トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2010年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.1125

■■■-----------------------------------------------------■■■
                      平成22年6月1日発行

■ニュースヘッドライン

▽国民健康保険,16組合が医療費自己負担無料廃止の方向へ(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/science/news/20100601k0000m040015000c.html

▽養教諭の配置に,都道府県で大きな隔たり,大阪府が最多(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=25898

▽庁舎内すべて禁煙の都道府県は18道府県のみ,厚労省調査(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/TKY201005310392.html

▽準備1年半,古民家に日曜診療所開設,家族の気持ちで診察(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=25893

 

-------------------------------------------------------------

 

■特集

「大学受験の新型インフルに対する救済措置」

記事 written by 微

新型インフルエンザが流行した今年の春,受験生に対する大学
入試の救済措置はどの程度行われたのか文部科学省が発表した。

それによると,救済措置を準備していたのは,全大学の約84%
にあたる614校だった。そのうち実際に救済措置が取られたの
は,国立18校,公立18校,私立130校の計166校であった。救済
措置の受験者数は,399人であった。

短大で救済措置を準備していたのは,全校の約82%にあたる298
校であり,実際に実施されたのは,26校,受験者は43人だった。

この結果に文科省は「8割以上の大学が救済措置の準備をした
ことは良かった。来春の入試は状況を見て対応したい」として
いる。

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっと一息・・・今日の商品

  キルヒホッフとブンゼンの理論に従って設計された
   分光器です。放射/吸収スペクトルの観察と
   測定に使用できます。
 
   分光器,キルヒホッフ,ブンゼン型
   http://www.3bs.jp/physics/waveopt/u14415.htm
      
--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日 6月1日(火) 22:55~23:25 NHK総合

  爆笑問題のニッポンの教養
   「記憶にほえろ!~法心理学・高木光太郎~」

      ・人はなぜやってもいない犯行を自白する
       のか。取調室や裁判所で揺れ動く人間心理
       を見つめてきた高木教授は,記憶とは時と
       共に変容するワインのようなものと言う。
       人間の記憶の本質に迫る。
      

    
▽明日 6月2日(水) 23:30~23:55 NHK教育

  青春リアル「“僕の問題”は,どうすれば
   “あなたの問題”になると思いますか?」

      ・沖縄普天間基地がある町出身の24歳
       青年。東京で働いているが,基地返還の
       問題で本土の人と温度差を感じてしまう。
       中には無関心な人も。どうしたら他人事
       で終わらせず一緒に考えていけるのか。

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ,
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
解剖学の先生のコラムが特に人気。
現在,約4000名の方々が読んでいるメールマガジンです。

ご登録は無料です http://www.3bs.jp/mailmag/index.htm
          (ページの左側中ほどに登録欄があります)

 

■編集部「よろず」ノート written by 微

マクスウェルのTシャツ(最終回)

前回まででマクスウェル方程式4つを全て取り上げました。記
号はいかめしいですが,内容は皆さん良く御存知のことを表し
ているのが,お分かりいただけたと思います。

さてこの4つの方程式を解くと,真空中での電磁場の振る舞い
が分かります。そこから得られる結論には,次のようなものが
あります。

1,電磁波が存在し,横波で伝わっていく

まず電場と磁場が電磁波となって,エネルギーを持ちながら空
間を伝わっていくことが分かります。このとき電磁波(電磁場
の伝播)は横波の形で伝わります。音が空気を媒質にした縦波
であることは良く知られていますが,それとは異なり,電磁波
は進行方向に対して横に振動しているというものです。このと
きの振動を伝える媒質はありませんが,真空それ自体に電磁場
を伝える性質があります。

2,光は電磁波である

電磁波が光と同じ速度であること。光も同じく横波であること。
この2つの一致よりマクスウェルは,光も電磁波であると予想
しました。

3,電磁波(光)の速度は動いている座標系で見ても,変化し
ない

これが論争を引き起こした結論ですが,マクスウェル方程式か
らは,電磁波の速度は一定で,どんなに速く動いている座標系
(慣性系)でも速度は変わらない,という結論になります。こ
れは最初,間違っている,マクスウェル方程式は近似的に成り
立つ式で,正しい式は慣性系により速度が異なるという式にな
るだろうと,多くの物理学者によって考えられていました。

しかしアインシュタインはマクスウェル方程式が正しく,電磁
波の速度はどの慣性系から見ても一定であると考えました。こ
こから(特殊)相対論が展開されていきました。相対論が受け
入れられることで,マクスウェル方程式の正しさが立証されま
した。逆に正しいと思われていたニュートンの運動方程式が,
修正を受けることになりました。何故アインシュタインは電磁
波の速度は一定であると思えたのか,ちょっと不思議です。

マクスウェル方程式が電磁気学の基礎方程式であるといってき
ましたが,現実の物質に当てはめると,とたんに解くことが難
しくなります(複雑すぎて)。それでオームの法則やキルヒホ
ッフの法則といった,二次的な法則が現実の電気回路を解く時
には有効となっています。

これでマクスウェル方程式のことは終わりとなります。お付き
合いありがとうございました。今回マクスウェル方程式を説明
することで,昔習ったことや疑問に思ったことなどが甦り,私
も勉強になりました。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に