トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2009年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.879

■■■-----------------------------------------------------■■■
                      平成21年4月3日発行

■ニュースヘッドライン

▽市が生活保護拒否で自殺,遺族が北九州市に賠償請求(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/SEB200904020017.html

▽後期高齢者医療,年齢区分見直しや国保と運営一元化検討(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/kaigo_news/20090403-OYT8T00258.htm

▽夜10時以降に就寝の幼児,発達遅れる危険性が高い結果に(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20090402-OYT8T00685.htm

▽診療報酬と成果主義の関係,リハビリ保険適用日数に上限(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/science/news/20090403ddm002040052000c.html

 

--------------------------------------------------------------

 

■特集

「マウス育種の倍速化に成功,一世代44日」

記事 written by 英司

理化学研究所は円形精子細胞を利用することで,マウスを
44日で世代交代させる技術を開発した。
円形精子は通常の精子の前段階に生まれる精子で,
これを顕微授精させることで生殖までの日数を短縮した。

従来の自然交配では交配可能になるまで2~3ヶ月かかる。
さらに,遺伝子改変をしたマウスでは遺伝子の均一化
のために数回の交配が必要となるため,目的のマウスの作成
には1~3年必要とされてきた。

今回,この技術により遺伝子改変マウスをC57BL/6系統との
均一化を試みたところ,106日~190日で作成に成功し,
大幅に期間を短縮できることが証明された。

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっと一息・・・今日の商品

    毛のはえたマウスの剥製です。
     隣に全身骨格標本もプレート上に並んでいます。    

    T31001:マウスの全身骨格標本と剥製
     ¥59,850(税込)

 ※ この商品はネットでは紹介しておりません。
   詳しくは「プレパラート・動物標本カタログ」20ページ,又は
   「2008年獣医科向けカタログ」2ページに掲載されています。

   カタログ請求はこちらから
    http://www.3bs.jp/forms/cat_ques.html

--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日 4月3日(金) 20:00~20:45 NHK総合

  難問解決!ご近所の底力
   「認知症を予防して楽しくいきいき」

     ・日本で認知症患者は25年後には倍増する
ことが見込まれる。しかし人とのコミュニ
      ケーション,つまりよくご近所づきあいを
する人ほど認知症にかかりにくいことが判明。
      ご近所皆でできる認知症予防法を紹介。
            
              

▽明日 4月4日(土) 20:00~21:00 NHK教育

  ここが聞きたい!名医にQ「ロコモティブシンドローム」

     ・腰痛やひざの痛みなど体を動かす機能
      障害が原因で寝たきりや要介護状態と
      なるロコモティブシンドローム。新たに
判明したメカニズムや寝たきり予防に
      つながる効果的な対処法を専門医が紹介。
   
  

   
--------------------------------------------------------------

 

■学会のお知らせ

弊社日本スリービー・サイエンティフィックは只今
下記学会に出展中です。

実際に手にとって精度や感触をお確かめいただける
チャンスです。

★第61回 日本産科婦人科学会学術講演会

 日時:2009年4月3日(金)~5日(日)
  場所:国立京都国際会館    
     (京都市左京区宝ヶ池)

開発中の出産シミュレータ「SIMone」を
日本国内で初めて公開します。
他には女性骨盤モデルや胎児モデルなど
既存の人気製品も展示します。

 日本産科婦人科学会ホームページ
  http://www.jsog.or.jp/

皆様のお越しをお待ち申し上げております!

 

 
■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ,
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
社労士の先生のためになるお話や解剖学の先生のコラムが人気。
現在,約4000名の方々が読んでいるメールマガジンです。

ご登録は無料です http://www.3bs.jp/mailmag/index.htm
          (ページの左側中ほどに登録欄があります)

 

■編集部「よろず」ノート written by 英司

前回の記事から3週間たってしまったが,続き。
大規模農法は素晴らしく効率的だが,またそれとは別に,
面白い農法がある,そんな話だった。

さて,大規模農法にも弱点はある。
簡単に言うと打たれ弱い。

広大な面積で,単一種を育成するので,その種を好む
害虫や病気が発生すると全体に広がりやすい。

また,育てた作物が値下がりした場合も受ける影響は大きい。
値上がりした場合のリターンも大きいといえるわけで,
また,上記の問題への対策ももちろんあるわけなのだが,
(小規模でも周囲が同じ作物であれば条件が変らない分,
従来の小規模の方が不利なのは変らない)
こういった側面があるのは事実。

これら問題の解決を考えると,複数種の混生が一つの
解として出てくる。だが,例えば稲を何かと混生すると
稲刈りが非常に難しくなるので,なかなか難しいが,
林業においてはかなり発達してきている。

次週へ。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に