トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2010年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.1120

■■■-----------------------------------------------------■■■
                      平成22年5月25日発行

■ニュースヘッドライン

▽国立成育医研が筋肉と骨を繋ぐ腱の主成分作る遺伝子発見(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/science/news/20100525k0000m040156000c.html

▽胆道閉鎖症治療に肝臓の線維化を抑制する漢方薬(産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/life/body/100525/bdy1005250820001-n1.htm

▽若い介護士らが職務中に携帯で高齢者撮影,悪意はなく(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=25523

▽漫画で糖尿病予防,徳島県が漫画広報紙の作品募集(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=25512

 

-------------------------------------------------------------

 

■特集

「うつ病はもはや国民病の1つ」

記事 written by 微

うつ病を発症する人が多いようである。また,うつ病に対して
オープンに告白する人も増えている。更に自殺の原因のひとつ
としても,クローズアップされている。

こうした情勢の中で,日本精神神経学会など4学会の理事長ら
は22日,広島市で記者会見し「うつ病について国家的課題とし
て啓発に取り組むべきだ」とする提言をまとめた。精神疾患に
関する学会が,うつ病に対して公式見解を出すのは初めてとい
う。共同宣言は,うつ病ががんに次いで重大な社会的損失をも
たらす「国民病」と指摘している。

自殺や長期休務が社会問題化している職域に対し「発症予防や
早期発見,再発を予防した上での職場復帰が必要」と主張。職
場に応じたメンタルヘルス体制や教育を行うべきだとしている。
また,若年化傾向にある発症の現状を踏まえ,学校でのメンタ
ルヘルス教育の導入や児童精神科医の増員も求めている。

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっと一息・・・今日の商品

  医学掛図です。軸棒つきと軸棒なしの二種類があります。
 
   人体解剖掛図「自律神経系」
   http://www.3bs.jp/chart/lchart/v2059.htm
      
--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日 5月25日(火) 20:00~20:54 テレビ朝日

  たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学

      ・時間栄養学に基づく食習慣改善ポイント
       が明らかに。これで悪玉コレステロール
       数値が劇的に改善した主婦の症例を紹介
       する他,体内時計を利用した最新がん
       治療にも密着。        

    
▽明日 5月26日(水) 20:00~20:43 NHK総合

  ためしてガッテン「史上最強!ダイエット失敗撲滅スペシャル」

      ・ダイエットに失敗しない方法として
       たった30秒で空腹を抑えるワザや,
       生理の周期を利用した女性ならでは
       の秘策など,とっておきの情報を紹介
       していく。

 

■学会のお知らせ

弊社日本スリービー・サイエンティフィックは
5月27日(木)から開催される下記学会に出展いたします。

実際に手にとって精度や感触をお確かめいただける
チャンスです。

★第83回日本整形外科学会学術総会

 日時:2010年5月27日(木)~30日(日)
  場所:東京国際フォーラム    
     (東京都千代田区丸の内3-5-1)

手足関節,小児脊柱,骨粗鬆症,腰椎ヘルニアなど
模型の新製品を多数展示!
骨と筋の動きが良くわかる機能解剖ソフトも展示します。

 日本整形外科学会ホームページ
  http://www.joa.or.jp/jp/index.html

皆様のお越しをお待ち申し上げております!

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ,
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
解剖学の先生のコラムが特に人気。
現在,約4000名の方々が読んでいるメールマガジンです。

ご登録は無料です http://www.3bs.jp/mailmag/index.htm
          (ページの左側中ほどに登録欄があります)

 

■編集部「よろず」ノート written by 微

マクスウェルのTシャツ(5)

いよいよマクスウェル方程式も最後の第4式となりました。

http://www.3bs.jp/goods/ts/u49467.htm#max

この式では左辺に,今度はナブラと磁場Bのベクトル積が現れ
ています。これは前回扱った電場Eの時と同じく,渦を表しま
す。右辺はと見ると,電流Jが生の形で入っています。この式
の元となる実験事実は,アンペールの法則,つまり電流の周り
に磁場Bができる,というものです。(電流が流れている導線
の周りに方位磁石を近づけると,磁石が振れるという有名な実
験です。)

アンペールの法則からは,右辺は電流Jだけで終わりです。し
かしマクスウェル方程式の右辺には,更に電場Eの時間微分が
加えられています。この項がマクスウェルの発見です。

実は右辺を電流Jだけにすると,式を組み合わせた時に電荷が
保存しなくなります。電荷がいつの間にか消えてなくなる,と
いうことはありえません。電荷が保存するように仕掛けを考え
てやると,第4式の右辺には電場Eの時間微分が必要だという
ことをマクスウェルが発見しました。その為,第4式をアンペ
ール・マクスウェルの式とも呼びます。

この電場Eの時間微分を,(係数も含めて)変位電流と呼びま
す。電流という名前が付いていますが,実際には電場Eの時間
変化であり電荷は動いていません。それでも電流と付くのは,
式を見ても明らかなように,この電場Eが時間変化すると電流
と同様に磁場Bを作り出すためです。式のつじつま合わせ(そ
れだけではないですが)に加えた項が,電荷の移動がないにも
かかわらず,実際の電流(電荷の移動)と同じく磁場Bを作り
出すという,正に大発見です。

この変位電流,実は電気回路を勉強したことのある人には,
「コンデンサの電極間の電流ね」と思い出されると思います。
コンデンサを直流電源につなぐと,最初空だったコンデンサに
電荷が溜まっていきます。このときに絶縁されているはずの電
極間に,仮想的に電流が流れていると考えると便利に扱えます。
これが変位電流です。電荷が溜まりきると,もう電流は流れま
せん。電極間は絶縁されていますから。現象を理解しやすくす
る為に,仮想的に流れると解釈した変位電流が,現実に磁場B
を作り出すという,とても不思議ですが実験で検証されている
事実です。

これでマクスウェル方程式を4つ全て取り上げました。次回を
最終回とし,これらの式がどんな結論を生み出すのか見て行き
たいと思います。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に