トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2009年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.916

■■■-----------------------------------------------------■■■
                      平成21年6月9日発行

■ニュースヘッドライン

▽阪大微研が香川に新型インフルワクチン大量製造拠点(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/OSK200906090015.html

▽仕事のストレスで精神疾患に,労災認定者3年連続過去最悪(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/science/news/20090609k0000m040132000c.html

▽研修医が学びたい,心で感じる地域医療エッセンス(週刊医学界新聞)
http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA02833_01

▽新説,豊臣秀吉の死因はかっけ?日本病跡学会で発表へ(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/science/news/20090609k0000m040102000c.html

 

--------------------------------------------------------------

 

■特集

「新型インフルエンザに二次感染した医療従事者には休業補償」

記事 written by 微

新型インフルエンザの発生がまだ続いているが,医療従事者が
二次感染した場合,休業補償を出すことを政府が決めた。財源
は総額1兆円の「地域活性化・経済危機対策臨時交付金」。こ
の交付金の使用目的の「安全・安心確保等」に該当すると解釈
する。

現在医療従事者の二次感染は確認されていないが,国の新方針
で患者が急増した地域の場合,発熱外来だけでなく一般の医療
機関でも患者を受け入れられるようになり,医療従事者の二次
感染の危険が増している。今秋以降希望する自治体を通じて,
交付する予定という。

またこの交付金は,発熱外来の非常勤医師らの人件費や,発熱
相談センターの電話回線費用などでも使用を認めるという柔軟
な対応を行う。

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっと一息・・・今日の商品

  ヨーロッパで使用されている,元素のイラスト付き
   元素周期表です。「元素周期表」を意味する
   タイトルが4言語で表記されています。

  元素周期表,物質イラスト付き
   http://www.3bs.jp/physics/atom/u19705.htm
    
--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日 6月9日(火) 23:30~23:55 NHK教育

  あしたをつかめ~平成若者仕事図鑑
   「私はあきらめない~救命救急医~」
   
     ・奈良県立医科大学・高度救命救急
      センターにて日勤,当直をこなし,応急
      処置からオペまで担当,わずかな遅れが
      死を招くギリギリの現場で必死に命を
      救おうとするある若手医師に密着。
     
            
              
▽明日 6月10日(水) 20:00~20:45 NHK総合

  ためしてガッテン
   「脳いきいきダイエット 超らくジョギング革命!」
   
     ・1年で12キロのダイエット効果あり,
      血圧や血糖値も下がり,脳の体積が
      増えてボケ防止にもつながるという
      「超らくジョギング」。息が切れずに
      長続きしやすいその秘訣は?  

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ,
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
解剖学の先生のコラムが特に人気。
現在,約4000名の方々が読んでいるメールマガジンです。

ご登録は無料です http://www.3bs.jp/mailmag/index.htm
          (ページの左側中ほどに登録欄があります)

 

■編集部「よろず」ノート 勝手に物理講座

   -ブラウン運動- written by 微

今回は少し戻ってブラウン運動について取り上げたいと思いま
す。なぜブラウン運動の実験が原子・分子の実在を証明したこ
とになるのか見てみましょう。

ブラウン運動とはご存知のとおり,1828年植物学者のロバート・
ブラウンが発見した,水面に浮かんだ花粉から出た微粒子が,
まるで生きているかのように不規則に運動し続けるというもの
です。

前回・前々回にボルツマンを悩ませた分子・原子の実在は,
1909年ペランの詳細なブラウン運動の実験で1905年に発表され
たブラウン運動に関するアインシュタイン(相対性理論のひと
です)の関係式が実証されたことにより,間違いのないものと
認められるようになりました。

アインシュタインの関係式は,ブラウン運動の原因を(水中の)
水分子の熱運動によるランダムな衝突によるものとして,理論
を展開し求められています。つまり粒子が小さい為周りの水分
子から受ける圧力が均一でなく,平均からずれていることによ
るとしています。これをゆらぎといいます。この関係式は単純
な形をしていますが,動的な熱的ゆらぎの世界が静的な係数
(温度やアボガドロ数,粘性など)で記述されるという,とて
も独創的な結果です。

これを確認する実験には,ブラウン運動を行う微粒子の直径を
揃えなくてはならず(移動距離が粒子の直径に依存する為),
この方法が見つからずアインシュタインの論文発表からペラン
による確定的な実験まで時間が空いています。ペランは樹脂を
水で薄め,遠心分離にかけるという方法で,ほぼ均一な微粒子
を作り出すことに成功し実験を行いました。

この均一な粒子を水中にいれ,一定時間毎に微粒子の位置を追
いかけていきました。するとアインシュタインの関係式のとお
り,移動距離の平均が時間と温度のそれぞれの平方根に比例す
ることが確認され,この実験データから関係式を使って求めら
れたアボガドロ数が,他の方法から求められたものとよく一致
しました。

この結果,分子の実在を証明したものとして広く認知されてい
ます。

今では小学生でも原子を知っていますし,素粒子であるクォー
クという名前を知っている子もいます。また原子を見ることさ
えも可能となっています。しかし高々100年前には目に見えな
かった原子・分子の実在を証明するために非常に苦労をしてい
ました。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に