トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2011年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.1290

■■■-----------------------------------------------------■■■
                      平成23年2月17日発行

■ニュースヘッドライン

▽情緒障害児短期治療施設入所者の76%が虐待経験あり(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=36930

▽成人T細胞白血病やHAMの原因遺伝子をマウス実験で特定(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/science/news/20110216k0000e040008000c.html

▽大人のリンゴ病4年ぶりに流行、関節痛や流産の危険も(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=36895

▽生活に困窮、職探しする高齢者を覚醒剤密輸の運び屋に(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=36896

 

  ---------- <編集部一押しのニュース> ----------

▽B型肝炎と闘う原告の母、根拠のない差別や偏見にも苦しむ(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/TKY201102160202.html

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっと一息・・・今日の商品 

  <今日、2月17日は「天使のささやきの日」です。> 

  ※天使の囁きとは空気中の水蒸気が凍ってできる
   ダイヤモンドダストのことです。

  等身大骨格モデル専用ダストカバー
   http://www.3bs.jp/model/skel/w40103.htm

  大切な骨格モデルをほこりから守るカバーです。
   ファスナー開閉タイプで前部に透明な窓が付いています。
   直立/吊り下げ型どちらの骨格模型にもお使い頂けます。

--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日 2月17日(木)19:30~19:58 NHK総合

   クローズアップ現代「災害対応空白地帯
       ~揺らぐ建設業頼みの災害復旧~」

      各地が記録的な大雪に見舞われている
       中、除雪作業の遅れによる市民生活の
       混乱が目立つ。今まで建設業界が担っ
       てきた災害対応力が問われている現状
       と今後の対策を考える。

     
▽明日 2月18日(金)19:30~19:58 NHK総合

   特報首都圏「就活 最終盤 いま何が必要か」

      今や学生がネット上に自己PRを公開し
       興味を持った企業からの声がけを待つ
       逆求人の仕組みが広がりつつある。又
       事前に知らされた労働条件と大きく異
       なるような企業の選別を大学主導で行
       うなど、就活に今何が必要なのか探る。
      

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

新製品の紹介や数量限定セールのお知らせなどの他、
「解剖学の先生のコラム」が特に人気の月1回発行の
メールマガジンです。
現在、約4000名の方々にご愛読いただいています。

購読は無料です。
読者登録はこちら>> http://www.3bs.jp/forms/entry.html
         

 

■編集部「よろず」ノート written by 岩子

友チョコという流行にのせられ、今年もバレンタイン当日は
わが家の冷蔵庫の三段目は、娘が友達と交換したチョコ類で
すべて埋め尽くされてしまいました。

その前が連休だったので、手作りチョコだけでなく、チョコ
マフィンやチョコクッキーなど力を入れて作ってきてくれた
お友達もいます。
又、手作りチョコと市販のちょっと見てくれのいいチョコを
組み合わせてラッピングしてくれたお友達もいます。

一つ一つのラッピングを見ている分には、そのお宅のカラーが
垣間見えて楽しいのですが、一度にまとめて全部を見てしまうと
量が量なだけに、冷蔵庫開けただけでクラクラッとし、鼻血が
出そうになりました。
かわいそうに、行き場を失った缶ビールが台所に無造作に
置かれていました。

ところでうちの子も、あげたのは「今回も」すべて「女子」だけ。
あこがれの先輩だから、という感じでもらったチョコも1個もナシ。
すべて友達のみ。
なんか、それはそれで悲しいような気もしますが、本人はいたって
お気楽そのものです。

ただ、うちの場合は作りたいからせっせと作ってあげているし、
おつきあいしている友達も皆そのような感じですが、世間では
友達つなぎのために義務であげている子もいるようです。
小学生からすでにその傾向が出ていて、グループ間で事前に
内容などを示し合わせているらしく、作るものを勝手に変えても
問題が出るようです。
グループ内で多少の力関係があるようですね。
・・・怖いですね。

義理チョコはそこまで要求されていないように思えますが、
義務チョコだったら苦しいですね。
流行るのはいいのですが、何事もエスカレートしないで
ほしいと思います。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に