トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2011年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.1306

■■■-----------------------------------------------------■■■
平成23年3月11日発行

■ニュースヘッドライン

▽胎児の不整脈を簡単診断、静脈と動脈の血流別々に計測で(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=37947

▽中皮腫の遺伝子治療を学内審査委員会が承認へ、岡山大(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=37941

▽鳥インフル、青森三沢基地内で死亡のハヤブサが陽性(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/science/news/20110311k0000m040046000c.html

▽毛細血管の異常で筋肉に糖分蓄積できず、糖尿病の一因解明(産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110311/bdy11031107270001-n1.htm

  ---------- <編集部一押しのニュース> ----------

▽病院建設を支援、長野、佐久市民が募金呼びかけの動き(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/TKY201103100242.html

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっと一息・・・今日の商品 

  <今日、3月11日は「パンダ発見の日」です。> 

  1869年、フランス人神父が中国四川省の民家で
白と黒の奇妙な熊の毛皮を見せられたことが
西洋でパンダが知られるきっかけとなりました。

  ※ところで力力と真真は連休明けから公開なのですね。

力の合成・分解実験器
http://www.3bs.jp/physics/mechanics/u52004.htm?mmail&d

力の合成・分解の実験から合力・分力を学べます。    

--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日 3月11日(金)19:54~20:54 テレビ東京

   この日本人がスゴイらしい。Brand New Japan

      昨年10月に落盤事故が起きたコピアポ
鉱山を訪ね現在の姿をリポートする他、
イースター島モアイ像の復興に力を注
いだ日本のクレーン車メーカー、チリ
で数少ない作業療法士として活躍する
日本人女性などを紹介する。

     
▽明日 3月12日(土)21:55~22:25 NHK総合

   追跡!A to Z「過熱する医師争奪戦」

      医師不足が叫ばれる中、年俸1800万円、
都内限定といった好待遇で医師を病院へ
紹介する医師エージェントが活躍中。
一方で人手不足から破綻に瀕している
地方の医療など、身近な医療現場で今、
何が起こっているのか追跡する。

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

新製品の紹介や数量限定セールのお知らせなどの他、
「解剖学の先生のコラム」が特に人気の月1回発行の
メールマガジンです。
現在、約4000名の方々にご愛読いただいています。

購読は無料です。
読者登録はこちら>> http://www.3bs.jp/forms/entry.html?mmail&d

 

■編集部「よろず」ノート written by 英司

園児の娘は魚が好き。わたしもどうせ作るなら魚料理を
食べたいので、週末の夕食はよく魚料理となる。
私はブリがすきなので好んで選ぶが、ブリは高い。
そればかりと言うわけにはいかない。

そこでアジやカレイ、時にはサンマとなるのだが、
こうなると骨をとってやらなくてはならない。

最初から骨をはずした魚を出すのでは味気ない。
それでは鮭フレークと変わらない。
せっかく魚を買うのだから、調理した丸身・切り身を
目の前にして、食事をしたい。
で、目の前で骨を取り、一口大にするのだが、
娘も心得たもので、口に運ぶ前に「これ食べていーい?」
と確認してくる。

いいよ、と返事するからには骨が入っていたら大変。
怖がって、その魚は口にしなくなる。
食べるスピードに追いつく必要もある。食べる分がなくなると、
骨だらけの魚本体に箸が伸びる。

確実かつすばやく骨をはずすには?
魚の骨の入り方を知る必要がある。魚の解剖だ。

準備として脊柱に沿って箸を頭から尾にかけて押し当て、
身を上下(背側・腹側)に分けやすくする。

まず食べるのは背ビレより頭側の身。
ここを背骨から上下に分け、上半分はそのまま食べさせる。
ヒレさえ外せばここは安全なところだ。
*魚の種によっては上肋骨という小骨が入る場合はある。

つぎは腹側。
サンマ好きにはたまらない苦味を楽しめるところだが、
さすがに娘はそこまで通ではない。
またここは肋骨がありこれを一つずつ外すのは大変。
上肋骨とよばれる小骨が入ることもある。
なのでここは食べさせない。大人の楽しみだ。

で、背ビレより尾側に取り掛かる。
長くなったので、次号で食そう。


  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に