トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2009年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.923

■■■-----------------------------------------------------■■■
                      平成21年6月18日発行

■ニュースヘッドライン

▽かゆい,南京虫被害が急増,殺虫剤で駆除できないものも(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/TKY200906170357.html

▽光触媒でウィルス対策,NEDOが新千歳空港で大規模実験(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/science/news/20090618k0000m040134000c.html

▽石綿大量吸収か,胸膜肥厚斑の症状が周辺住民の16%に(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/science/news/20090618k0000m040136000c.html

▽HIV感染者,発症者数が過去最多更新,50代の増加目立つ(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/science/news/20090618k0000m040104000c.html

 

--------------------------------------------------------------

 

■特集

「救急車 呼ぶべき時に呼んでいますか? 」

記事 written by オリ

2007年の救急車の出動率は529万3400件。
これは10年前と比較して1.5倍に増加しています。
しかしその半分に当たる54%の人は,軽症・軽傷。
救急車を呼ぶ必要はなくても気軽に救急要請をする人が
増えています。この状態が続けば,本当に必要な人を
搬送できなくなる可能性も出ています。

逆に呼ぶべき人が躊躇して呼ばない人が多い事も分かりました。
心筋梗塞や脳疾患の兆候として「上半身に今までにない
痛みなどの違和感を覚えた」「物が2重に見えたり,
ろれつが回らない」などという症状が出た場合は,一刻も
早く救急車を呼ぶ必要があります。

それにも関わらず救急車を呼ぶことをためらう人が多いのです。
厚生労働省が行った調査によると,上記のような場合で119番を
すると答えた人は平日に日中では12%。夜間や休日で28%と
かなり低いことが分かりました。

心臓や脳の疾患の場合は初期治療がのちの救命率に
大きく関わります。
必要な場合は迷わず119番を!

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっと一息・・・今日の商品

  乳児・幼児を想定した心肺蘇生法の練習ができます。    

  使い捨てエアウェイ・肺・フェイスシールド一体型
   モジュールの採用により,クリーニングや消毒,
   分解などの面倒な手入れが必要のない手軽で
   低価格なCPRマネキンです。

  ベビー心肺蘇生法マネキン
   http://www.3bs.jp/med/cpr/w44570.htm
    
--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日 6月18日(木) 22:25~22:50 NHK教育

  知る楽 仕事学のすすめ 
   柳井正 わがドラッカー流経営論 第3回
   
     ・ドラッカーが作った言葉,知識労働者。
      顧客のニーズは店舗ごとに違い,柔軟な
      対応ができるのは店長しかいない,という
      考えで,店長に多くの権限と責任を与える
      柳井さんの経営論を聞く。
     
            
              
▽明日 6月19日(金) 19:35~20:00 NHK教育

  あしたをつかめ~平成若者仕事図鑑
   「体の声を聴け~臨床検査技師~」
   
     ・新型インフルエンザ遺伝子検査を
      医師と手分けして行うこともある臨床
      検査技師。平川さんは心臓の動きを
      検査する技術を磨いている。患者の
      診療を陰で支える姿を通して医療に
      携わる仕事のやりがいを伝える。

 

■学会展示のお知らせ

弊社日本スリービー・サイエンティフィックは今週末
6月20日(土)から開催される下記学会に出展いたします。

実際に手にとって精度や感触をお確かめいただける
チャンスです。

★第27回 日本顎咬合学会学術大会

 日時:2009年6月20日(土)~21日(日)
  場所:東京国際フォーラム 地下2F展示ホール ブースNo.49
     (東京都千代田区丸の内3-5-1)

今回は頭蓋骨模型や顎模型の他に頭頚部解剖ソフトの新製品
「3D ヘッド&ネックアナトミー, 歯科版」を展示します。
豊富な3D動画を含む充実のコンテンツは必見です。

日本顎咬合学会ホームページ
  http://www.ago.ac/

皆様のお越しをお待ち申し上げております!

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ,
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
解剖学の先生のコラムが特に人気。
現在,約4000名の方々が読んでいるメールマガジンです。

ご登録は無料です http://www.3bs.jp/mailmag/index.htm
          (ページの左側中ほどに登録欄があります)

 

■編集部「よろず」ノート written by オリ

年を取ったと感じた悲しい瞬間 その2

ローストンカツ定食を食べていて
最後の1切れが食べられなかったとき。

・・・。
カゼを引いていて体調が悪かったせいだと思いたい・・・。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に