トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2009年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.909

■■■-----------------------------------------------------■■■
                      平成21年5月29日発行

■ニュースヘッドライン

▽新型インフルエンザ感染者339人のうち287人が回復(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/science/news/20090529ddm041040144000c.html

▽無届有料老人ホーム全国446ヶ所,70ヶ所が処遇不適切(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/TKY200905280095.html

▽原爆症新たに9人認定,この判決を機に認定基準再検討へ(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20090528-OYT8T00632.htm

▽不況下の少子化対策と現実とのギャップ,育休切りなど(産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/life/welfare/090529/wlf0905290841000-n1.htm

 

--------------------------------------------------------------

 <お知らせ !!>
 
  骨ナビ 2.0 ~CGで見る骨の辞書~「学生版」は,
  2009年5月末までの販売となります。

 骨ナビの内容についてはこちらをご覧下さい。
  http://www.3bs.jp/pcsoft/w39605.htm

--------------------------------------------------------------

 

■特集

「逃避行動を脊髄が選択」

記事 written by 英司

生理学研究所はゼブラフィッシュを使った研究で,
逃避行動の選択に脊髄が関わっていることを発見した。

突然襲われるなどして逃避行動が起こる場合,脳の
中では,"左に逃げる"と"右に逃げる"という相反する
指令,両方が出てしまうことがしばしば起こる。
この時,双方の指令にあるわずか0.002秒以下の時間差
を脊髄の神経回路が感知,後から来たほうの命令を
無視するように働いている。
これにより,突然の事態で脳が的確に判断できず左右
両方の指令を出しても,脊髄で片方を選択することで,
回避行動を実行できている。
今回のことから,脳が全ての判断をしているように
考えられてきたが,脊髄が選択を下していることも
多いかもしれないと,している。

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっと一息・・・今日の商品

  脊髄の構造が良くわかる5倍大サイズのモデルです。
   外側から順に,脊髄硬膜,脊髄クモ膜,クモ膜下腔,
   脊髄軟膜,脊髄の白質,灰白質を再現しており,
   それぞれの断面も明示しています。

  モデルの台座には,頚部,胸部,腰部と仙骨部の
   脊髄断面が模写されており,各断面を容易に
   比較できます。

  脊髄と脊髄神経根モデル
   http://www.3bs.jp/model/brain/c41.htm
    
--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日 5月29日(金) 22:00~22:45 NHK総合

  金曜ドラマツレがうつになりまして。(1)
   <新><全3回>「突然の発病」
   
     ・ベストセラーのコミックエッセイを
     原作に,うつ病に立ち向かう夫婦を
     ユーモア交えて描くドラマの第1回。
     ある日突然,あなたの大事な人が別人の
     ようになってしまったらどうしますか?
     
            
              
▽明日 5月30日(土) 20:00~21:00 NHK教育

  ここが聞きたい!名医にQ
   「アンコール脳卒中」
   
     ・脳卒中について2回の放送をまとめた
      アンコール版。危険な前ぶれ症状の
      見分け方や,いざという時の対処法など
      薬物療法・外科手術・リハビリの各
      専門医が模型などを使って解説。   

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ,
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
解剖学の先生のコラムが特に人気。
現在,約4000名の方々が読んでいるメールマガジンです。

ご登録は無料です http://www.3bs.jp/mailmag/index.htm
          (ページの左側中ほどに登録欄があります)

 

■編集部「よろず」ノート written by 英司

貸そうかな,まああてにするなひどすぎる借金

懐かしい響きである。

さてさて,話はガラリと変わって,以前エステの
マッサージについて書いたがまた美容のお話。

金を使ったマッサージや健康療法があるようで。

金箔を利用した美容マッサージなるものでは,
金箔を顔に乗せてマッサージをしていくと,なんとも
不思議なことに見る見る金が消えていく。
これは金が皮膚に刷り込まれたんですよ,これで
皮膚に活力が・・・

ん~~~。

金箔の厚みは0.0001ミリ。1ミクロンを下回る,紙と比べ物
にならない薄さ。これが皮脂などと混ざり固まりになって
しまえばもはや金を確認することはできない。

そして
貸そうかな,まああてにするなひどすぎる借金

これはなつかしのイオン化傾向。
カリウム>カルシウム>ナトリウム>マグネシウム>アルミニウム>
亜鉛>鉄>ニッケル>スズ>鉛>水素 (H2)>銅>水銀>銀>白金>金

金はまずイオンにならない。
金が取り込まれるはずは無いわけで・・・

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に