トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2009年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.1032

■■■-----------------------------------------------------■■■
                      平成21年12月4日発行

■ニュースヘッドライン

▽ネット入手のED治療薬の6割が偽物、製薬4社調査結果(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/science/news/20091203k0000e040049000c.html

▽かんぽの宿を介護事業に活用、国民新党方針(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/TKY200912030227.html

▽入院患者の27%が高血圧症を持病に、厚労省調査結果(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/science/news/20091204ddm002040090000c.html

▽自由な発想の介護ロボ、ベッドと車いす一体化など(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=17848

 

-------------------------------------------------------------

 

■特集

「乳がんの転移検査で注目のセンチネルリンパ節生検」

記事 written by 岩子

乳がん転移の有無を調べ、後遺症を減らす検査として
近年注目の先進医療、「センチネルリンパ節生検」。
日本乳癌学会の臨床研究などを基に9月、安全性と
有効性が確認され、正式に使用できるようになった。
医療関係者からも「保険適用」に向けた大きな一歩
との期待が高い。

乳がん細胞はリンパ管を通って腋の下のリンパ節に流れ込み、
周辺のリンパ節や全身の臓器へ転移する。腋の下のリンパ
節は十数個あるが、どれがセンチネルリンパ節なのかすぐ
分からず、手術で周囲の筋肉や脂肪などとともにすべて切除
するのが一般的であった。そのため切除後に腕がむくむリンパ
浮腫などの後遺症があることも課題であった。

しかしこの生検により、患部に色素や放射性同位元素を注入、
染まったり反応した部分のセンチネルリンパ節を見つけて摘出、
手術中や術後に転移の有無を検査することが可能となる。
1、2個のリンパ節を切除すればいいので後遺症も少ない。

現在は先進医療に指定、一部の医療機関では他の保険診療
との混合診療が可能である。

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっと一息・・・今日の商品
 
   人体解剖掛図 リンパ系
   http://www.3bs.jp/chart/lchart/v2054.htm

  軸棒あり、なし両タイプがあります。
    
--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日 12月4日(金) 22:00~23:30 NHK総合

  日本の、これから「自殺者3万人 命をどう守るか」

      ・年間自殺者数が3万人を超え続けている
       日本。経済状況悪化や体性不十分な相談
       窓口などが原因とされているが、自殺を食い
       止める活動をしているNPOや自殺未遂者が
       集結、自殺を食い止めるための意見を交わす。
     
         
    
▽明日 12月5日(土) 20:00~22:00 NHK教育

  ETVワイド ともに生きる
   「もしもの時 どうしたらええねん!?」

      ・阪神・淡路大震災からまもなく15年。
       障害者は介助の手が足りず避難が遅れたり
       したが、その後も自然災害が起きるたび、
       障害者や高齢者の支援のあり方が問題に
       なっている。障害者にとって本当に必要な
       対策を視聴者の意見を交えて考える。

 

--------------------------------------------------------------

 < 2010年度版:医学チャートカレンダー >

 今年もカレンダープレゼントに多数のご応募ありがとうございました。

 当選された方へはすでにメールで直接お知らせしております。
  応募者多数につき、外れた方には逐一お返事できません
  でしたこと、ご了承下さい。
  今回も、外れた方がほとんどです。

 又、今回のご応募に際し、たくさんの励ましのお便りや、
  貴重なご意見を、ありがとうございました。
  「編集部よろずノート」を期待されている方が、こんなにも
  多いのだと、あらためて実感いたしました。

 惜しくも外れた方、又、これから「医学チャートカレンダー」を
  ご希望の方は、以下のサイトから購入できます。↓

 http://www.3bs.jp/goods/anacomic/x9_10en3b.htm

 医学チャートの内容は、スポーツと怪我,脊柱,平衡聴覚器,
  インフルエンザの4種類となります。すべて英語版です。

 それと、英語版医学チャート¥1,575(税込)のうち、上記内容の
  チャートをご希望、ご検討の方は、こちらのカレンダーの方が
  ¥1,260(税込)とお得です。
  日付を切り取れば、医学チャートに早変わり!です。

 ただし、数量限定です。ご希望の方はお早めにお申込下さい。

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ、
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
解剖学の先生のコラムが特に人気。
現在、約4000名の方々が読んでいるメールマガジンです。

ご登録は無料です http://www.3bs.jp/mailmag/index.htm
          (ページの左側中ほどに登録欄があります)

 

■編集部「よろず」ノート written by 岩子

昨日の朝、わが家のモルモットが天国へと旅立ちました。
不正咬合と診断され、頬に膿を持ち、食べ物を自分で噛む
ことができなかったので、注射器からの給餌を毎日3回して
いました。
一時持ち直してやわらかいものを自分で噛めるようになった
ものの、今年1月にまた状況が一変、完全介護状態となり、
基本的には1年7ヶ月近く介護していました。

最後は餌を注射器から飲み込む力もなくなってしまったようで、
一昨日は水ばかりごくごく飲んでいました。
ここ一ヶ月は四肢に潰瘍ができ、目やにも出ていたので、目薬、
塗り薬に抗生物質を飲ませるなど薬漬けの日々でした。

動物は痛いとも苦しいとも喋れないので、うちの仔がどれほど
苦しい思いをしていたのかと思うと切なくなります。
でももう、これで、苦しい思いはしなくてもすみます。
こんな時、仕事がとても忙しいことがかえって救いとなりました。
家にいたら、もう少し何かしてあげられたのではないかとか、
いろいろな思いが沸きあがり、いてもたってもいられなくなると
思います。まだ現実を受け入れることができていません。

今週末に個別葬をするまで、パパお手製の木製棺桶の中で
安らかに眠っています。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に