トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2010年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.1118

■■■-----------------------------------------------------■■■
                      平成22年5月21日発行

■ニュースヘッドライン

▽自己増殖する人工細菌の作成に成功,米チーム(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/TKY201005200555.html

▽メダカの卵巣に卵を大量に作る生殖幹細胞を発見(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/science/news/20100521k0000m040131000c.html

▽甲府市,子宮頚がんワクチン助成を発表,9月以降に(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=25344

▽資金難で臍帯血バンク存続危機,宮城でいち早く露呈(産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/life/body/100521/bdy1005210806002-n1.htm

 

-------------------------------------------------------------

 

■特集

「天文技術の応用で異なる病気を同時診断」

記事 written by 英司

理研は宇宙航空研究開発機構(JAXA)と協力して,
一度の撮影で複数の病気を診断できる検査装置を
開発したことを発表した。

この検査装置には天文分野で使用する検出器の
技術が応用されている。

従来は診断内容ごとに放射性薬剤を入れて撮影する
という手順が必要だったが,この装置を使用すると
複数の放射性薬剤を投入した後,一度撮影するだけ
で同時に検出ができる。

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっと一息・・・今日の商品

  アルファ線,ベータ線,ガンマ線測定用の
   コンパクトな計測器です。
   (USBケーブル,Windowsソフトウェア付属)

  ガイガーカウンター
   http://www.3bs.jp/physics/ray/u111511.htm
      
--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日 5月21日(金) 19:30~19:55 NHK教育

  あしたをつかめ~平成若者仕事図鑑
   「樹の声を聴け~樹木医~」
  
      ・道路や公園など身近な樹木の医者,
       樹木医。資格を取って半年足らずの
       前山さんは,樹齢50年のヤマザクラの
       治療に初挑戦。中央が腐り空洞が生じ
       ている木に適切な処置を施せるのか。
         

    
▽明日 5月22日(土) 20:00~20:55 NHK教育

  ここが聞きたい!名医にQ「胃痛・胃もたれ・胃の病気」
  
      ・胃が担う消化の仕組みや病気の
       メカニズム,ピロリ菌感染の対処
       方法から胃がん治療に至るまで,
       胃に関して役に立つ情報をお届け
       する。

 

■学会のお知らせ

弊社日本スリービー・サイエンティフィックは只今
下記学会に出展中です。

実際に手にとって精度や感触をお確かめいただける
チャンスです。

★第111回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会

 日時:2010年5月20日(木)~22日(土)
  場所:仙台国際センター    
     (仙台市青葉区青葉山)

平衡聴覚器や頭蓋骨などの模型のほか,
頭頚部の解剖ソフトなど人気製品を展示します。

 日本耳鼻咽喉科学会ホームページ
  http://www.jibika.or.jp/

 

又,来週5月27日(木)からは下記学会にも出展いたします。

★第83回日本整形外科学会学術総会

 日時:2010年5月27日(木)~30日(日)
  場所:東京国際フォーラム    
     (東京都千代田区丸の内3-5-1)

手足関節,小児脊柱,骨粗鬆症,腰椎ヘルニアなど
模型の新製品を多数展示!
骨と筋の動きが良くわかる機能解剖ソフトも展示します。

 日本整形外科学会ホームページ
  http://www.joa.or.jp/jp/index.html

皆様のお越しをお待ち申し上げております!

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ,
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
解剖学の先生のコラムが特に人気。
現在,約4000名の方々が読んでいるメールマガジンです。

ご登録は無料です http://www.3bs.jp/mailmag/index.htm
          (ページの左側中ほどに登録欄があります)

 

■編集部「よろず」ノート written by 英司

前回はアルコールの調理への効果について書いたが,
アルコールと言って真っ先に思いつくのは消毒だ。

消毒用アルコールとして販売されているものを
みると大体アルコール濃度は70%~80%と
なっている。
どうせなら濃度100%のほうが濃くて効きそうな
イメージがある。
残りの30%ほどは何が入っているのか?

これは水。
消毒用アルコールは水で薄められたもの。

20世紀初頭の研究で,アルコール濃度70%
のものが最も早く黄色ブドウ球菌を死滅させた
と言う結果が得られている。

決して製造業者がアルコールを節約している
わけではない。

なぜ70%が効果的なのか?
要因ははっきりとはしていないが,70%
アルコールはアルコールと水の分子組成が1:1
となるので疎水基(水と馴染まない成分)が
平面状並び,広く広がることとなる。
これが消毒効果の高さと関係しているのでは
ないかとも言われている。

アルコールはその消毒メカニズムから,
弱点もある。
長くなったので次号へ。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に