トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2011年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.1300

■■■-----------------------------------------------------■■■
                      平成23年3月3日発行

■ニュースヘッドライン

▽幹細胞治療、正規の手続き踏まなければ除名も(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/science/news/20110303ddm041040116000c.html

▽僧帽弁膜症を患う70歳男性の低侵襲心臓手術に成功(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=37546

▽海外ではしかに感染、帰国後に発症の集団感染例増加(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/TKY201103020195.html

▽子どものワクチン接種優先順位示すスケジュール表作成(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/TKY201103020478.html

  ---------- <編集部一押しのニュース> ----------

▽犬は人間の表情を見分け、笑顔がわかる、実験で立証(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/science/news/20110302k0000e040006000c.html

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっと一息・・・今日の商品 

  <今日、3月3日は雛祭りでもありますが、
   「耳の日」でもあります。> 

  ※「み(3)み(3)」の語呂合せです。

  日本耳鼻咽喉科学会が1956年に制定しました。

  耳鍼モデル,2個セット
   http://www.3bs.jp/model/oriental/n15-n16.htm

  実際の感触に極めて近い模擬皮膚で作られた
   耳鍼の練習を行うための耳介モデルです。

--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日 3月3日(木)19:30~19:58 NHK総合

   クローズアップ現代「見捨てられた精神疾患
    ~境界性パーソナリティー障害~」

      若者の自殺には境界性パーソナリ
       ティー障害という精神疾患が深く
       関わっていることが判明。患者と
       家族を取材し、精神科医療の今後
       の課題を考える。

     
▽明日 3月4日(金)19:30~19:58 NHK総合

   特報首都圏「"うまい話"にだまされないために」

      厳しい雇用情勢の中、30代や40代の多くが
       老後に不安を抱く。うまい話にだまされな
       いようSNSや勉強会を通じて分散投資など
       始めた人や、逆に悪徳商法を撃退し始めた
       グループも。だまされないために何が必要
       かを探っていく。

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

新製品の紹介や数量限定セールのお知らせなどの他、
「解剖学の先生のコラム」が特に人気の月1回発行の
メールマガジンです。
現在、約4000名の方々にご愛読いただいています。

購読は無料です。
読者登録はこちら>> http://www.3bs.jp/forms/entry.html
         

 

■編集部「よろず」ノート written by 岩子

わが家にも一揃いのお雛様があります。
私が生まれた年に今は亡き祖母が買ってくれたもので、その頃は
大きなガラスケースに入れられていました。

もちろん五人囃子や仕丁(泣き上戸、笑い上戸、怒り上戸)まで
すべて揃った一式ですが、よその御宅でよく見かけていた一般的な
段飾りにあこがれていた私は、最初はなぜ、うちのお雛様はこんな
ガラスケースに入れられているの?なんでよそのうちと顔が違うの?
と親に不満を漏らしていたように思います。

うちのお雛様は皆、三頭身で、子どもの顔だちをしています。
子ども時分の私は、大人のお姫様や女官たちが出てくる段飾りの
雛人形が欲しかったのです。

このお雛様の良さがわかったのは、私に娘ができて、自分で飾る
ようになってからでしょうか。
ガラスケースに入れていたせいか、衣装にもあまり傷みが見られず、
特注品ではないのですが、確かにお人形さんたちはどこのお店でも
見かけない顔立ちです。
道具類もよくよく見たら、とても細かく細工や塗が施されていました。

道具類といえば「細く長く」という意味をこめて、うちではお雛様に
お蕎麦をお供えする習慣がありました。
ご丁寧に人形用のお蕎麦道具(そば箱と蕎麦つゆ瓶とお箸)も2セット
ついていました。
後から聞いた話では、祖母は人形とは別にこれらの道具類を注文
したのだそうです。又、お蕎麦をお供えする習慣はあまり一般的
ではないことも、大人になってから知りました。

でも長年やってきたので、今夜もうちはお雛様にお蕎麦をお供えします。

そして娘の代になってから、組み立て式の段を買い、毛氈を敷いて、
今はやっと、あこがれの段飾りにしています。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に