トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2010年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.1248

■■■-----------------------------------------------------■■■
                      平成22年12月3日発行

■ニュースヘッドライン

▽DNAに有毒なヒ素を取り込み成長する未知の細菌発見(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/science/news/20101203k0000m040112000c.html

▽家族承諾による脳死判定20例目、脳血管障害の40代男性(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=33913

▽黄砂飛来時は空気中のカビや細菌が5倍に、種類も異なる(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/OSK201011290041.html

▽極秘の原爆小頭症患者リスト、提供者が実名で告白(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/OSK201011280111.html

 

  ---------- <編集部一押しのニュース> ----------

▽胆道閉鎖症の早期発見に便色調カラーカード(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=33914

 

--------------------------------------------------------------

  <お詫び>

  ネットワーク障害により、昨日メルマガを発行できません
   でした。この場をお借りしまして、お詫び申し上げます。

--------------------------------------------------------------

▼ちょっと一息・・・今日の商品 

  <今日、12月3日は「プレママの日」です> 

  M.A.妊娠骨盤モデル
   http://www.3bs.jp/model/preg/mal20.htm

  妊娠9ヶ月の骨盤を正中矢状断した卓上サイズの
   妊娠骨盤模型です。胎児は取り出し可能です。  

--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日 12月3日(金)18:55~19:30 NHK教育

   サイエンスZERO
   「シリーズ五感の迷宮(6)科学が迫る“第六感”」

      勘や霊感など人間が持つという不思議な
       能力、第六感。このうち心理学、脳科学
       の分野で注目の直感のメカニズムに迫る。

      
     
▽明日 12月4日(土)20:00~22:00 NHK教育

   ETVワイド ともに生きる「笑っていいかも!?」

      障害者の障害者による障害者のための
       バラエティー番組。漫才・コントなど
       障害者のお笑いパフォーマーNo.1を決
       めるSHOW-1グランプリやバリアフリー
       大運動会、障害者のドッキリ企画など
       笑いのバリアフリーが可能か考える。
     

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

新製品の紹介や数量限定セールのお知らせなどの他、
「解剖学の先生のコラム」が特に人気の月1回発行の
メールマガジンです。
現在、約4000名の方々にご愛読いただいています。

購読は無料です。
読者登録はこちら>> http://www.3bs.jp/forms/entry.html
         

 

■編集部「よろず」ノート written by 英司

さて先週「ページング」という名前だけ出したが、
せっかくなので解説。

前回も書いたとおり、データ通信は距離が離れるほど
速度が遅くなる。これは現在の転送方式の問題。

コンピュータAからコンピュータBにデータの転送を
行う場合、Aはデータを送り出すのだが、このとき
Aのもてる最大限の速度で一度に大量のデータを送る
ことができればもっとも早いが、そうは行かない。

Bは大量のデータを一度に受け取る能力がないかもしれ
ないし、中継するコンピュータや回線が混雑しており、
多くのデータを送ると回線に混乱が生じて逆に遅く
なってしまうかもしれない。

そこでAはまずは少しのデータから送り始める。
データを受け取ったBは受け取りを示すデータと受け
取りの限界量示すデータをAに返す。
受け取ったAはこれに従い、Bから知らされた限界量を
目指して徐々に転送量を増やしていく。
ゆっくりと送り始めて、徐々に速度を上げるのでこれを
スロースタートという。
転送量が大きくなりすぎるとBはそれをAに知らせる、
するとAは転送量を半分に減らし、また徐々に転送量を
増やしていく。

これを繰り返すことでネットワークを混雑させずに
データを転送しているわけだ。
データ転送の基本仕組みは上記のとおりだが、
距離が長いとこれが問題になる。それは次回に。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に