090224ddm012040047000c.html

▽ダウン症の子の成長,親の思い綴った本が相次いで出版(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20090224-OYT8T00233.htm

 

--------------------------------------------------------------

 

■特集

「教科書がボランティア頼み-弱視向け教科書」

記事 written by 微

全国で約1700人いるといわれる弱視の小中学生,彼らの
教科書が民間や企業のボランティアで支えられている。

弱視学生向けの拡大教科書は単純に文字を大きくすれば良い
と言う訳ではない。文字を太くしたり写真を切り張りしたり
と手間がかかる。
そうした作業がボランティアで支えられているが,人手不足
等で必要な学生全てに拡大教科書が渡っていないという。
教科書のバリアフリーに関する法律で努力義務として,拡大
教科書の発行が決められているが,今春発行される拡大教科
書は検定教科書全体の1/3の約140点という。

「義務教育の教科書がボランティア頼りで作られ,しかも不
足しているというのは異常な状態。国と教科書会社にさらに
努力してほしい」とある養護学校教諭は話している。

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっと一息・・・今日の商品

  鉄心なしのモーター電機子です。
   磁極間隔可変磁石(U10370)
   http://www.3bs.jp/physics/electromag/u10370.htm
   の,内側に取り付けて使用します。

  このコイルは,ローレンツ力だけで回転し,
   回転方向は電流の方向によって変わります。
  
   ローレンツモーター
   http://www.3bs.jp/physics/electromag/u10372.htm

--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日 2月24日(火) 20:00~20:54 テレビ朝日

  最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学
   「絶対にヤメるヤメさせる!禁煙スペシャル」

     ・なぜタバコがやめられないのか。
      本当の理由は「脳の勘違い」にあった。
      タバコを確実に止める方法,家庭で
      できる肺年齢チェック法,10万人が
      克服した禁煙外来など番組で紹介。  
            
              

▽明日 2月25日(水) 20:00~20:45 NHK総合

  ためしてガッテン「口内炎スピード完治!」

     ・ある日突然現れる口内炎。じっと我慢する
      人がほとんどだが,少しでも早く治すため,
      口内炎ができるメカニズムを徹底解明,
      スピード完治への秘策,効果的な予防法を
      番組で公開。
    

   
  
■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ,
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
社労士の先生のためになるお話や解剖学の先生のコラムが人気。
現在,約4000名の方々が読んでいるメールマガジンです。

ご登録は無料です http://www.3bs.jp/mailmag/index.htm
          (ページの左側中ほどに登録欄があります)

 

■編集部「よろず」ノート 勝手に物理講座

   ~相対論~付録  written by 微

前回までで相対論については終わりにしようと思いましたが,
付け足しということで今回お話させていただきます。
相対論の内容については付け足すことはないのですが,もし
アインシュタインがいなければ相対論は生まれていたか?に
ついて見ていきます。

どのような科学理論や発見でも,その人がいなくてもいずれ
見出されるものでしょう。特に特殊相対論についてはアイン
シュタインがいなくてもそれほど時間的に遅れずに発表され
ていたのでは?と思います。
その相対論に最も肉薄していたのはフランスの数学者ポアン
カレでした。彼はローレンツが出した所謂ローレンツ変換の
式を正しい形に直したりしていましたが,相対論が発表され
る前に,光速度不変の理論が必要なのではないか,という意
見を述べています。
ポアンカレは数学の分野でたくさんの功績を残した人でした
が,数理物理でも多大な貢献をしています。
特殊相対論はあのエーテルから脱却を図らなければならなか
った時代の要請でもありましたから,アインシュタインがい
なくてもポアンカレが提出していたのではないでしょうか。

一方特殊相対論の10年後に提出された一般相対性理論はどう
でしょうか?これもいずれは発見されたでしょうが,あの時は
この理論が必要とされていたかというと,時代的な要請はほと
んどなかったようです。この時に一般相対論が提出できたのは,
やはり天才というべきでしょう。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に