トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2010年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.1235

■■■-----------------------------------------------------■■■
                      平成22年11月12日発行

■ニュースヘッドライン

▽公的医療保険を段階的に全国一本化、日医の新医療制度案(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/science/news/20101112k0000m040090000c.html

▽たばこの箱に瀕死の病人や死体などの絵、米で義務化案(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/TKY201011110252.html

▽厚労省、医薬品74品目を必要性が高いと早期承認対象に(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=33100

▽経済的理由で治療中断、「千円以内で」と患者から依頼も(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/TKY201011110529.html

 

  ---------- <編集部一押しのニュース> ----------

▽カラスは顔の輪郭から男女を識別、エチオピア人留学生発表(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/science/news/20101111dde041040043000c.html

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっと一息・・・今日の商品 

  <今日、11月12日は「皮膚の日」です> 

  外皮ミニモデル
   http://www.3bs.jp/model/skin/j14.htm

  皮膚,毛髪,爪をコンパクトに再現した詳細な
   ミニモデルです。
   皮膚は無毛部(手掌など)と有毛部(前腕など)を
   比較表示し,汗腺,マイスネル小体,血管,神経,
   毛根と脂腺の内部構成の違いを見る事ができます。

--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日 11月12日(金)20:00~20:30 NHK教育

   きらっといきる「密着!婚活大作戦」

      脳性まひの井谷さんが目下力を入れて
       いるのが婚活。言語障害があり初対面
       の女性になかなかアピールできないが
       自ら出会いのイベントを企画するなど
       奮闘中。障害者の恋愛・結婚を考える。

    
▽明日 11月13日(土)19:56~20:54 日本テレビ

   世界一受けたい授業

      内臓からの危険信号かもしれない
       かゆみの正体や、冬の乾燥から肌
       を守る保湿方法、イケメンとハン
サムの違いなどを科学的に解明。
     

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ、
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
解剖学の先生のコラムが特に人気。
現在、約4000名の方々が読んでいるメールマガジンです。

ご登録は無料です http://www.3bs.jp/mailmag/index.htm
          (ページの左側中ほどに登録欄があります)

 

■編集部「よろず」ノート written by 英司

2歳になる娘を見ていると、いやーかわいい。
「だっこ、だっこ、だーい好き」
といって抱っこをせがまれると、かわいくて仕方ない
これが戦略かもしれないと思ってはいても。。

人間に限らず、子犬、子猫はもちろんトラだって、
哺乳類の子供・赤ちゃんはかわいく見える。
これは親にかわいがってもらうための戦略かもしれない。

幼い哺乳類を見ると共通点がある。
・体の大きさに対して頭が大きい
・手足は短く、基本太い。
・顔の輪郭が丸い
どれも当たり前のように思ってしまうが、これが
かわいく見えるようにわれわれはできている。

なかでも面白いと思うのが
・ 左右の目の間隔が広い
という特徴。
これは意識していない人も多いのではないだろうか。
ためしに絵を描いてみるとわかる。
同じ大きさの丸を二つ描いて、
それぞれの中に口となる線を一本引く。
そして目となる丸を一方は距離を近く、
もう一方は距離を広くとって書いてみる。
すると不思議、間を広く取ったほうが幼い顔に見える。

これは本能的なものなので、
かわいがられるために得た戦略的な特徴なのか、
この特徴を勝手にかわいいと解釈してしまうのかといえば、
卵が先か鶏が先かということで、はっきりとはしない。

ただ、これを利用してつくられた、かわいく見えてしまう
キャラクターグッズは間違いなく大人の戦略。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に