トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2010年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.1123

■■■-----------------------------------------------------■■■
                      平成22年5月28日発行

■ニュースヘッドライン

▽糖尿病学会が新診断基準決定,7月1日から適用(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/science/news/20100528k0000m040080000c.html

▽B型肝炎,父子感染も,食べ物の口移しなどが原因(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/TKY201005250532.html

▽子宮頚がん住民検診,効率的な島根県の取り組みに注目(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/science/news/20100528ddm013100019000c.html

▽82歳の産婦人科医活躍,卵管破裂の女性の命救う(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=25731

 

-------------------------------------------------------------

 

■特集

「DNA修復の仕組みが明らかに 乳がん抑制に光」

記事 written by 英司

体内のDNAは紫外線や化学物質によって損傷してしまう。
そのため体内にはDNAの修復機構が備わっている。
修復機構がうまく働かなくなるとDNAの変異がつみかさ
なり癌を引き起こすと考えられている。
乳がん,卵巣がんの場合,タンパク質BRCA2による修復が
十分にできなくなることで起こりやすくなる。

理化学研究所の再生科学総合研究センターでは,MRG15と
いうタンパク質が折りたたまれたDNAを解き読みやすくし,
タンパク質BRCA2がDNAの修復を行うことを発見した。
MRG15が減るとDNAの修復が起こりにくくなることも確認
されており,この働きを明らかにすることで乳がん・卵巣
がんを抑制できる可能性がある。

この結果はJournal Of Cell Scienceに掲載されている。

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっと一息・・・今日の商品

  基本的なDNAの2重らせん構造が核酸モデルと
   共に再現されています。
   転写を示すRNAが上部に付属しています。
 
   DNAモデル
   http://www.3bs.jp/biology/gene/w19205.htm
      
--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日 5月28日(金) 20:00~20:30 NHK教育

  きらっといきる
   「バリバラ~バリアフリー・バラエティー~vol.2」

      ・精神障害のある人が体験した幻聴や
       妄想の世界を言葉と絵で表現した幻聴
       妄想かるたや,新語,流行語のオリジ
       ナル手話を考える新企画や全盲落語家
       による"とほほの落語"などお届けする。
      

    
▽明日 5月29日(土) 22:00~22:35 NHK教育

  サイエンスZERO
   「シリーズ五感の迷宮(2)驚きの高性能・聴覚」

      ・幅広い音を聞き分けられる人の聴覚。
       その高性能を支えるのが蝸牛という器官。
       又聴覚は視覚より速く脳に伝わり,見え
       方まで変えてしまうという不思議な現象
       も起きる。高性能な聴覚の秘密に迫る。

 

■学会のお知らせ

弊社日本スリービー・サイエンティフィックは只今
下記学会に出展中です。

実際に手にとって精度や感触をお確かめいただける
チャンスです。

★第83回日本整形外科学会学術総会

 日時:2010年5月27日(木)~30日(日)
  場所:東京国際フォーラム    
     (東京都千代田区丸の内3-5-1)

手足関節,小児脊柱,骨粗鬆症,腰椎ヘルニアなど
模型の新製品を多数展示!
骨と筋の動きが良くわかる機能解剖ソフトも展示します。

 日本整形外科学会ホームページ
  http://www.joa.or.jp/jp/index.html

皆様のお越しをお待ち申し上げております!

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ,
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
解剖学の先生のコラムが特に人気。
現在,約4000名の方々が読んでいるメールマガジンです。

ご登録は無料です http://www.3bs.jp/mailmag/index.htm
          (ページの左側中ほどに登録欄があります)

 

■編集部「よろず」ノート written by 英司

先週の続き。
アルコールが菌を殺す仕組みは,アルコールが
細胞膜の脂質を溶解,内部のタンパク質や核酸
を変性させることで菌を殺すといわれる。

脂質に働くことがポイント。

以前書いたが,ウィルスは細菌と異なる。
多くのウィルスのコアはタンパク質からなるカプシド
という殻に包まれている。
この殻はアルコールで破壊できないのでアルコールは
ウィルスには効果が無い。

ん?では新型インフルエンザ用にと大人気だった
アルコールは無意味では??

実はインフルエンザウィルスは例外。

インフルエンザウィルスのコアは脂質二重膜という
細胞膜と同様,脂質を持つ膜で包まれている。
そのためアルコールで退治することができる。

アルコールが有効なウィルスであったことは,
幸いだったというところだ。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に