トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2009年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.965

■■■-----------------------------------------------------■■■
                      平成21年8月25日発行

■ニュースヘッドライン

▽新型インフル水際対策,感染者7割の侵入防げず効果なし(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/science/news/20090825k0000m040105000c.html

▽開業医の質を問う,初期治療を担う能力認定制度創設へ(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/TKY200908240137.html

▽足場細胞や培養液がいらない,無重力でES細胞培養に成功(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/science/news/20090825k0000m040039000c.html

▽慈恵医大,磁性ナノ粒子でがん細胞集中攻撃する手法開発(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20090824-OYT8T00609.htm

 

--------------------------------------------------------------

 <お知らせ!> 2009年度版物理カタログが完成しました。

 物理実験器具,約900品目が掲載された物理カタログが
  出来上がりました。
  ご希望の方は,カタログ請求ページからお願いいたします。
              ↓
  http://www.3bs.jp/forms/cat_ques.html

--------------------------------------------------------------

 

■特集

「かかりつけ医にはうつの診断能力を求める」

記事 written by 微

病院検索サイトを運営する「QLife(キューライフ)」が,
全国の上場企業に勤務する30-50歳代の300人を対象に,か
かりつけ医に求めるうつ病の診断や診療能力などを調べた。

その結果では,"「治療」はできなくても,適確に「診断」
できる"が30.0%,"軽い「うつ病」ならば,適確に「治療」
できる"が 26.0%,"重い「うつ病」でも,適確に「治療」
できる"が10.3%で,診断・診療能力を要求する人は合計で
全体の66.3%だった。"「うつ病」に関する診療能力は求め
ない"は8.7%だった。

これより上場企業に勤めている人の多くは,かかりつけ医に
少なくともうつ病の診断能力を求めていることが分かる。

またうつ病を相談する医師に求める条件は,「よく聞いて
くれる」が37%と最も高く,「親身になってくれる」18%,
「話しやすい」「時間の制約がない」12%と続いた。

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっとツボを押さえよう 「プライマリケア」

  「整形外科」では腰痛,骨粗しょう症などの診療の
   コツや患者さんとのコミュニケーション技術を,
   「心療内科」では急増する心の病を持つ患者さん
   への対応の仕方をはじめ,うつ病の診断基準,
   仮面うつ病からうつ病の治療まで幅広く学べます。

  ジェネラリストのための他科診療エッセンス
   Q&A 2 -整形外科・心療内科-
   http://www.3bs.jp/soft/primal/w65104.htm
    
--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日 8月25日(火) 20:00~20:54 テレビ朝日

  最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学
  
     ・神業と絶賛されるテクニックを駆使,
      血管を若返らせる名医。指の感覚を
      頼りにワイヤーを入れ動脈硬化を治す
      神業の全貌や,深夜2時半過ぎまでの
      壮絶な不眠不休の治療現場に密着。
        
     
              
▽明日 8月26日(水) 20:00~20:30 NHK教育

  ハートをつなごう「摂食障害」(1)
  
     ・拒食や過食,食べては吐くことを繰り
      返す過食嘔吐など,摂食障害に陥るのは
      なぜか,どうずれば回復できるのか。
      10年来の食べ吐きに苦しむ女性を取材,
      摂食障害の悩みの本質にせまる。
     
         

■学会のお知らせ

弊社日本スリービー・サイエンティフィックは只今下記学会に出展中です。

★日本科学教育学会第33回年会

 日時:2009年8月25日(火)~26日(水)
  場所:同志社女子大学今出川キャンパス
     (京都市上京区)

弊社で人気の高いブラウン管オシロスコープ実験器や,気体の
分子運動をモデル化した平面滑走台の実演を行います。光学分
野では磁石付き光学部品を使いホワイトボード上での幾何光学
実験を可能とした,レーザー光学実験セットを紹介します。又
各種実験装置の写真パネルも展示いたします。

日本科学教育学会第33回年会ホームページ
http://certcms.shinshu-u.ac.jp/jsseam/modules/note2/index.php?id=1

皆様のお越しをお待ち申し上げております!

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ,
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
解剖学の先生のコラムが特に人気。
現在,約4000名の方々が読んでいるメールマガジンです。

ご登録は無料です http://www.3bs.jp/mailmag/index.htm
          (ページの左側中ほどに登録欄があります)

 

■編集部「よろず」ノート written by 微

子供が魔方陣にはまっています。魔方陣とはご存知のように,
縦横斜めのそれぞれの合計が等しくなるように整数を埋めた表
ですが,これの作り方を本で読んできて,色々な大きさの魔方
陣を作って喜んでいます。

3×3の大きさだと「憎し(294)と思う七五三(753),六一八
(618)も15なりけり」などと覚えたものですが,それ以上と
なると列の合計数も大きくなり検算するのも大変です。しかし
子供は,表計算ソフトで升目を作ってあげると,より大きな魔
方陣の作成に取り掛かっています。

ここで面白いのは,作った魔方陣をまるで中世の人のように,
お守りとして自分が持ち歩くかばんに入れていることです。魔
方陣を神秘的に感じているのかもしれませんが,子供のかばん
の中にはDSと一緒に魔方陣が入っています。それはそれでミス
マッチですが,子供らしい取り合わせだと思っています。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に