トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2009年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.884

■■■-----------------------------------------------------■■■
                      平成21年4月10日発行

■ニュースヘッドライン

▽南米の水虫菌が日本上陸,柔道部中心に感染拡大の恐れ(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/OSK200904090084.html

▽第三者による初の医療紛争相談センター,千葉市で開所(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20090409-OYT8T00568.htm

▽大阪大病院でiPS研究センター設立,心臓治療など目指す(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/science/news/20090410k0000m040160000c.html

▽個人やエステでのほくろ取り施術でトラブル多発(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/TKY200904090222.html

 

--------------------------------------------------------------

 

■特集

「B型肝炎の慢性化に関わる遺伝子を特定」

記事 written by 英司

東大の研究チームは,B型肝炎が慢性化に,遺伝子型が
一つの要因として関わっていることを明らかにした。

B型肝炎には一過性と慢性があり,慢性の場合,B型肝炎
ウィルスに感染した肝細胞を免疫が攻撃し続け,肝炎が
長期化。肝硬変や肝臓がんを発症することがある。

今回,研究チームが日本の慢性感染者786名を調べた
ところ,白血球の持つ,HLA-DPA1とHLA-DPB1という
2つの遺伝子が慢性化しやすいかどうかに関わっている
ことが判明。これらの遺伝子の配列によっては,持続
感染のしやすさに最大で4.4倍の違いが見られた。

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっと一息・・・今日の商品

    肝臓の機能的単位/構造的単位を2つの異なる
     倍率で見ることができます。

    左側のモデルは複数の小葉の断面を示しており,
     重要な構造的/機能的単位を観察できます。
     右側のモデルは小葉をさらに拡大し内部構造の
     断面を示しています。

    立体像のイメージが難しい肝小葉の学習に最適です。

    肝臓の組織構造モデル
     http://www.3bs.jp/model/diges/k24.htm

--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日 4月10日(金) 19:00~19:35 NHK教育

  サイエンスZERO
   「がんの個性を探れ~がんワクチン 研究最前線~」

     ・がんは人により様々,その個性に応じた
      ワクチン療法が注目されている。和歌山
      県立医科大学や久留米医科大学など
      各大学によるワクチン研究最前線に迫る。
            
              

▽明日 4月11日(土) 21:30~22:00 NHK教育

  となりの子育て「“ママ友”はいますか?」

     ・調査では98%の母親がママ友は必要と
      考えているが,5人に1人が実際に悩みを
      相談できるママ友はいないと回答,又
      つきあいが大変などの悩みも。ママ友
      とのいいおつきあいについて考える。
     
 

--------------------------------------------------------------

 

■学会のお知らせ

弊社日本スリービー・サイエンティフィックは
只今下記学会に出展中です。

実際に手にとって精度や感触をお確かめいただける
チャンスです。

★第106回 日本内科学会学術講演会

 日時:2009年4月10日(金)~12日(日)
  場所:東京国際フォーラム    
     (東京都千代田区丸の内3-5-1)

内臓や動脈硬化などの模型のほか,胸・腹部の
解剖ソフトなど人気製品を展示します。

 日本内科学会ホームページ
  http://www.naika.or.jp/

皆様のお越しをお待ち申し上げております!

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ,
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
社労士の先生のためになるお話や解剖学の先生のコラムが人気。
現在,約4000名の方々が読んでいるメールマガジンです。

ご登録は無料です http://www.3bs.jp/mailmag/index.htm
          (ページの左側中ほどに登録欄があります)

 

■編集部「よろず」ノート written by 英司

作物のリスクヘッジの方法として,別種との混生がある
という話の続き。
林業において行われる混生の方法として,アグロフォレストリー
というものがある。

通常,果樹園といえば同じ果樹が整然と植えられているが,
アグロフォレストリーでは,複数の種類の果樹が
一つの農園に植えられる。
複数の果樹がモザイクに植えられることになるので,
収穫の効率は悪い。

また,一つの種の収穫量も減るわけなので,収益の効率
性も良いとは言えない。

ただし,一つの病気,害虫に農林全てが被害を受けることは
なくなる。

また,一つの農林で複数の収穫時期をもつことになるため,
作業量,収益時期の分散化が可能となる。
まさに安定性の強さが魅力だ。

そして,生物的な魅力がさらにここに加わる。では次号へ。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に