トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2010年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.1147

■■■-----------------------------------------------------■■■
                      平成22年7月1日発行

■ニュースヘッドライン

▽改正臓器移植法,小児脳死に対応可能な医療機関36.8%(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/science/news/20100701k0000m040156000c.html

▽家畜への抗生物質投与量を減らす案,耐性菌懸念で(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/TKY201006300233.html

▽時間外子宮頚がん検診を開業医に委託,助成金,島根県(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=27390

▽医療従事者育成奨学金制度で応募者全員奨学生に,庄原市(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=27388

 

-------------------------------------------------------------

 

■特集

「低所得者ほど肥満になりやすい?」

記事 written by 岩子

日本は世界で最も肥満が少ない国の一つと言われてきた。
しかし,1990年代半ばは25%前後で推移していた肥満者の
割合は今世紀に入ってから30%前後にまで増加。
肥満外来には200キロを超える米国なみの肥満者の来院も
増えてきているという。

2006年,全国の男性1万人に対して行ったインターネット調査
結果では,年収700万円以上の人たちに占める肥満者の割合は
約18%であったが,100万円未満では27%,全くない,と答え
た人では34%と,年収の低い人ほど肥満者が多かった。

一つの原因として安価なファーストフードの摂取が多いことや,
病院に行くお金があったら食費に使うケースが多いことなどが
挙げられている。又,会社を解雇されたある糖尿病患者は
お金がなくなり,血糖値をさげるインスリンの本数を減らさ
ざるを得なかったという例も見られた。

格差社会により肥満という弊害が生まれているようだが,この
統計数値の裏側に見られる「明日食べるものさえない」という
人々が実際日本にいることも忘れてはならない。

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっと一息・・・今日の商品
 
   皮下脂肪型肥満と,糖尿病や心筋梗塞など
   生活習慣病を誘発しやすい内臓脂肪型肥満の
   違いを比較して示すパネル型模型です。

  肥満模型
   http://www.3bs.jp/healthcare/adult_disease/w60918.htm
 
--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日 7月1日(木) 19:57~20:54 フジテレビ

  奇跡体験!アンビリバボー

      ・航空機が空港に着陸直後,滑走路を
       オーバーラン,窪地に突っ込みエンジン
       から出火,非常口は前方2ヶ所が開放され
       たが,爆発までの3分半,果たして309名の
       乗員乗客全員無事に脱出できるのだろうか?

      
    
▽明日 7月2日(金) 19:30~19:55 NHK教育

  あしたをつかめ~平成若者仕事図鑑・選

      ・大学卒業後あらゆる相談に乗れる医師
       を目指し,医師の少ない栃木県山間地の
       診療所に赴任した29歳の医師。最近は
       通院できない患者の在宅医療にも力を入
       れている。1人1人に合った治療をめざす
       若手医師の奮闘を追う。
      
      

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ,
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
解剖学の先生のコラムが特に人気。
現在,約4000名の方々が読んでいるメールマガジンです。

ご登録は無料です http://www.3bs.jp/mailmag/index.htm
          (ページの左側中ほどに登録欄があります)

 

■編集部「よろず」ノート written by 岩子

先日「親が死ぬまでにしたい55のこと」がTVで放映され,
自分よりも若い20代や30代の人たちが親のために
している様々な取り組みを見ました。

親の姿をビデオに撮る,親のいいところを10個書き出す,
又,親の好みによって人それぞれやり方は異なりますが,
例えばオーダーシャツを作ってあげるなどのアイデアが
出ていました。

父の日に親の顔を見るため帰京しましたが,その時
母からふとした思い出話を聞かされました。
母が高校時代に仲良くしていた友達が二人おり,
一人はダンス,一人はピアノ,そして母親は声楽を
専攻していたのですが,発表会で三人でコラボした
ことが,昨日のことのように鮮やかな思い出となって
よみがえると言うのです。

その時の曲が「ハンガリア舞曲第5番」と「トルコ
行進曲(モーツアルトの方)。
母が一番楽しかった学生時代の思い出です。

でも,トルコ行進曲なら中学1年の時にやったじゃない,
と詰りましたが,発表会やコンクールで弾かなかった曲は
この曲に限らず母はほとんど忘れているようで,しかも母に
とってそんなに思い出深い話だとは今更初めて知ったので,
私はダブルショックを受けました。

偶然ですが少し前,娘がどこで影響を受けたのか,
「ハンガリア舞曲第5番が弾きたい」と突然言い出し,
それではと音に広がりを持たせた連弾バージョンの
ピースを買ってきて二人で練習していたところです。

これと,ウン十年ぶりにトルコ行進曲を再練習して
孫と娘のコラボを両親に聞かせることが,私が今
両親にしてあげられることかなと,ふと思いました。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に