トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2010年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.1111

■■■-----------------------------------------------------■■■
                      平成22年5月12日発行

■ニュースヘッドライン

▽赤ちゃんポスト設置3年,子にとって親が手放す虐待では?(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/science/news/20100511k0000e040003000c.html

▽高額医療費,通院治療では未だ重い立て替え負担(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/science/news/20100512ddm001040053000c.html

▽がん対策募金,目標7億円にほぼ到達,島根難病研究所(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=24822

▽発達障害児を支援,学生をセラピストとして訓練(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=24847

 

-------------------------------------------------------------

 

■特集

「献血者,初の目標達成 山形県」

記事 written by イ子

山形県での献血者は2009年度,4万3506人で山形県赤十字
血液センターが開設された1979年以降,初めて年度の目標
である4万590人を上回った。

01年度の5万303人をピークに献血者数は減少し,07年度
には3万6507人まで減少していた。09年度から陸上自衛隊
神町駐屯地の協力を得て回復に努めてきた。献血バス3台
が県内の事業所を巡回し,1台あたりの献血者数が増えた
ことが効果を生んだようだ。

一方で,成分献血は目標2万4130人に対し,9930人と目標を
下回った。これは成分献血がなかのまち献血ルームでしか
採血できないことが理由とされる。

同センターが課題に挙げるのはリピーターの確保である。
09年度のうち,1回だけ献血した人は75.4%を占める。
多くの人に献血してもらうことと,何度も献血してもらう
ことが血液の安定確保につながると,メールや電話で献血
を促す仕組みを拡充したいと考える。

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっと一息・・・今日の商品

  実物の質感に近い静脈注射練習用モデルです。
   皮膚には独自のシリコン素材,SKINlike(TM)を
   使用,注射跡が目立ちません。
   特殊素材の血管は穿刺箇所から液が漏れず,
   何度も使用できます(20~21ゲージ針使用)。

  静脈注射トレーニング用モデル
   http://www.3bs.jp/med/injec/p50.htm
      
--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日 5月12日(水) 20:00~20:43 NHK総合

  ためしてガッテン「朗報!世紀の発見スペシャル」
  
      ・わずか3分の運動で血糖値や中性脂肪値を
       下げることができる事実。筋肉細胞中のある
       物質を活用することが鍵となる。又,科学者
       も驚きのねじの超不思議現象など生活を幸せ
       にする様々な新発見を紹介。
         

    
▽明日 5月13日(木) 18:55~19:35 NHK教育

  地球ドラマチック「追跡!中国最後の野生ゾウ」
  
      ・雲南省の最南端でベトナム,ビルマとの
       国境地域「西双版納」には希少な動物たち
       が生息し,生物の宝庫として知られる。
       絶滅の危機に瀕している野生のゾウたちの
       夜間の様子も赤外線カメラで撮影に成功。

 

■学会のお知らせ

弊社日本スリービー・サイエンティフィックは来週
5月20日(木)から開催される下記学会に出展いたします。

実際に手にとって精度や感触をお確かめいただける
チャンスです。

★第111回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会

 日時:2010年5月20日(木)~22日(土)
  場所:仙台国際センター    
     (仙台市青葉区青葉山)

平衡聴覚器や頭蓋骨などの模型のほか,
頭頚部の解剖ソフトなど人気製品を展示します。

 日本耳鼻咽喉科学会ホームページ
  http://www.jibika.or.jp/

皆様のお越しをお待ち申し上げております!

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ,
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
解剖学の先生のコラムが特に人気。
現在,約4000名の方々が読んでいるメールマガジンです。

ご登録は無料です http://www.3bs.jp/mailmag/index.htm
          (ページの左側中ほどに登録欄があります)

 

■編集部「よろず」ノート written by イ子

今年のゴールデンウィークは皆さんどちらかお出かけに
なりましたか?

私はどこへも行かず,楽器を吹いておりました。
演奏会が5月4日にあったため,練習とリハーサルにほとんどの
日を費やしておりました。

普段,クラリネットを吹いているのですが,友人が作った
サクソフォンアンサンブル集団があり,以前に「いいなぁー」
って憧れから手を上げてしまったら「やってもイイよ」と
軽く実現してしまい,やったことのないサックスに初挑戦する
ことになりました。

クラリネットとサックスはどちらもリードを使って吹く楽器なので
原理は一緒なのですが,息の吹き込み方や運指にちがいがあったり,
楽器の特性上,出しやすい音,出しにくい音があり,クラリネット
のクセになれた私は四苦八苦しながらの初挑戦でした。

ですが,演奏会の計画が始まってから約半年近くも練習すると
何とか見た目だけは周りで吹いてる人たちにまぎれサックス吹き
らしく見えていたようです。
初めて金色に光る楽器が吹けて満足なゴールデンウィークでした。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に