トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2010年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.1078

■■■-----------------------------------------------------■■■
                      平成22年3月9日発行

■ニュースヘッドライン

▽新年金制度に関する初の検討会,首相官邸で開かれる(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=21744

▽保護者が高2のはしか予防接種無料化要請,修学旅行で必要(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/science/news/20100308k0000e040077000c.html

▽民主党,カネミ油症被害者救済の法制化を検討へ(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/science/news/20100309ddm002040028000c.html

▽"お薬忘れないで"ロボット開発,音声とランプでお知らせ(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/TKY201003070245.html

 

-------------------------------------------------------------

 

■特集

「広島の"黒い雨"援護地域外から放射性物質検出」

記事 written by 微

広島市に原爆が落ちた後,いわゆる「黒い雨」(原爆炸裂時の
泥やほこり,すすなどを含んだ重油のような粘り気のある大粒
の雨で,放射性降下物の一種)が降った。

このとき降った放射性元素の中に,人工的な核分裂によってし
か生じないセシウム137が含まれている。そのセシウム137が,
国が指定している援護地域外の土壌からも検出された。金沢大
低レベル放射能実験施設の山本教授による放射性元素の測定で
明らかとなった。

もっとも戦後の米ソ両国の核実験によりセシウム137は,世界
中にばら撒かれた。今回の調査では原爆投下当時,更地や耕地
となっていて,核実験が盛んになる1950年前に建物で覆われた,
核実験の影響を受けにくいと考えられる場所を選んで行われた。

これまで国は1976年,爆心地から南北19キロ,東西11キロの楕
円形の範囲を,被爆者援護法の「健康診断特例区域」に指定し
援護している。その地域で国が定める11種類の病気を患ってい
れば,被爆者健康手帳の交付を受けられる。「黒い雨」が降っ
たとの証言がありながら区域外となっている「小雨地域」で,
健康診断特例区域のエリア拡大を求める動きがあり,広島市は
今回の結果を元に,国に援護地域の拡大を求めていく方針であ
る。

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっと一息・・・今日の商品
 
   放射線量を検出するための自消式ハロゲンパルス
   電離箱です。雲母窓のついた金属筐体で,広い
   プラトー幅を持ちます。着脱可能なシャフト付き
   取り付け具が付いています。
   
   ガイガー・ミュラー計数管
   http://www.3bs.jp/physics/ray/u8533430.htm
      
--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日 3月9日(火) 20:00~20:54 テレビ朝日

  たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学

      ・足腰の筋肉は30代から衰え始め,40代では
       ピーク時の約8割,70代では半分にまで減る。
       しかし歩き方の違いで衰えた筋肉と骨を簡単に
       アップできる。骨と筋力を若々しく保つ歩き方の
       ポイントは誰もが知っているヒット曲のリズムに
       あわせて歩くとのことだが,果たしてその曲は?
      
         
    
▽明日 3月10日(水) 20:00~20:45 NHK総合

  ためしてガッテン「突然襲う!手のふるえ」

      ・字がうまく書けない,飲み物がコップ
       からこぼれるなど約400万人が悩むふるえ。
       実はごく小さな脳梗塞を知らせるサイン
       になることもあると判明。見過ごされがち
       なふるえの仕組みと対策を徹底解明。
 

 
■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ,
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
解剖学の先生のコラムが特に人気。
現在,約4000名の方々が読んでいるメールマガジンです。

ご登録は無料です http://www.3bs.jp/mailmag/index.htm
          (ページの左側中ほどに登録欄があります)

 

■編集部「よろず」ノート written by 微

約6550万年前の白亜紀末に恐竜などが大量絶滅したのは,巨大
な隕石が衝突したことが原因と結論づける報告を,東北大など
12か国の研究機関による研究チームがまとめ,5日の科学誌サ
イエンスに発表したというニュースがありました。

私が子供の頃は,気候の変化により絶滅というだけで,その原
因までは不明と習っていました。やはり科学は日々進歩してい
るのだなぁと感じました。勿論これで恐竜絶滅の議論に終止符
が打たれたわけではないでしょうが・・・

思えば冥王星も通常の惑星の仲間からは外れました。これも子
供の頃の知識からすると,予想もしなかったことです。

持っている知識を常日頃からアップデートしていかなければ,
と思いました。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に