トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2010年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.1092

■■■-----------------------------------------------------■■■
                      平成22年4月5日発行

■ニュースヘッドライン

▽介護保険,現行のままでは維持できずと考える市町村87%(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=22973

▽スギ花粉症が都道府県で地域差20倍,有病率の最高は山梨(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/science/news/20100405ddm003040113000c.html

▽たらい回し防止努め救急搬送の照会1回が約97%,秋田県(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=22958

▽60歳以上の1人暮らしの約65%が「孤独死身近に感じる」(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/TKY201004020512.html

 

-------------------------------------------------------------

 

■特集

「車いすロボット,九州大病院で公開実験」

記事 written by 品

開発中の車いすロボットの実証実験が,3月31日
九州大学病院で公開された。

この車いすには院内の配置図を記録したGIS(地理
情報システム)が搭載され,電子タグが付いた診察
券をかざすと,目的の診療科まで患者を乗せて自動
走行する。院内の端末から行き先を指示することも
できる。

患者が付属の生体測定装置を手首につけると,心拍数
や心電図が無線で送信されて,医師や看護師は離れて
いても患者の状態と車いすの現在地を確認できる。

実用化は2年後を目指している。

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっと一息・・・今日の商品
 
   このDVDでは臨床の現場に則した動画を可能な
   限り集め,関連するイメージング画像を提示
   します。

  心エコー図から術中の弁や心臓所見をいかに
   正確に判断するか」という大命題に対して,
   同じ症例の心エコー図所見を術中所見と対比
   するなど,診断の理解が一段と深まる構成を
   とっています。
  
   DVDで学ぶ心エコー図診断 弁膜疾患編
   http://www.3bs.jp/pcsoft/w65701.htm
      
--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日 4月5日(月) 19:00~21:48 テレビ東京

  主治医が見つかる診療所スペシャル

      ・"主治医が見つかる診療所"スペシャル
        番組が再登場。人気企画の芸能人健康
        診断と医療現場に密着した硬派ドキュ
        メンタリーをお届けする。
         

    
▽明日 4月6日(火) 23:30~23:55 NHK教育

  あしたをつかめ~平成若者仕事図鑑
   「あなたの悩み,とことん聴きます~臨床心理士」

      ・毎月約400人が訪れる東京,銀座の
       相談室の臨床心理士2年目の斎藤さん。
       相手を緊張させないよう,座り方や
       相づちにも気を配り,信頼関係を築く
       彼女のカウンセリングに密着。

 

 
■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ,
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
解剖学の先生のコラムが特に人気。
現在,約4000名の方々が読んでいるメールマガジンです。

ご登録は無料です http://www.3bs.jp/mailmag/index.htm
          (ページの左側中ほどに登録欄があります)

 

■編集部「よろず」ノート written by 品

ここ新潟も春になり,通勤時に見る自転車の数が
増えてきました。

自転車は左側通行が原則です。

しかし自転車で右側通行している人から悪びれた
表情を見つけることはほとんどありません。
このルールを知らない人は意外に多いのではないで
しょうか。

私が通った小学校では,自転車免許というちょっと
変わった制度がありました。
定期的に校庭に自動車教習所のようなコースが作られ,
4年生以上の生徒たちは実地試験を受けます。
合格するまでは街中で自転車に乗れず,遊びに行く
にも不自由ですから,必死にならざるを得ません。

当時はたかがチャリでなんでこんな面倒なことを,
と不満でした。
しかし,自分でクルマを運転するようになると,
ルール無視の自転車がどれだけ危険かよくわかります。
特に右側を走る自転車は非常に多く,すれ違うために,
危険な思いをする状況は頻繁にあります。

「自転車の反対側通行は3か月以上の懲役または
5万円以下の罰金」と定めているほどの基本ルール
にも関わらず,小学校の自転車教習以降,耳にする
機会はまったくなかったように思います。
もう少ししっかり広報してほしいものです。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に