トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2010年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.1238

■■■-----------------------------------------------------■■■
                      平成22年11月17日発行

■ニュースヘッドライン

▽未成年の腎臓優先移植、16歳未満から20歳未満へ拡大(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/TKY201011160151.html

▽従業員が新型インフル感染でも業務継続、上場企業の53%(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/science/news/20101117ddm008040166000c.html

▽産科医の当直は時間外手当支給対象に、大阪高裁(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/OSK201011160074.html

▽日光の観光医療、11月末より外国人受け入れ本格開始(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=33346

 

  ---------- <編集部一押しのニュース> ----------

▽弱視は成長後に脳で作られるタンパク質が関与(産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/life/lifestyle/101117/sty1011170843003-n1.htm

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっと一息・・・今日の商品 

  <今日、11月17日は「肺がん撲滅デー」です> 

  禁煙指導用肺セットモデル
   http://www.3bs.jp/healthcare/smoke/w43103.htm

  喫煙によって真っ黒になった肺と健康なピンク色の
   肺のセットモデルです。
   喫煙者の肺には灰白色の癌の塊,肺気腫によって
   できたスポンジ状の嚢胞が再現されています。

--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日 11月17日(水)20:00~20:43 NHK総合

   ためしてガッテン「600万人を襲う!謎の不元気症候群」

      疲れやすい、体のあちこちが痛いと
       いう歳のせいと思われていた症状は
       実はロー症候群。ホルモンの減少が
       原因で放っておくとうつ病や認知症
       になることも。その病気の予防に効
       果的なある意外な食材なども紹介。

    
▽明日 11月18日(木)20:00~20:30 NHK教育

   福祉ネットワーク キラキラ40
   「乳がん(2)わたしの選択 仕事とお金」

      医療技術が進歩し長期生存できるよう
       になった乳がん。だが10年単位で治療
       が続くため仕事を失ったり医療費がか
       さんで生活が困窮することも。患者の
       職場復帰や再就職支援について考える。
     

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

人体模型の効果的な使い方や数量限定セールのお知らせ、
読者限定の人体解剖DVDのページなどの情報をお届け。
解剖学の先生のコラムが特に人気。
現在、約4000名の方々が読んでいるメールマガジンです。

ご登録は無料です http://www.3bs.jp/mailmag/index.htm
          (ページの左側中ほどに登録欄があります)

 

■編集部「よろず」ノート written by イ子

先日、お昼のデザートに食べていたお菓子に虫が
混入していました。

製造元のお客様相談センターへ連絡し、返品して
一週間ほど経った頃、調査報告書とお詫びの商品が
送られてきました。
私が買った数より沢山送られてきたので、会社での
昼食デザートにしてしまう前にウチの両親に少し
おすそ分けしようかと思いました。

ですが、お菓子の袋には「小さなお子様や高齢者の方は
食べないでください」と書いてあります。
「気をつけて召し上がってください」ではありません、
「食べないで下さい」、禁止です。禁止。
飲み込む際、喉につまる可能性があるからでしょう。
さっきのおすそ分けプランは一気に取り消しです。

家族の見ているところで箱を開けたお菓子、見せるだけ
見せて片付けていると「あら~、分けてくれんのかね、
この娘」と言いたそうな視線を浴びたような気がしま
したが、大切な両親がお菓子を喉につまらせ「虫の息」
では困ります。

結局、そのお菓子は会社のお昼休みに私とスリービーの
方のお腹に「ツルっ」と、おさまりました。
めでたし、めでたし。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に