トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2009年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.899

■■■-----------------------------------------------------■■■
                      平成21年5月15日発行

■ニュースヘッドライン

▽家族に喫煙者いると子どもが虫歯になりやすい,岡山大調査(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/OSK200905140106.html

▽新型インフル感染症指定病院の16%が医師1人のみで不足(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20090515-OYT8T00219.htm

▽新型インフル,休校の範囲は市町村や近隣までとする方針(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/science/news/20090515k0000m010162000c.html

▽咽頭がんを考える,喫煙と酒の生活習慣や自覚症状など(産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/life/body/090515/bdy0905150810002-n1.htm

 

--------------------------------------------------------------

 <お知らせ !!>
 
  骨ナビ 2.0 ~CGで見る骨の辞書~「学生版」は,
  2009年5月末までの販売となります。

 骨ナビの内容についてはこちらをご覧下さい。
  http://www.3bs.jp/pcsoft/w39605.htm
 
--------------------------------------------------------------

 

■特集

「ローズマリーが内臓脂肪を抑制」

記事 written by 英司

ローズマリーに含まれる化合物,カルノシン酸に内臓脂肪
の増加を抑制する作用を持つことが,岩手大学,岩手医科大学,
長瀬産業の共同研究で明らかになった。
遺伝的に肥満となるマウスを使い実験したところ,カルノシン酸
を含む餌を食べていたマウスの脂肪蓄積が,通常の餌を食べた
マウスの6割にまで抑制された。
カルノシン酸がグルタチオンの生成を促進し,これが脂肪
細胞の働きを抑制していることで,脂肪増加が抑えられている。

長瀬産業では,ローズマリーのカルノシン酸がALSの予防に働く
ことなどを報告しており,カルノシン酸が今後,医薬・健康分野
の製品開発にいかされてくるかも知れない。

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっとツボを押さえよう 「プライマリケア」

  プライマリ・ケア医に尋ねた「最も苦手でキライな科」
   常にトップクラスの「神経内科」。

  神経内科が医師の間で苦手と受け取られる理由,
   背景を分析し,頭痛や発熱などの具体例を用い,
   苦手克服の道をわかりやすく解説します。

  できれば,見て見ぬふりをしてやりすごしたい
   神経変性疾患,筋萎縮性側索硬化症なども,
   安心して診断できるようになるでしょう。

  マッシー池田の神経内科快刀乱麻!(下巻)
   http://www.3bs.jp/soft/primal/w65064.htm
    
--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日 5月15日(金) 19:00~19:35 NHK教育

  サイエンスZERO「骨粗しょう症 その正体に迫る」
   
     ・大阪大で破骨細胞の動きを可視化する
      ことに世界初成功。東大ではエストロゲンと
      破骨細胞が結合すると自ら死を引き起こす
      ことを突き止めた。骨の代謝メカニズムと
      骨粗しょう症治療法最前線に迫る。
     
            
              

▽明日 5月16日(土) 20:00~21:00 NHK教育

  ここが聞きたい!名医にQ「大腸がん」
   
     ・日本で大腸がんにかかる人は,男性で2位,
      女性では1位。ここ20年ほどで約4倍に急増。
      大腸がんの内視鏡・手術・抗がん剤という
      治療法について3人の医師が模型などを
      使ってわかりやすく解説する。

 

--------------------------------------------------------------

 

■学会のお知らせ

弊社日本スリービー・サイエンティフィックは只今,
下記学会に出展中です。

実際に手にとって精度や感触をお確かめいただける
チャンスです。

★第110回 日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会

 日時:2009年5月14日(木)~16日(土)
  場所:東京都・ザ・プリンス パークタワー東京    
     (東京都港区芝公園4-8-1)

平衡聴覚器,副鼻腔,喉頭模型の人気製品や
頭頚部の解剖ソフトを展示します。

 日本耳鼻咽喉科学会ホームページ
  http://www.jibika.or.jp/

皆様のお越しをお待ち申し上げております!

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ,
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
解剖学の先生のコラムが特に人気。
現在,約4000名の方々が読んでいるメールマガジンです。

ご登録は無料です http://www.3bs.jp/mailmag/index.htm
          (ページの左側中ほどに登録欄があります)

 

■編集部「よろず」ノート written by 英司

「エステのマッサージってやっぱりすごい。
受けると本当に細くなる」
なんて話を聞いて,

あぁ~,また被害者がここにも・・・
と,心の中でつぶやく。

ダイエットの報道を見聞きすると,なんとも胡散臭い,
明らかにおかしい話が平気で飛び交っており,辟易する
こともある。
そんな中で,目の前で本当に細くなっている現実を
見せられたら信じて当然だろう。

マッサージの前後で採寸されると,後のほうが細い値
がでる。これは,本当に細くなっているので嘘ではない。

ただしこれは,脚をマッサージすれば,誰でもできる。
自分でも簡単に可能だ。

こつは,下から上に向かってマッサージすること。
揉みあげてもいいし,強くなでるようにやっても出来る。

出来れば,仕事などを終えた夜などがおすすめ。

マッサージを嫌がる人もそういないだろうから,
ついでに,擬似ダイエット体験で驚かせてみても
良いかもしれない。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に