トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2011年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.1316

■■■-----------------------------------------------------■■■
平成23年4月15日発行

■ニュースヘッドライン

▽原発30キロ圏内精神医療危機、薬もなくボランティア頼み(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=39534

▽インドの水道水で多剤耐性遺伝子NDM1を持つ菌を発見(朝日新聞)
http://www.asahi.com/health/news/TKY201104140096.html

▽世界135ヶ国から善意の支援、物資提供や医療活動など(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/science/news/20110415ddm010040133000c.html

▽災害弱者を支援、口腔ケアで誤嚥性肺炎など防ぐ歯科医(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=39521

  ---------- <福島第1原発関連情報> ----------

▽3号機原子炉内で温度上昇、原因特定できず(朝日新聞)
http://www.asahi.com/national/update/0415/TKY201104140523.html

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっと一息・・・今日の商品 

  <今日、4月15日は「世界医学検査デー」です。> 

  ※1996年6月の世界医学検査協会(IAMLT)代議員会で
制定されました。

生体のしくみ 第2版 前編・後編
http://www.3bs.jp/soft/anatomyvideo/w66042.htm?mmail&d

臨床で遭遇する検査や治療なども取り入れ,実際の解剖や
アニメーションなどでわかりやすく解説,臨床のケアと
直結した学習ができる新しいタイプの看護教育映像です。   

--------------------------------------------------------------

 

■注目のテレビ番組

▽今日 4月15日(金)20:00~20:30 NHK教育

   きらっといきる「向き合えば本当の声が聴こえる
~聴覚障害・日野圭子さん~」

      12年前に突発性難聴となり聴覚を失った
日野さんは子育てをしながら以前からの
職業であるピアノ教師と介護ヘルパーの
仕事を続けている。人との向き合い方が
変わってきた日野さんの日々を見つめる。

     
▽明日 4月16日(土)20:00~20:55 NHK教育

   ここが聞きたい!名医にQ「中高年の目の病気」

      中高年に多い白内障、緑内障、加齢黄斑
変性。治療の効果を最大限に発揮する
ためには、実は患者自身の心がけが重要
という。そのポイントとは何か。

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

新製品の紹介や数量限定セールのお知らせなどの他、
「解剖学の先生のコラム」が特に人気の月1回発行の
メールマガジンです。
現在、約4000名の方々にご愛読いただいています。

購読は無料です。
読者登録はこちら>> http://www.3bs.jp/forms/entry.html?mmail&d

 

■編集部「よろず」ノート written by 英司

節電意識が非常に高まる昨今。
日中、居間はもとより、トイレも電気をつけない我が家にとって
さて、これ以上どう節電しようかと。
ふと目に留まるのは電球。日々、気になるが、それと同時に
これを換えるのは無駄だろうなぁ、とも思う。

以前、ある大手電気メーカーが電球の製造をやめて、すべて
電球型蛍光灯に切り替えたというニュースがあった。

これは国から電機メーカーに「白熱電球の製造を行わないで欲しい」
という要望が出されたためだ。

電力消費の大きい白熱電球を蛍光灯などに切り替えたい
という思惑で、まぁそれも仕方の無いことかなとは思う。

白熱電球は、電力は消費は大きい、寿命は短い、高い発熱、
いいとこなしの悪者のように言われる。

しかし、白熱電球なりにいいところは有る。
すべて切り替えるのはなんとも悲しい。

たとえば、明るさの調節。
豆電球の実験を思い出してもらえばわかるとおり、電圧・電流を
調整すると簡単に明暗の調節ができる。蛍光灯にはできない芸当だ。
なので、シーンによって明るさを変えたい店舗、用途によって調節
したい電気スタンドなどは、白熱電球が適している。

他にも、植物の栽培やある種の動物の飼育には、光と同時に熱も
与えることができる白熱電球が重宝される。

また、頻繁にON/OFFを切り替えると蛍光灯の寿命は短くなる。
短時間しか点灯しない場所は電球のほうが適している。
短時間なら、電力消費に気にするほどの差は出ないので、
価格の安い白熱電球のほうが結果的にお得だ。
ONにしてすぐに光るのも白熱電球の魅力。
そのため、トイレなどの照明は白熱電球が適しているといえる。

トイレで長時間過ごす?
・・そんな方は蛍光灯を選ぼう。
どっちも使い方次第。片方が悪者じゃないということで。

ちなみに、蛍光灯は点灯する瞬間に大量の電気を使うから
消さないほうがよいという俗説があるが、あれは誤り。
たしかに、点灯する瞬間の消費電力は連続点灯時より大きいが、
時間がとても短いので気にすることではない。
蛍光灯でもこまめに消そう。


  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に