トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2009年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.958

■■■-----------------------------------------------------■■■
                      平成21年8月7日発行

■ニュースヘッドライン

▽夏休み,若者が集まる行事で新型インフル広がる(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/TKY200908050305.html

▽エイズ感染者の4人に1人が離職経験,1割が不当解雇(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20090806-OYT8T00577.htm

▽静かすぎるハイブリッド車に人工音,視覚障害者に体験会(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/kaigo_news/20090806-OYT8T00313.htm

▽経産省が医療観光を後押し,実証調査を秋にも開始へ(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/science/news/20090807ddm008020098000c.html

 

--------------------------------------------------------------

▼ 来週は,メルマガをお休みさせていただきます ▼

 来週,8月10日(月)から8月14日(金)まで,
  日刊メルマガの配信はお休みさせていただきます。

 メルマガに対するお問合せ,登録,解除もこの間はお休みと
  なりますので,ご了承ください。

--------------------------------------------------------------

 

■特集

「伝達物質の研究で昆虫の学習能力が明らかに」

記事 written by 英司

昆虫ははしご状神経系をもち,脳が非常に小さく,
反射と本能で行動していると考えられてきた。
これは,ある外部刺激を受けると生まれつき有している
行動が行われることを意味する。

いままでも神経伝達物質の放出と記憶能力の存在は
確かめられてきたが,これが本能行動に影響を与える
とは考えられてこなかった。
しかし,北海道大学の研究から昆虫にも学習能力が
ありこれが行動に影響を与えることが示された。
実験では臭いをかがせた後水を飲ませることを記憶させ,
臭いを嗅ぐと水に集まるコオロギを作成。このコオロギの
伝達物質オクトパミンを阻害すると臭いに集まらなくなった。
逆に臭いを嫌うように育てたコオロギのドーパミンを阻害
すると,臭いを嫌わなくなった。

この内容はBMC Biologyに掲載されている。

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっと一息・・・今日の商品

  神経細胞の構造を理解できます。
   取り外し可能な半透明カバーの下にさまざまな小体を
   含む典型的な神経細胞体を見る事ができます。
   左下には,他の神経細胞との接点であるシナプスも
   描かれています。

  神経細胞
   http://www.3bs.jp/model/brain/c40_1.htm
    
--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日 8月7日(金) 19:30~20:45 NHK総合

  ノーモア・ヒバクシャ
   ~核兵器のない世界を目指して~
   
     ・核兵器廃絶に向けて世界は歴史的な
      転換点を迎えている。人類に初めて核
      兵器が投下された広島をはじめ,各地を
      中継で結び,核兵器廃絶のメッセージを
      世界に向けて発信する。
        
     
              
▽明日 8月8日(土) 21:30~22:00 NHK教育

  となりの子育て
   「育てよう!子どもが人前で話す力」
   
     ・国際化が進む中,人前で自分の考えを
      堂々と話す力"人前力"が子どもたちに必要
      とされている。だが実際は発表ではうまく言葉
      にできないなど課題も多い。子どもの積極性,
      論理性を伸ばす会話術やそれを実践する効
      果的なタイミングなど具体的な方法を紹介。
          

 ※お盆期間中のおすすめテレビ番組

 毎週日曜日,TBS系朝7:00~7:30に
  「週刊!健康カレンダー カラダのキモチ」が
  放映されています。
  この番組で弊社の模型も何度か登場しましたが,
  今回も耳模型E10の出演が決まりました。
  お盆期間中ではありますが,是非ご覧下さい。

 放映日は8月16日(日) TBS 朝7:00~7:30 です。

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ,
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
解剖学の先生のコラムが特に人気。
現在,約4000名の方々が読んでいるメールマガジンです。

ご登録は無料です http://www.3bs.jp/mailmag/index.htm
          (ページの左側中ほどに登録欄があります)

 

■編集部「よろず」ノート written by 英司

朝食を食べない家庭の子供は,食べる子供よりも成績が低い
傾向にある。

このような報告から,朝食が大事なんだということが証明
されたかのように言われたのだが,どうだろう?

朝食を欠かさず取る,ということは家庭での管理が
行き届いていることも意味する。朝に十分な時間がある
ことでもあるので,生活リズムも悪くないし,計画性も
高いのかもしれない。

朝食以外の要因を取り除いていないので,統計として
確実なものにならないのだ。

数字や調査結果は一見科学的で真実のように見えるが,
その背景を明らかにしないと作り話と変らない。

小泉政権は格差社会を生んだ

あの時期に格差は最高点に達したので一点の情報だけ
ではそう見える。

しかし,実はそのずっと前から格差の広がりは始まっており,
小泉政権の途中から格差の広がりが止まっているのが事実。
格差の広がりをとめた可能性すらあるわけだ。

ただ,朝食を無意味だとも言わないし,特定の政党を支持
するわけでもない。
そうだと確定する情報も,私も持ち合わせていないので。

科学的な話題を,想像しやすいテーマで,分かりやすく
を意識して毎週連載を書いてきましが,数ヶ月
お休みをいただくことになりました。

少なくとも11月まではお休みいたします。

それではまたの機会まで。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に