トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2009年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.880

■■■-----------------------------------------------------■■■
                      平成21年4月6日発行

■ニュースヘッドライン

▽着たままで医師が聴診できる聴診衣,学校の健診用に開発(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/OSK200904040001.html

▽アライグマが鳥インフルエンザに感染,H5N1型(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20090405-OYT8T00224.htm

▽NICU満床でたらい回し,背景に重度心身障害児の増加(産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/life/welfare/090406/wlf0904060806000-n1.htm

▽国際保健にかかわる日本人医師に求む条件とは(週刊医学界新聞)
http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA02825_03

 

--------------------------------------------------------------

 

■特集

「尿検査で食生活が不健康かどうかすぐわかる」

記事 written by 岩子

カナダ,トロント大学Logan博士の研究により,
尿中のカリウム量と食事内容との間には密接な
関わりがあることが判明した。

博士らは腎結石と診断された18~50歳の患者220人の
24時間蓄尿を検査,食事に関する質問表にも回答して
もらい,尿中のカリウムやナトリウム量と食事内容との
関係を調べたところ,尿中カリウム量が多い人は果物,
野菜,全粒穀物,低脂肪の乳製品など健康的な食事を
していた人が多く,カリウムの量が少ない人はファスト
フードや糖分が多く高カロリーの食品を多く摂取して
いる傾向が見られたとしている。

また,尿中カリウム量が多い人はBMIも低く,
拡張期血圧や心拍数も低いことが判明した。

この研究内容は米医学誌「Journal of Nutrition」
(栄養学)2009年4月号に掲載されている。

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっと一息・・・今日の商品

    哺乳類の腎臓,膀胱,尿管,尿道などの
     組織標本(プレパラート)です。10枚セット

    泌尿器系
     http://www.3bs.jp/prepa/human/w13415.htm

--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日 4月6日(月) 20:00~20:30 NHK教育

  福祉ネットワーク 子どもサポートネット(1)
   「相談できないのは なぜ?」

     ・子育て支援の相談窓口は増えているのに
      子育ての悩みを相談できない,話を聞いて
      ほしいけど言えない,といった親たちの訴えが
      多いのはなぜか?当事者の話を聞きながら
      本当に必要な支援とは何かを考えていく。
            
              

▽明日 4月7日(火) 19:00~21:48 テレビ朝日

  学べる!ニュースショー! 3時間スペシャル

     ・交通警察を密着取材し犯罪や事故から
      身を守る方法を学ぶ。トラック横転事故や
      渋滞中の玉突き事故をはじめ,女性隊員
      による覚醒剤取締り,鉄道警察隊による
      盗撮犯逮捕劇,生活安全特捜隊による
      違法DVD摘発まですべて紹介。
 

--------------------------------------------------------------

 

■学会のお知らせ

弊社日本スリービー・サイエンティフィックは
4月10日(金)から開催される下記学会に出展いたします。

実際に手にとって精度や感触をお確かめいただける
チャンスです。

★第106回 日本内科学会学術講演会

 日時:2009年4月10日(金)~12日(日)
  場所:東京国際フォーラム    
     (東京都千代田区丸の内3-5-1)

内臓や動脈硬化などの模型のほか,胸・腹部の
解剖ソフトなど人気製品を展示します。

 日本内科学会ホームページ
  http://www.naika.or.jp/

皆様のお越しをお待ち申し上げております!

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ,
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
社労士の先生のためになるお話や解剖学の先生のコラムが人気。
現在,約4000名の方々が読んでいるメールマガジンです。

ご登録は無料です http://www.3bs.jp/mailmag/index.htm
          (ページの左側中ほどに登録欄があります)

 

■編集部「よろず」ノート written by 岩子

新潟は車社会なので電車を使う機会は滅多にありませんが,
先日,東京駅から八王子や横浜に行くために,久々に子連れで
電車に乗りました。

私達の世代は基本的に子どもは電車では立っているものと
教え込まれていました。
ところが・・・

八王子,横浜へ行く二度が二度とも,「お子さんに席をどうぞ」と
年配の方が席を譲ろうとしたのです。
年配といっても多分60代くらいなので,決してお年寄りでは
ないのですが,どちらの方も「私はこの先の駅で降りますので」と
次の駅で下りるわけではないのに早々に席を譲ろうとしました。

一度は大丈夫ですと断ったものの,どうぞどうぞと言われたら
ムゲに断るのは角が立つので,好意に甘えさせていただきましたが,
今はこういう時代になったのでしょうか??

又,最近は逆にお年寄り扱いするなということで席を譲りにくく
なったとも聞きます。目上の方に席を譲るということでもいいと
思うのですが。

一方,席を譲られたうちの子は喜んで座り,トレインチャンネル
「ダーリンは外国人」を見て笑っていました(嘆)。
ま,私なりの意見もありますが,うちの子もあまり普通電車の
経験がないので,今回はよしとします。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に