トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2009年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.860

■■■-----------------------------------------------------■■■
                      平成21年3月6日発行

■ニュースヘッドライン

▽iPS細胞移植,胚から育てたマウスの6割が1年後がんに(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20090306-OYT8T00245.htm

▽iPS細胞,ヒト神経幹細胞に2種類の遺伝子入れ作成に初成功(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/science/news/20090306k0000m040082000c.html

▽ラナウィルスでカエル大量死,国内で昨年秋に初確認(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/science/news/20090306k0000m040072000c.html

▽新生児にも定額給付金2万円支給,岐阜県御嵩町独自に(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20090306-OYT1T00021.htm

 

--------------------------------------------------------------

 

■特集

「RNAの二次構造予測,世界最高精度」

記事 written by 英司

生命情報工学研究センターは,RNAの二次構造を
世界最高精度で予測できるソフトを開発したこと
を発表した。

今までの予測ソフトでは最も安定した構造を二次
構造として求めていたが,多くの誤差があった。
近年,細胞内の物質は熱エネルギーなどの影響を
うけ,常に形を変えている,揺らぎの存在が明らか
になってきた。このソフトでは,RNAも同様に揺らぎ
があるために誤差が発生すると予測し,独自理論に
より揺らぎの中心に相当する形を予測することで,
精度を高めることに成功した。

新しい機能性RNAやsiRNAの発見への
応用が期待される。

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっと一息・・・今日の商品

  基本的なDNAの2重らせん構造が核酸モデルとともに
   再現されています。転写を示すRNAが上部に付属
   しています。台座付。

  W19205 DNAモデル

  こちらの商品はネットでは紹介されておりません。
   詳しくはメディカルカタログ75ページに掲載されております。

  カタログ請求はこちら
   http://www.3bs.jp/forms/cat_ques.html

--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日 3月6日(金) 23:00~23:30 NHK総合

  解体新ショー特選 
   「幸せ太りってホント?
     ストレスでやけ食いするのはなぜ?」

     ・結婚したりすると幸せ太りするというのは
      本当なのか?イライラしたとき,なぜか
      たくさん食べてしまうヤケ食いの理由は
      何か。2つの謎を科学的に解明する。
            
              

▽明日 3月7日(土) 20:00~21:00 NHK教育

  ここが聞きたい!名医にQ「痛風・尿酸値」

     ・激しい痛みが突然起こる特徴の痛風発作。
      中高年の男性に多いが,最近は食生活の
      欧米化や運動不足から20~30代で発症
      する人も。尿酸値を下げる生活ポイントや
      治療法について解説。
     
   
  
■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ,
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
社労士の先生のためになるお話や解剖学の先生のコラムが人気。
現在,約4000名の方々が読んでいるメールマガジンです。

ご登録は無料です http://www.3bs.jp/mailmag/index.htm
          (ページの左側中ほどに登録欄があります)

 

■編集部「よろず」ノート written by 英司

RNAiの話を先週まで書いてきたが,
これらはすべて分子の反応により
コントロールしようという手法だ。

セントラルドグマが分子の反応により進むの
だから当然だが,もっと物理的に制御できないか
と思うのが心情。

残念ながらそこまでの技術はまだだが,
近づく研究は進んでいる。

DNAを取り出して,解読する作業はまさに化学。
細胞を壊し,遠心分離し,不純物を溶出させる。
酵素を使い短いDNA鎖へと断片化し,
この断片長さの情報を元に配列を組み立てる。
手間をかけて取り出したものを一度壊して,
組み立てることで情報を取り出す。

まどろっこしい。小さな手で,細胞から直接
DNAを引き出してしまいたい。

電子顕微鏡でやっとで2重らせん構造が見える
ほどの小さいDNA,一見物理的に取り出すのは
不可能なサイズだがこれを可能にする技術の
研究が進んでいる。

マイクロマシンの研究分野で,DNA分子1本を
フックで引っ掛け,糸巻きのようなボビンに
巻きつけてしまう。

ここまでいくと,DNAももはやただの糸。
素晴らしい技術だが,
生命らしさが感じられないことが少し悲しい。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に