トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2010年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.1136

■■■-----------------------------------------------------■■■
                      平成22年6月16日発行

■ニュースヘッドライン

▽新潟水俣病和解協議へ,環境相が正式表明(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/science/news/20100615k0000e040038000c.html

▽がん検診受診率中間報告書,50%達成はかなり厳しい(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/TKY201006150550.html

▽09年度労災認定者234人,職場のストレス原因(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=26663

▽理想の介護目指す,介護職経験者の若者が続々起業(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=26694

 

-------------------------------------------------------------

 

■特集

「患者を演じる模擬患者の必要性」

記事 written by えん

ライフ・プランニングセンターの新老人の会,県支部では
模擬患者のボランティアを募集している。

大学医学部や病院などからの要望に応じ,パーキンソン病
や糖尿病,うつ病など様々な患者を演じる。

実習や試験などで問診,診察を受け,評価者らとともに
助言や評価をする。

2006年から医師のコミュニケーション能力を見る「客観的
臨床能力試験」も導入されており,実際の患者では負担が
大きすぎるため模擬患者のニーズが高まっている。

群馬大では初めて模擬患者のボランティアを招き,7月24日,
3年生を対象に「客観的臨床能力試験」が実施される。

お問合せは 新老人の会,県支部 027-233-3666

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっとツボをおさえよう プライマリ・ケア
 
   患者さんは診断に必要な情報を順序立てて
   話してはくれません。さまざまな情報から
   必要なものを選び出し頭の中で鑑別診断
   リストを作り,効率的な質問を投げかけな
   がらリアルタイムで診断を絞り込んでいく,
   そうした思考ロジックを前野先生が研修医
   と一緒にたどります。

  教科書にはない実践的診断テクニック満載です。
  
   みんなの症候診断(上巻)
   http://www.3bs.jp/soft/primary-care/w65075.htm
 
--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日 6月16日(水) 20:15~20:45 NHK総合

  総合診療医 ドクターG
   「ナゾの微熱とめまい・19歳女子大生」

      ・総合診療医が患者の病名を探り当てる
       までの謎解きをスタジオで展開。難解な
       症例をドラマで出題,研修医たちが症例
       検討会形式で鑑別診断を行う。研修医た
       ちは何気ない日常から重要なヒントを見
       つけ出し,病気を解明できるのか?

      
    
▽明日 6月17日(木) 18:55~19:35 NHK教育

  地球ドラマチック 「エベレスト大飛行~
    モーターパラグライダーで記録に挑戦」(前編)

      ・モーターパラグライダーでエベレスト
       上空を飛行し,高度記録を更新した
       冒険家とエンジン開発に取り組んだ
       技術者との1年半にわたる二人三脚
       プロジェクトの全容をお届けする。

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ,
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
解剖学の先生のコラムが特に人気。
現在,約4000名の方々が読んでいるメールマガジンです。

ご登録は無料です http://www.3bs.jp/mailmag/index.htm
          (ページの左側中ほどに登録欄があります)

 

■編集部「よろず」ノート written by えん

朝方,玄関の横に黒い物体がありました。
なにか嫌な物だと確信した私は
これの処理は家族にまかせようと
見ないように見ないように家に入りました。

その後,父親が処理をしてくれたようで
なんだったのかと尋ねてみると
カラスの死体だったようです。
想像しただけで,鳥肌が立ちます。

確かにその日は,家の周りでカラス同士が
喧嘩していました。
死ぬまでやるのか・・・怖くなります。

先週末はカラスが窓に突っ込んできて
ガラスが割れました。
カラス対策をしなくては。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に