トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2010年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.1143

■■■-----------------------------------------------------■■■
                      平成22年6月25日発行

■ニュースヘッドライン

▽市民病院確保目指し,医師移住に支援策,四万十協議会(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=27119

▽過量服薬での救急出動件数,都と3政令市が10年間で2倍(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/science/news/20100625ddm001040049000c.html

▽オーガニック食品食べる人は肥満に注意?ミシガン大研究(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/TKY201006240272.html

▽難病ポンペ病を知って,映画"小さな命が呼ぶとき"7月公開(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/science/news/20100625ddm013100014000c.html

 

-------------------------------------------------------------

 

■特集

「損傷したDNAの複製を助ける酵素,構造解明」

記事 written by 英司

DNAは紫外線による損傷で,チミンダイマーなどを
形成し折れ曲がってしまう。折れ曲がったDNAは
読み取ることができないため,遺伝子としての
機能を失ってしまう。このようなDNAはある種の酵素
により修復されるが,修復の役割を持つ酵素の一種で
あるDNAポリメラーゼイータの立体構造と仕組みが
明らかにされた。

DNAポリメラーゼイータはDNAの折れ曲がった部分を
包みまっすぐに伸ばしていた。こうすることで
DNAの正常な複製を助けている。
複製が終わった後,損傷部分は別の酵素により
修復が行われる。

この報告は6月24日付けのNatureに掲載されている。

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっと一息・・・今日の商品
 
   水素結合がマグネット式コネクターで表されて
   いるため,二重らせん構造を完全にほどくことが
   可能,DNA複製や,RNA合成(遺伝子転写)
   などの機構を示唆しています。

  DNAジャイアントモデル
   http://www.3bs.jp/biology/gene/w42580.htm
 
--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日 6月25日(金) 22:00~22:54 テレビ東京

  たけしのニッポンのミカタ!
   「~依存こそ幸せの鍵!?~」

      ・依存が度を超えて依存症になると
       危険だが,実は全く依存しないという
       のも危険だという。京大を中心に発足
       した依存学推進協議会ではプラス面
       を研究,幸せになれるいい依存とは?

      
    
▽明日 6月26日(土) 22:00~22:35 NHK教育

  サイエンスZERO
    「シリーズ五感の迷宮(3)こころを動かす嗅覚」

      ・情動や記憶と密接に結びついている嗅覚。
       ねずみは猫を見たことがなくても猫のにおい
       に怯えたり,嗅覚低下がアルツハイマーの
       前兆である可能性や,嗅覚と記憶力低下と
       の関係を探るなど,嗅覚の最新研究に迫る。

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ,
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
解剖学の先生のコラムが特に人気。
現在,約4000名の方々が読んでいるメールマガジンです。

ご登録は無料です http://www.3bs.jp/mailmag/index.htm
          (ページの左側中ほどに登録欄があります)

 

■編集部「よろず」ノート written by 英司

暑い季節になると,明るくなるのも早くなってくる。
すると朝早い時間に起きるのも楽になってくる。
これは光による体内時計の調節力によるものだ。

今回は光の話はおいておき,時計。
生物の時間管理について。

朝起きる時間は光の影響をたぶんに受けるが,
それ以外にも何時間睡眠をとったのかという,
時間の尺そのものも影響する。

これは体の中に時計が備わっていることのひとつの証明
だが,ではこの時計はどこにあるのか?

この時計のありかはまだ明らかではなく,
時計として働く器官や部位があるのではと研究されている。
そのなかで,神経細胞一つ一つに時間認識の能力が
あるという報告がある。

脳細胞ネットワークを取り出し,短い間隔の電気刺激,
もしくは長い間隔電気刺激を与え続けたところ,
それぞれが受けた電気刺激の感覚と同程度の長さの
神経ネットワーク間コミュニケーションを行うこと
がわかった。

これは刺激の時間間隔を認識し,記憶していることを
示している。
長いといっても0.5秒ほどの間隔なのだが,その程度
の時間は細胞単位で認識しているということだ。

細胞が時間間隔を覚えていたということは,
いつものんびりしている人は細胞単位でのんびりと
動いているのかも??
(冗談ですよ。そんなことはありません)

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に