トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2009年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.1016

■■■-----------------------------------------------------■■■
                      平成21年11月11日発行

■ニュースヘッドライン

▽肝炎対策基本法,今国会での成立確定(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=16714

▽防じん・防毒マスク6種11万個検定不十分で回収へ(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/TKY200911100411.html

▽医療費明細書付領収書,医療機関,保険薬局の57%未発行(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/science/news/20091111ddm005040063000c.html

▽赤外線カメラで自殺防止監視通報システム,福井・東尋坊(産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/life/trend/091111/trd0911110748003-n1.htm

 

-------------------------------------------------------------

 

■特集

「地域医療ライン"銀河鉄道"で通院」

記事 written by イ子

医療過疎が心配される中,岩手県北部を走る第三セクター
「IGRいわて銀河鉄道」が運行する「地域医療ライン」に
注目が集まっている。

岩手県内では県立医療機関5ヶ所が入院病床を休止するなど
医療の地域格差が拡大しており,岩手県北部の二戸圏域と
南部の盛岡圏域では人口10万人あたりの医師数に約4倍の
格差がある。

同社は平日の定時列車のうち1往復の1両を通院客優先として
おり,始発駅の二戸市,金田一温泉から盛岡までの80キロの
乗車が,通院医療機関の診察券を持っている人なら,往復
4060円の運賃が3600円,介護者と一緒なら1人当たり
往復2700円になる。盛岡駅からは医療機関まで200円で
タクシーが利用できる。車内にはアテンダントが同乗。
膝掛,服薬用に水が常備されている。

運行開始から売上を伸ばすこのラインは他県からの視察も多く
導入を決めた自治体もある。
実際に通院に使う人は,通院の度に自家用車での送迎等で
家族に仕事を休ませてしまうので,安心して使えるこの列車は
助かっている,と歓迎する。

こういったサービスがライフラインとして広がるよう期待される。

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっと一息・・・今日の商品
  
   体中に張り巡らされた筋・筋膜の網を通して
   組織の緊張が伝わることにより,どのように
   姿勢と動作の安定を得られるかを解明する
   画期的な理論,アナトミートレイン。

  トム・マイヤーズの解説と実演を見せるだけの
   プログラムではなく,レッスン風に各テクニックを
   丁寧に指導します。
          
   アナトミー・トレイン DVD
   http://www.3bs.jp/soft/pt/w39465.htm

  アナトミー・トレイン 2 DVD
   http://www.3bs.jp/soft/pt/w39429.htm
    
--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日 11月11日(水) 23:30~23:55 NHK教育

  青春リアル
    「“貧乏”と“寂しさ”,どちらが我慢しやすいですか?」

      ・離婚し2歳になる娘を育てる22歳の
       シングルマザー,娘が高校を卒業する
       までに約600万円かかると知り,夜も
       働き始めた。娘と過ごす時間がないと
       悩むが他のメンバーと語り合ううちに
       別の思いがあることに気づく。
     
         
    
▽明日 11月12日(木) 19:57~20:54 フジテレビ

  奇跡体験!アンビリバボー

      ・2001年の雪印食品牛肉偽装事件。
       大企業相手に内部告発を行い正義を
       貫いた男の苦難の日々と,どん底から
       抜け出すきっかけとなったある言葉とは?
       勇気ある行動をとった男の人生を追う。
      
     

--------------------------------------------------------------

■学会のお知らせ

弊社日本スリービー・サイエンティフィックは今週新潟市で
11月13日(金)から開催される下記学会に展示いたします。

実際に手にとって精度や感触をお確かめいただける
チャンスです。

★第47回日本人工臓器学会大会

 日時:2009年11月13日(金)~14日(土)
  場所:朱鷺メッセ   
     (新潟市中央区万代島6番1号)
     2F 考古堂書店ブース内

心臓や肺,腎臓などの人気製品を展示します。

 日本人工臓器学会ホームページ
  http://www.jsao.org/

 

又,来週11月17日(火)から開催される下記学会にも出展いたします。

★第68回日本矯正歯科学会大会

 日時:2009年11月17日(火)~18日(水)
  場所:マリンメッセ福岡    
     (福岡市博多区沖浜町7-1)
     多目的展示室 ブースNo. 12

注目の頭頚部解剖ソフト,
「3D ヘッド&ネックアナトミー, 歯科版」を展示します。
多数収録された歯科・口腔外科向けコンテンツと
顎関節の動きを再現したアニメーションは必見です!
他には頭蓋骨模型や顎模型を展示します。

 日本矯正歯科学会ホームページ
  http://www.jos.gr.jp/

皆様のお越しをお待ち申し上げております!

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ,
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
解剖学の先生のコラムが特に人気。
現在,約4000名の方々が読んでいるメールマガジンです。

ご登録は無料です http://www.3bs.jp/mailmag/index.htm
          (ページの左側中ほどに登録欄があります)

 

■編集部「よろず」ノート written by イ子

9月よりジム通いを(通い,とは言っても週に2,3回ですが)
始めて以来,体重計で見る数字にはあまり大きな変化が出て
いないのですが,確実に違うな,と感じることが2つあります。

1つはお腹の周りがラクになりました。以前は靴を履いたり,
床に置いてあるものを屈んで拾い上げる時など,ウエスト周りに
「ん,ココに何かあるな」と感じるくらい,立派な厚さの一段の
モノがあったのですが,最近では気にならなくなりました。
完全に無くなったわけではないのですが,なりを潜めています。
このまま消えてくれるのを期待します。
もう1つは早寝するようになりました。疲れて帰宅するので,
努力して早く寝ようとしなくても12時を待たずに記憶が無く
なります。

秋の夜長を楽しむような過ごし方ではありませんが,今年の秋は
健康的な生活を送っています。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に