トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2009年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.998

■■■-----------------------------------------------------■■■
                      平成21年10月15日発行

■ニュースヘッドライン

▽お肌のトラブルにLED,導入の医療機関増加(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/OSK200910140147.html

▽新型インフルで4歳児死亡,最年少(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/TKY200910140252.html

▽厚労省,低所得者層救済に障害者サービス無料化の方針(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/kyousei_news/20091014-OYT8T00757.htm

▽統合失調症発症要因の一つが判明,細胞増殖遺伝子欠如で(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/science/news/20091014k0000e040053000c.html

 

-------------------------------------------------------------

 

■特集

「女性が不妊になる化学療法のメカニズム判明」

記事 written by 岩子

化学療法は卵巣の卵細胞に影響を及ぼすため,例えば
癌の治療により女性患者が卵巣機能障害や不妊症になる
ことが多い。

イタリア,ローマ大学生物学部のStefania Gonfloni氏らの
研究で,化学療法により女性の受胎能を奪うメカニズムが
解明された。
卵巣癌治療には主にシスプラチンという薬が用いられるが,
これがc-Abl酵素によって卵母細胞または胚細胞の死を
促進することを突き止めたのだ。

又,イマチニブという抗癌薬を使い,この酵素を標的と
すれば,卵母細胞をシスプラチンの悪影響から保護できる
可能性も示された。
ただし,今後はこのイマチニブが化学療法の治療効果を
妨げずに,卵巣毒性予防に使用できることを具体的な
データで示す必要がある。

研究結果は9月27日に医学誌「Nature Medicine」
オンライン版に掲載された。

癌治療を受ける女性の受胎保護への道のりはまだ遠い。

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっと一息・・・今日の商品
  
   哺乳類の卵巣の卵胞と黄体,副腎,膵臓の
   ランゲルハンス島,甲状腺,下垂体など
   内分泌器官の組織標本です。
      
   生物教育用プレパラートセット
セットNo.4~内分泌器官とホルモンの機能
   http://www.3bs.jp/prepa/bio/w13403.htm
    
--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日 10月15日(木) 19:00~19:40 NHK教育

  地球ドラマチック
   「メガファウナ~巨大動物 繁栄と絶滅の歴史~」

      ・恐竜が絶滅した後の地球を支配した
       巨大なは虫類や鳥類,ほ乳類の総称,
       メガファウナは約5万年前に突如姿を
       消した。人類の祖先とメガファウナの
       関わりをドラマで再現,絶滅の謎を探る。
     
          
    
▽明日 10月16日(金) 20:00~20:45 NHK総合

  もしも明日・・・「親の介護が必要になったら」

      ・ドラマと生活情報番組を融合させて
       答える番組。体の疲れ,経済的な負担,
       仕事との両立や家族関係の悪化など,
       突然始まる先の見えない介護の日々に
       やりがいと希望は見出せるのか?

 

--------------------------------------------------------------

 

■学会のお知らせ

弊社日本スリービー・サイエンティフィックは只今
下記学会に出展中です。

実際に手にとって精度や感触をお確かめいただける
チャンスです。

★社団法人日本脳神経外科学会第68回学術総会

 日時:2009年10月14日(水)~16日(金)
  場所:京王プラザホテル    
     (東京都新宿区西新宿2-2-1)

脳や頭部などの模型のほか,頭頚部の
解剖ソフトなど人気製品を展示します。

 日本脳神経外科学会ホームページ
  http://jns.umin.ac.jp/

 

又,来週10月21日(水)から開催される下記学会にも
出展いたします。

★全日本科学機器展 in 大阪2009

 日時:2009年10月21日(水)~23日(金)
  場所:インテックス大阪4・5号館   
     [大阪市住之江区南港北1-5-102]
  ブース番号:4-89

オシロスコープ実験器やレーザー光学実験セット,また気体分
子運動をモデル化した平面滑走台の実演を行います。その他に
も興味深い実験器具の展示を行う予定です。

皆様のお越しをお待ち申し上げております!

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ,
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
解剖学の先生のコラムが特に人気。
現在,約4000名の方々が読んでいるメールマガジンです。

ご登録は無料です http://www.3bs.jp/mailmag/index.htm
          (ページの左側中ほどに登録欄があります)

 

■編集部「よろず」ノート written by 岩子

新潟市の観光案内には必ずと言っていいほど載っている
北方文化博物館。
江戸時代,農家から身を起こして越後随一の大地主となった
伊藤家のお屋敷です。
ここの敷地内には孟子由来,「君子に三楽あり」に因んだ
正三角形の面白い建物「三楽亭」があります。

さて,この建物内部を見ると,柱や建具や畳が三角形やら菱形
やら平行四辺形やら・・・ずっと見つめていたら忍者屋敷か
ビックリハウスに入った時のような建物酔いになりました。
書斎兼茶室ということですが,お世辞にも使い勝手がいいとは
思えません。伊藤家を訪ねてきた人々に「見せる」ためだけの
贅沢な建物という印象を受けます。

かたや敷地内の片隅に,その当時の一般庶民の暮らしぶりを
再現した家があります。藩の厳しい財政により板の間は一軒に
つき一部屋しか許可されず,そうした部屋は家長が使い,
他の者は寝床でさえも土間にむしろを敷いての生活でした。
雪深く,寒さの厳しいこの地域で土間での生活はさぞかし
堪えたことと思います。
だからこそ,この時代は温暖化社会とは無縁だったのでしょう。

格差社会と究極のエコを垣間見たような気がしました。

皆さんも来新の折には是非ここを訪れてみて下さい。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に