トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2010年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.1050

■■■-----------------------------------------------------■■■
                      平成22年1月18日発行

■ニュースヘッドライン

▽ヒブワクチン定期接種の実現を目指し医師らが活動(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/science/news/20100117ddm013100041000c.html

▽特養の待機者東京4万人超,兵庫,神奈川2万人超(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/TKY201001150461.html

▽薬物依存から回復途上の女性達が体験版を本に(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=19509

▽対談:2010年宇宙医学の展望(週刊医学界新聞)
http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA02863_01

 

-------------------------------------------------------------

 

■特集

「貧血改善に期待,鉄分3倍のコメ開発」

記事 written by 品

通常より3倍の鉄分を含むコメの開発に,石川県立
大学,東京大学と韓国,デンマークの大学の日韓欧
チームが成功した。

このコメはニコチアナミンと呼ばれるアミノ酸が
多く作られるように遺伝子組み替えがされたもの。
ニコチアナミンは植物内での鉄分運搬の役目を担い,
土壌から鉄を取り込む物質にも変換される。

実験で貧血のマウスにこのコメを与えたところ,
症状の改善が確認された。

国の安全審査を必要とする遺伝子組み換え食品と
なるため,日本での実用化はかなり先となるが,
世界人口の約半分もが鉄欠乏の貧血といわれる
現状への有効な改善手段となることが期待される。

同じ技術を利用することで,小麦や野菜の鉄分を
高めることも可能だという。

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっと一息・・・今日の商品
 
   磁力線を観察する場合に使用する鉄粉(砂鉄250 g入)です。

  鉄粉(砂鉄)
   http://www.3bs.jp/physics/magnetic/u11451.htm
      --------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日 1月18日(月) 19:00〜19:30 NHK総合

  クローズアップ現代「脳波が暮らしを変える」

      ・脳波を利用する機器が出回ってきた。
       米国では脳波ゲームが発売され,脳を
       理想の状態に近づける訓練が行われて
       いる。脳波が社会や人をどう変えて
       いくのかを探る。
       ▽明日 1月19日(火) 20:00~20:54 テレビ朝日

  たけしの健康エンターテインメント!
   みんなの家庭の医学

      ・厚労省の予測では40年後に現在の2倍,
       約400万人が認知症になると見込まれる。
       そこで名医監修のもと家庭で楽しくでき
       る脳トレ法を開発。脳が最も活性化する
       家事とは何か?

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ,
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
解剖学の先生のコラムが特に人気。
現在,約4000名の方々が読んでいるメールマガジンです。

ご登録は無料です http://www.3bs.jp/mailmag/index.htm
          (ページの左側中ほどに登録欄があります)

 

■編集部「よろず」ノート written by 品

今日の特集で取り上げたニュースは,昨年貧血治療
を受けた自分などには特に興味深いものでした。

健康診断でのヘモグロビン測定量が基準値を大きく
下回っていたので,病院で精密検査を受けるよう
指導されたのです。

病院ではこれほど貧血だとだいぶ疲れやすいはずだと
言われたのですが,自覚症状はまったくありません
でした。赤血球が小さいとも言われました。
「少ない」ではなく「小さい」というのは,なぜか
ちょっと情けない気持ちになりました。

処方してもらった薬を1カ月ほど飲んだら,血液の
検査値は無事基準値に戻ったものの,特に前より
元気になったと感じることもありませんでした。

治療前後の違いを実感できないのは,私がよほど
鈍感なのでしょうか。むしろそっちの方が気に
なったりします。

そもそも貧血になった原因も特定できず仕舞い
だったので,どうもすっきりしないまま治療期間
を終えたのでした。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に