トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2009年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.1017

■■■-----------------------------------------------------■■■
                      平成21年11月12日発行

■ニュースヘッドライン

▽小児新型インフルワクチン接種、前倒しは24都府県どまり(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/science/news/20091112k0000m040092000c.html

▽インフルでの学級閉鎖等前週より減、大都市圏の減少影響(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/TKY200911120126.html

▽富山地検、患者7人の延命中止の2医師不起訴へ(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=16730

▽幼児が高所に登る力は親の想像以上、後たたぬ転落事故(産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/life/education/091112/edc0911120807000-n1.htm

 

-------------------------------------------------------------

 

■特集

「医療用スキャンによる被爆量が急増 -米国-」

記事 written by 岩子

米国での医療被曝は過去20年で600%以上増加している
ことが研究結果で判明した。
2006年に3億8,000万件近くの放射線診断や放射線治療が
行われ、うち、核医学検査が1,800万件と最多であった。

米ニューメキシコ大学放射線学教授Fred Mettler Jr.博士
によれば、癌全体の最大2%がCTスキャンのみに由来し、
CTスキャンによる累積的曝露により悪性腫瘍のリスクが
12%高まるという。
研究論文は医学誌「Radiology(放射線医学)」11月号に
掲載されている。

さて、スキャン使用は救急医の需要が最も高く、CTスキャン
の25~40%は救急治療室(ER)の依頼によるものだという。

癌などの病状をより正確に診断できるのがCTスキャンの
利点であり、貴重な画像診断法であるが、これによって
癌のリスクが高まるというのも皮肉な話である。

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっと一息・・・今日の商品
  
   透明な胸部のX線撮影用ファントム。
   肋骨・胸椎・胸骨・肩甲骨・鎖骨には人工骨を使用、
   骨を包む素材には透明な樹脂を使用しており、生体
   組織とほぼ同等な吸収と二次電子放出特性を持って
   います。

  胸部撮影用人体ファントム,透明(人工骨)
   http://www.3bs.jp/phantom/w39706c.htm
    
--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日 11月12日(木) 19:57~20:54 フジテレビ

  奇跡体験!アンビリバボー
   「正義貫いた壮絶人生SP」

      ・2001年の雪印食品牛肉偽装事件。
       大企業相手に内部告発を行い正義を
       貫いた男の苦難の日々と、どん底から
       抜け出すきっかけとなったある言葉とは?
       勇気ある行動をとった男の人生を追う。
     
         
    
▽明日 11月13日(金) 19:00~19:35 NHK教育

  サイエンスZERO
   「健康のカギをにぎる!?ミトコンドリアの新常識」

      ・ミトコンドリアを生きたまま観察
       できるようになり、体内での役割や
       ATPの生成など新たな姿が明らかに
       なってきた。糖尿病やがんなどの病気
       との関連性もみられるミトコンドリア
       の素顔に迫る。
      
     

--------------------------------------------------------------

■学会のお知らせ

弊社日本スリービー・サイエンティフィックは明日11月13日(金)
から新潟市で開催される下記学会に展示いたします。

実際に手にとって精度や感触をお確かめいただける
チャンスです。

★第47回日本人工臓器学会大会

 日時:2009年11月13日(金)~14日(土)
  場所:朱鷺メッセ   
     (新潟市中央区万代島6番1号)
     2F 考古堂書店ブース内

心臓や肺、腎臓などの人気製品を展示します。

 日本人工臓器学会ホームページ
  http://www.jsao.org/

 

又、来週11月17日(火)から開催される下記学会にも出展いたします。

★第68回日本矯正歯科学会大会

 日時:2009年11月17日(火)~18日(水)
  場所:マリンメッセ福岡    
     (福岡市博多区沖浜町7-1)
     多目的展示室 ブースNo. 12

注目の頭頚部解剖ソフト、
「3D ヘッド&ネックアナトミー, 歯科版」を展示します。
多数収録された歯科・口腔外科向けコンテンツと
顎関節の動きを再現したアニメーションは必見です!
他には頭蓋骨模型や顎模型を展示します。

 日本矯正歯科学会ホームページ
  http://www.jos.gr.jp/

皆様のお越しをお待ち申し上げております!

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ、
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
解剖学の先生のコラムが特に人気。
現在、約4000名の方々が読んでいるメールマガジンです。

ご登録は無料です http://www.3bs.jp/mailmag/index.htm
          (ページの左側中ほどに登録欄があります)

 

■編集部「よろず」ノート written by 岩子

先日、地域の防災訓練があり、役員の一人として参加して
きました。
私達は炊き出し係、つまり非常食(アルファ米)50食分を
なぜか70人に配る、という想定での訓練でした。

乾燥アルファ米と乾燥五目御飯の素とを混ぜ合わせ、炊き
出し専用の分厚いビニール袋に入れ、お湯を注いで紐で封を
して20分というものでした。
お水の場合でも60分戻せば食べられるとのことでしたが、
炊きたての方が美味しいよね、と全員一致でお湯に決定です。

ですから非常に恵まれた環境下での訓練だったと思います。
公民館の調理室のガス台を使い、やかんでお湯を沸かして
しゃもじなどの調理器具も使い放題、70人分のポリパックと
割り箸もすでに準備されていました。
まるでイベント会場の裏舞台という感じでした。
実際、地震などで公民館自体使えなかったら、こんな悠長な
ことはできないはずですが・・・

それでも、あれはあれでどんな手順で炊き出しを行うのかが
つかめたので、参加しておいて損はなかったと思います。
50食分は相当量なので、炊き出す場合は袋を固定する
ためのダンボールも必要なことや、炊飯器とは勝手が違う
混ぜ加減のコツもやってみてわかりました。

でも、災害が起きないのが一番です。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に