トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2010年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.1105

■■■-----------------------------------------------------■■■
                      平成22年4月23日発行

■ニュースヘッドライン

▽食物アレルギーに罹患の子どもの割合,10年前から倍増(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/science/news/20100423ddm041040099000c.html

▽リンパ節一部温存で浮腫発症を抑制,子宮卵巣がん手術(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=23908

▽国保交付金都内40市区が貰いすぎ,医療費見積多すぎで(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/TKY201004220215.html

▽岡山県,求職者対象に医師の文書作成補助職員を採用へ(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=23914

 

-------------------------------------------------------------

 

■特集

「受精卵で核移植,変異ミトコンドリア排除可能に」

記事 written by 英司

イギリス,ニューカッスル大学で受精卵からDNAを
取り出し,別の受精卵に移植することに成功した。
この技術を使えば,変異ミトコンドリアによる遺伝疾患
を未然に防ぐことが可能になる。

今回の実験ではまず受精卵から,精子・卵子それぞれに
由来する前核を取り出す。この前核を正常なミトコンドリア
だけをもつ受精卵に移植した。80個の受精卵で実験が
行われ,100個の細胞に分裂するところまで確認された。

ミトコンドリア由来の疾患には,筋力低下や心臓疾患など
深刻なものもある。今回の技術が実用化されると,これら
の疾患を事前に防ぐことが可能になる。

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっと一息・・・今日の商品
 
   原子卵胞,排卵などの卵形成・卵成熟の過程から,
   受精卵が子宮壁に着床し胚盤胞にいたるまでの
   胚の発達の様子がわかります。

  卵成熟と胚の発達モデル
   http://www.3bs.jp/model/preg/l01.htm
      
--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日 4月23日(金) 18:55~19:30 NHK教育

  サイエンスZERO「つながる生物の謎 土の中の小宇宙」

      ・植物の細胞内に共生する微生物エンド
       ファイトは植物への栄養供給や病気や
       環境への耐性を高めるなどの役割を果たす。
       土の中の微生物の不思議な関係性に迫る。
      
         

    
▽明日 4月24日(土) 19:56~20:54 日本テレビ

  世界一受けたい授業
  
      ・人間は音に操られている?聞いて得する
       耳トレや,気持ちいい音に快音化された
       様々なものを紹介。又,シワ,たるみなど
       毛細血管の老化が人体に引き起こす
       問題を取り上げる。
      
      

■学会のお知らせ

弊社日本スリービー・サイエンティフィックは只今
下記学会に出展中です。

実際に手にとって精度や感触をお確かめいただける
チャンスです。

★第62回 日本産科婦人科学会学術講演会

 日時:2009年4月23日(金)~25日(日)
  場所:東京国際フォーラム    
     (東京都千代田区丸の内3-5-1)

昨秋,販売開始した出産シミュレータ「SIMone」を
展示します。「SIMone」による分娩シミュレーションを
是非実際にお試し下さい。
他には女性骨盤モデルや胎児モデルなど
既存の人気製品も展示します。

 日本産科婦人科学会ホームページ
  http://www.jsog.or.jp/

皆様のお越しをお待ち申し上げております!

 

 
■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ,
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
解剖学の先生のコラムが特に人気。
現在,約4000名の方々が読んでいるメールマガジンです。

ご登録は無料です http://www.3bs.jp/mailmag/index.htm
          (ページの左側中ほどに登録欄があります)

 

■編集部「よろず」ノート written by 英司

今年は春になっても寒さが厳しい。
服も料理もまだ冬から変らない。
野菜もサラダは食べる気にならず,
温かい煮物などに落ち着く。

さて,野菜を煮るときにみりんを使うだろうか。
煮崩れを防ぐためにはみりんを入れるようにと
解説されるが,なぜ煮崩れを防げるのか?

まず,みりんの甘味のもとである糖。
糖は食材の成分流出を抑えることで煮崩れを防ぐ。

つぎにアルコール。
野菜の細胞壁はペクチンという多糖類でできている。
アルコールがペクチンに作用すると結びつきが強固
になり,細胞壁が崩れにくくなる。

さて,ここで問題となるのがアルコールの作用。
上記のとおり,作用するのはペクチン。
ペクチンは細胞壁に含まれる成分。植物細胞は
細胞壁をもつが,動物細胞は細胞壁を持たない。

これが意外な問題を生む。
調理してみるとわかるかもしれないが,
コトコトと次号へつづく。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に