トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2009年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.953

■■■-----------------------------------------------------■■■
                      平成21年7月31日発行

■ニュースヘッドライン

▽インスリン分泌を促すたんぱく質Epac2発見,神戸大教授他(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20090731-OYT8T00260.htm

▽介護保険利用者過去最多更新,451万人,6兆7千億円超(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/TKY200907300427.html

▽女性医師が働きやすい職場を作る,厚労省研究班パンフ作成(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20090730-OYT8T00503.htm

▽日焼けマシンの発がんリスク,危険度最高レベルに引き上げ(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/TKY200907300398.html

--------------------------------------------------------------

 

■特集

「幹細胞由来のバイオペースメーカー」

記事 written by 英司

現在ペースメーカーが用いられる心臓の伝導障害を
幹細胞を利用することで治療できる可能性が示された。

この研究ではマウスの褐色脂肪細胞由来の幹細胞から
拍動細胞を培養し,房室ブロックにより心拍数が減少
したマウスに注入。その結果,注入したマウス群
にのみ完全,もしくは部分的な回復が認められた。

ペースメーカーは機能の回復には至らず,また電池
の交換などが必要だが,今回示された方法なら,
このような問題点がクリアーできる。
この内容は米国心臓協会の年次集会で発表された。

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっと一息・・・今日の商品

  VAMFITは誰でも簡単に「経絡系統」の診断と治療が
   できるようになる画期的な鍼治療システムです。
  
   習得に何年もかかるという脈診に自信がない人や
   初心者でも主訴に関連する変動経絡(異常経絡)を
   的確に検索でき,高い治療効果が得られます。

  変動経絡治療システム VAMFIT DVD
   http://www.3bs.jp/soft/acupuncture/w65314.htm
    
--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日 7月31日(金) 19:00~19:35 NHK教育

  サイエンスZERO ZEROスペシャル
    シリーズ ヒトの謎に迫る(10)
   
     ・ヒトは栄養効率のよい肉食を始めて
      脳が巨大化したといい,この巨大な脳で
      知恵を身につけ生き残ってきたという。
      ヒトの一見,合理的でないような行動を
      脳内メカニズムから解明する試みなど
      脳の不思議にせまる。
        
     
            
              
▽明日 8月1日(土) 20:00~21:00 NHK教育

  ここが聞きたい!名医にQ「ひざの痛み」
   
     ・中高年に起きやすい変形性ひざ
      関節症。運動療法,薬物療法,
      手術の各分野の専門家がこうした
      ひざの痛みの対処法について詳しく
      解説する。

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ,
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
解剖学の先生のコラムが特に人気。
現在,約4000名の方々が読んでいるメールマガジンです。

ご登録は無料です http://www.3bs.jp/mailmag/index.htm
          (ページの左側中ほどに登録欄があります)

 

■編集部「よろず」ノート written by 英司

さて,前回の続き。前回は,
DNAの末端(テロメア)は複製を繰り返すごとに短くなり,
これが細胞分裂の回数を制限している一つの要因
と言うお話。

抗酸化などを駆使し,DNAの損傷をどれほど食い止めて
若々しく保っていても,この寿命は避けられないと言う
ことになる。

これを何とかできないのかと,
何とかできたりする。

短くなるテロメアを伸張してくれる酵素,テロメラーゼ
がある。この酵素は短くなったテロメアを長くもどして
くれる。さらに,最も短いものから優先的に長くする。

ある種単細胞の生物ではこのテロメラーゼが発現して
いるが,残念ながら人間の体細胞では発現していない。

基本的には生殖細胞で働いている。

不老長寿を願うなら,体細胞でも働いてくれれば・・
となるのだが,ここで話は先週の冒頭に帰る。

このテロメラーゼが活発に発現しているのが癌細胞。

癌細胞はまさに夢のアンチエイジングを手にした
細胞群なわけだ。

癌は細胞レベルで夢を手に入れたのかもしれない。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に