トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2010年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.1087

■■■-----------------------------------------------------■■■
                      平成22年3月25日発行

■ニュースヘッドライン

▽4月17日発進,鳥取,兵庫,京都の共同運航ドクターヘリ(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=22486

▽集団訴訟で全国初の和解成立,障害者自立支援訴訟(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/TKY201003240184.html

▽来月から原則,全医療機関の領収書に治療明細記載(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/science/news/20100324ddm013100126000c.html

▽糖尿病治療と観光兼ねたツアー世界にPR,徳大病院で検診(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=22487

 

-------------------------------------------------------------

 

■特集

「公共AEDの救命,1カ月で3割社会復帰」

記事 written by 微

公共の場に設置されているAEDにより,その場に居合わせた人
が行った救命措置で,約30%の人が1ヶ月後に社会復帰できる状
態となっていることが,京大保健管理センターの調査で分かっ
た。救急隊到着後の救命措置では,その半分程度にとどまって
いた。

調査は総務省消防庁のデータを使い,05~07年で,日本全国で
救急蘇生が試みられた患者を対象に行われた。

心臓のけいれんのような心室細動が原因で心停止,公共の場で
倒れるところを目撃された1万2631人を分析すると,大半の人
は救急隊の到着を待ってAEDを受けていた。このうち,1カ月後
に生存していて脳に障害を残さずに,社会復帰できる状態にな
った人は14%だった。

一方で,近くに居合わせた人によって,AEDで救命を試みられ
た462人では,32%が社会復帰できる状態になっていた。

同センターでは,いずれも,近くに居合わせた人が蘇生を試み
ると救命率が上がることが証明された。その場でできることを
積極的にしてほしい,としている。

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっと一息・・・今日の商品
 
   リーズナブルなAEDトレーニングマネキンです。
   生体に忠実な解剖学的設計によって,高度の
   成人CPRや除細動テクニックを学ぶのに必要な
   機能が装備されています。
   
   AEDリトル・アン,AEDトレーナ2付
   http://www.3bs.jp/med/cpr/w19621.htm
      
--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日 3月25日(木) 22:00~22:45 NHK総合

  バンクーバーパラリンピック 総集編

      ・バンクーバーで行われた世界最大の
       障害者スポーツの祭典,冬季パラリン
       ピックにて,メダルを獲得した選手の
       活躍の様子や,選手たちのメダル獲得
       に向けた挑戦の行方を追う。
         

    
▽明日 3月26日(金) 19:00~19:35 NHK教育

  サイエンスZERO「踏み出せ!宇宙農業への第一歩」

      ・昨年9月から国際宇宙ステーション
       実験棟"きぼう"で植物を育てる世界初
       の実験が行われた。地球上でも無重力,
       低大気圧下での植物の成長を推測する
       ための研究を行うなど,宇宙農業実現
       への可能性を探る。

 

-----------------------------------------------------------------------

 

■学会展示のお知らせ

弊社日本スリービー・サイエンティフィックは
今月28日から開催される下記学会に出展いたします。

第115回日本解剖学会総会・全国学術集会
  日時:H22/3/28~H22/3/30
  場所:岩手県民会館

筋付膝関節,小児脊柱など模型の新製品のほか,
プレパラート,全身の解剖を網羅した新作ソフト,
「3Dヒューマンアナトミー,リージョナルエディション」
を展示します!

アナコミカルTシャツや腰椎マグカップなどの
グッズ類も即売します!
詳しくはこちらをご覧下さい。
http://www.3bs.jp/exhib/anatomy_2010.htm

メルマガ読者様へのプレゼント企画もありますよ!

 

▼日本解剖学会限定プレゼント企画!

毎年ご好評いただいております
解剖クリアファイルのプレゼント企画!
今年も新作をご用意してお待ちしております!

学会期間中,このメルマガを印刷してお持ち頂いた
読者様には特別に弊社オリジナルクリアファイルを
3枚プレゼント!

ぜひこの機会に弊社ブースまでお越し下さいませ!
お待ちしております。

 

 
■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ,
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
解剖学の先生のコラムが特に人気。
現在,約4000名の方々が読んでいるメールマガジンです。

ご登録は無料です http://www.3bs.jp/mailmag/index.htm
          (ページの左側中ほどに登録欄があります)

 

■編集部「よろず」ノート written by 微

先日,子どもの小学校の卒業式がありました。その時に担任
の先生からクラスのみんなに,漢字一文字ずつ色紙にして送
られていました。

うちの子どもは「究」という字を貰いました。究を漢和辞典
で調べると,「真理や本質をつかむため,これ以上行けない
ところまで推し進める。」とあります。

自分も突き詰めて物事を考えたことがあるかと言われると,
答えに窮しますが,そういう姿勢は取り続けていきたいと思
います。

なかなか良い文字を貰ったとも思います。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に